員制有料サイト『ルアーマガジン・モバイル』の人気企画『ヒットルアーランキング』。全国各地のロコアングラーかつモバイルヘビーユーザーから日々送られてくる釣果投稿を集計したものなので、その信頼は絶大だ。
 以下に挙げる4選のルアーは、ルアーマガジン・モバイルで投稿された9月のヒットルアーランキング上位からより抜きしたもの。
 迷ったときは、このルアーを投げよう!

ハードベイト編1位(同率)

デラクー(ジャッカル)

画像: デラクー(ジャッカル)

ユーザーのコメント
●夜勤明けで午前中釣行。ん~! サイズが…。それでも、アグレッシブに食ってくる! 秋ですね。
●ベイトでフィネスからライトプラッギングを導入したため練習。デラクーに変えると、ラインが全て放出され、ムフフと思いつつ2投目に! 遠距離フッキングもバッチリでした!
●チビがいっぱい釣れます。

 フィールドを選ばず、どのシーズンでだって使える。そして、“ただ巻くだけ”で釣れちゃう初心者にも扱いやすいデラク―。ジャッカルの人気アングラー水野浩聡さんが考案したルアーだ。水野さんがデラク―で釣った魚が通算1000本以上というのだから、実績は折り紙付きである。

 その凄まじい釣れっぷりは、バス釣り初心者の筆者が使っても効果はテキメン。多々良沼に釣行した際、いろんなルアーを試しだがバイトはナシ。そんなタフな状況下でデラク―を投げると、わずか2投目で答えは返ってきた。

ハードベイト編4位

アベンタクローラー(イマカツ)

画像: アベンタクローラー(イマカツ)

ユーザーのコメント
●今日はアベンタで50up! トップで出る50upは興奮でした~!!
●流れのヨレにキャスト。アシ際から食いあげてきました♪
●常陸利根川にて初アベンタフィッシュです!!

 ルアーマガジン・モバイルでお馴染み、亀山ダムの凄腕ロコガイド羽生和人さんも最近激ハマりの羽根ものがアベンタクローラー。世界の今江克隆氏が作り上げたクローラーベイトだ。スーパーデッドスローで誘うことに特化し、縄張り意識の強い大型モンスターバスを苛立たせ、バイトを誘う。ピンスポットで狙う釣りにおいては超絶な威力を発揮する一撃必殺のルアーと言えよう。
 とにかくビッグバスを狙いたい方は、アベンタクローラーを投げることをお勧めしたい。

ソフトベイト編2位(同率)

カットテール(ゲーリーインターナショナル)

画像: カットテール(ゲーリーインターナショナル)

ユーザーのコメント
●台風通過の翌日。「あそこなら」と狙いをつけていたエリアでゲット。チビやけど嬉しい1尾。
●出勤前に満足の1尾…(* ̄∇ ̄)ノ
●仕事帰りにいつもの場所へ。小雨パラパラ、どしゃ降り、ドピーカン。コロコロ変わる天気に戸惑いながらもピンポイントにゆっくりと落とすと、答えはすぐでした!

 みんな大好きゲーリーインターナショナル。その人気ルアーのひとつが『カットテール』だ。ノーシンカーをはじめ、ネコリグ、ワッキーなど様々なリグにも対応し、フィールドを選ばずに喰わせるポテンシャルの高さはピカイチ。
 どうしても釣れないときは、このワームに全信頼を置いてもいいだろう。それだけ釣れちゃう鬼喰わせルアーなのだ。

ソフトベイト編5位

キャラメルシャッド(一誠)

画像: キャラメルシャッド(一誠)

ユーザーのコメント
●ゆっくり巻いてきて、ドン!! キャラメルシャッドで41センチ、43センチ連発(^^)最高! カラーが良かったですね(^^)
●朝から雨(^^)気になるところに投げたら、すぐ食いました(^-^)/
●久々の50アップ(^-^)/キャラメルシャッド最高(^-^)/すごく嬉しい(^-^)/

 肉厚なテールが強烈な波動を生み、偏平型のワーム全体をハイピッチで振らせる新感覚のシャッド。これがバスにとって魅惑の動きとなる。陸っぱりバスフィッシングの伝道師村上晴彦さんが制作し、提唱するのだから間違いない。
 ラバージグのトレーラーからジグヘッドスイミング、ノーシンカー、ネイルリグまで。アピール力MAXでバスに見せつけるように巻きまくろう!

 ここで紹介しているルアーは、ルアーマガジン・モバイルに寄せられた投稿の一部から抜粋したものである。詳しい内容は、ルアーマガジン・モバイルの「9月の月間ヒットルアーランキング」で近々公開予定なので、ぜひ一読いただきたい。

This article is a sponsored article by
''.