ラパラから始まったルアーフィッシングとハンドメイドビルダーという職業

1999年に横浜を拠点として立ち上がったザンマイ。代表を務める小平豊さんは、幼少期から長野県・天竜川水系などでイワナやアマゴを追いかけた原体験を持つ、生粋のトラウトマンだ。父親のタックルボックスの中にあったラパラに興味を持ち、ルアーフィッシングにのめり込み、次第に自作ルアーも手がけるようになっていった。

ハンドメイドビルダーの作品には、作り手のフィッシングスタイルが強く反映されるものだ。ザンマイのミノーも例外ではなく、渓流・本流・湖と、様々なトラウトフィールドを駆け巡る小平さんの釣りがラインアップに色濃く表れている。

ザンマイと言えば湖用のミノーが代表作でもあるが、小型渓流用ミノーも人気アイテムのひとつ。「渓流釣りを始めた頃は7㎝ほどのミノーで釣りをしていました。それから渓流用ミノーはどんどん小型化していきましたが、その頃からザンマイでも小型ミノーを作り始めました」と小平さん。ショートリップモデルを始め、ミディアムダイバー(以降MD)、ディープダイバー(以降DD)さらにはオリジナルモデルの体高を出しアピール力を向上させたソリストシリーズなど、渓流用だけでも数多くの作品をラインアップしている。

画像: ザンマイ代表兼ビルダーの小平豊さん。工房で精力的に作品を製作しながらも、徹底した現場主義を貫く彼の手からは、見た目の美しさのみならず“実戦で使えるルアー”が生み出される。

ザンマイ代表兼ビルダーの小平豊さん。工房で精力的に作品を製作しながらも、徹底した現場主義を貫く彼の手からは、見た目の美しさのみならず“実戦で使えるルアー”が生み出される。

画像: 1999年の創業当初に店舗用に配ったチラシ。当時は7㎝から13㎝までの5種類のミノーを製作していた。

1999年の創業当初に店舗用に配ったチラシ。当時は7㎝から13㎝までの5種類のミノーを製作していた。

「MDとDD」こだわりのリップ性能

今回ザンマイの渓流用ミノーを紹介するうえでとくに注目したいのがリップへのこだわりだ。MDと聞けば、基本的には中層まで潜行させて魚を狙うための設定であるが、ザンマイのMDリップは“抵抗板”としての役割も併せ持つ。単純に“潜らせる”だけでなく、任意のレンジに到達した瞬間から“移動距離を少なくしてなるべく長い間ヒラを打たせる”ためのものでもある。これは、魚にできるだけ長い間ルアーを見せることは、渓流のアップストリームの釣りにおいて重要な要素になってくる。

MDのリップに対してDDのリップは、ダウンやダウンクロスの釣りに適し、ミディアムダイバーでは浮き上がってしまうような強い流れや、早期の深いレンジを狙うシーンに最適である。ボトムコンタクトというよりは、太く深い流れの少し下の層を引くイメージだ。「リップ形状が長ければ、当然受ける抵抗も大きくなり、“引き重り”が出やすいのもロングリップの特徴です。この引き重りをできるだけ軽くすることで、ルアーの操作を行いやすくすることも常に心がけています」と小平さんは付け加えてくれた。

画像: 「ソリスト50MDⅡ」。ソリストシリーズは体高を高くすることで、ボディサイズとフラッシングアピールを強くしたモデル。緻密に設計されたミディアムリップは移動距離を抑えて効率的に魚を誘うことができる。

「ソリスト50MDⅡ」。ソリストシリーズは体高を高くすることで、ボディサイズとフラッシングアピールを強くしたモデル。緻密に設計されたミディアムリップは移動距離を抑えて効率的に魚を誘うことができる。

画像: 「ソリスト50DD」。ディープダイバーのリップは深場への潜行する能力だけでなく、ルアー操作が行いやすくなるよう、水を逃し“引き重り”を軽減することを意識して設計されている。

「ソリスト50DD」。ディープダイバーのリップは深場への潜行する能力だけでなく、ルアー操作が行いやすくなるよう、水を逃し“引き重り”を軽減することを意識して設計されている。

画像: ビルダーの性格が伺える整理の行き届いた工房。ここからザンマイのミノーが生み出されていく。

ビルダーの性格が伺える整理の行き届いた工房。ここからザンマイのミノーが生み出されていく。

画像: 削り、ウロコ貼り、ドブ漬け&乾燥など、数多くの工程を経て完成へと向かうハンドメイドミノー。多くのモデルの素材にはバルサと呼ばれる、浮力の高い木材を採用。

削り、ウロコ貼り、ドブ漬け&乾燥など、数多くの工程を経て完成へと向かうハンドメイドミノー。多くのモデルの素材にはバルサと呼ばれる、浮力の高い木材を採用。

画像: 小平さんはルアーテストを必ずフィールドで行う。プロトタイプのボディに残された細かなメモ書きが、それを物語る。

小平さんはルアーテストを必ずフィールドで行う。プロトタイプのボディに残された細かなメモ書きが、それを物語る。

重心移動システムからヒントを得たファットモデル

芦ノ湖や銀山湖など湖の釣りもこよなく愛する小平さん。ザンマイを紹介するうえでは、湖用モデルの存在も欠かせないのだが、「ファットタイプ」という画期的なモデルを紹介したい。「広大な湖では、よく飛び、よく泳ぐミノーでなければなりません。以前、重心移動システムを搭載したミノーを作ったことがあるのですが、飛距離は出るものの、泳ぎがイマイチ決まらなかったんです。そこで、飛距離とアクションの両立を追求し、いくつかのミノーを作ってテストを重ねた結果、“ボディをファットにしてウエイトを増す”というところにたどり着きました」。遥か彼方の回遊ルートを狙えるウエイトとキレのあるアクションの融合。さらに付け加えると、ハイレスポンスな設計はスローリトリーブにおける泳ぎも向上させており、諸条件による低活性の魚をもターゲットとする。

画像: 写真は「ファット85㎜タイプⅡ」。リップ角度を寝かせることで、大きくウォブンロールしながら少し潜る設計。このほかタイプは3種類、サイズは70㎜、100㎜、120㎜がラインアップされている。

写真は「ファット85㎜タイプⅡ」。リップ角度を寝かせることで、大きくウォブンロールしながら少し潜る設計。このほかタイプは3種類、サイズは70㎜、100㎜、120㎜がラインアップされている。

ハンドメイドビルダーを生業とする小平さんは、工房に籠りがちになることも多いそうだ。それでも、全国各地のフィールドに足を運ぶことも欠かさない。ホームグラウンドに至っては、年券を購入し、シーズンを通して通い詰めるほど。釣り場から得たリアルな情報は、工房で確実にミノーに反映されていくのだ。生粋のトラウトマンが生み出す、美しくも個性的な容姿のバルサミノーたち。実際に使用することで、極めて現場向きなその性能を実感することになるだろう。

画像: 小平豊(こだいらゆたか)。横浜に工房を持つザンマイの代表兼ビルダー。父親に影響を受け、トラウトルアーを始める。彼の思いが込められたブランドテーマは“ALL FOR MEMORIAL ONE(すべては忘れられない一瞬、一匹のために)”。 www.zanmailures.com

小平豊(こだいらゆたか)。横浜に工房を持つザンマイの代表兼ビルダー。父親に影響を受け、トラウトルアーを始める。彼の思いが込められたブランドテーマは“ALL FOR MEMORIAL ONE(すべては忘れられない一瞬、一匹のために)”。

www.zanmailures.com

This article is a sponsored article by
''.