レボ三兄弟の違いをスラスラと言えたらかなりのアブマニア!

2016年にアブ・ガルシアのベイトリール「レボ」シリーズは、「第4世代」を市場投入した。そのラインナップは「LTX」「SLC」「ALC」の3モデルで構成されている。先代レボに比べ、軽さ、コンパクトさ、そしてブレーキシステムの完成度を一層高めた現行モデルは、発売以来高い評価を集め続けている。

画像: 名作ベイトフィネスリールとして名を馳せた先代「LTX」と比較して、23グラムの軽量化を果たした新生「LTX-BF8」

名作ベイトフィネスリールとして名を馳せた先代「LTX」と比較して、23グラムの軽量化を果たした新生「LTX-BF8」

しかし、その一方でよく耳にするのが「3モデルの違いが今ひとつ分かりにくい」という声。よくよく見るとベイトリールとしての特性はハッキリと異っているのだが、外見での差が少なく、価格帯が近い(LTXとSLCが4万2000円税別、ALCが3万6000円税別)こともあって、自分にあったモデルを選ぶのに、迷うヒトも多いのではないだろうか? 

そんな迷える購入希望者に向けて、3モデルを比較し、その違いをわかりやすく解説いたします!

まずは3モデルのスペックをチェック

超軽量にして超コンパクト! ベイトフィネス性能を追求したフラッグシップ「LTX」

画像: レボLTX-BF8/BF8L ●最大ライン巻き取り:80センチ●ギア比:8.0:1●自重:129グラム●最大ドラグ力:5.5キロ●ラインキャパシティ:8ポンドライン50メートル●ベアリング(ボール/ローラー):9/1●本体価格:4万2000円(税別)

レボLTX-BF8/BF8L
●最大ライン巻き取り:80センチ●ギア比:8.0:1●自重:129グラム●最大ドラグ力:5.5キロ●ラインキャパシティ:8ポンドライン50メートル●ベアリング(ボール/ローラー):9/1●本体価格:4万2000円(税別)

軽さ、強さ、キャスト性能のすべてにおいてスキなし! ザ・オールラウンダー「SLC」

画像: レボSLC-IB8/IB8-L/IB7/IB7-L ●最大ライン巻き取り:80センチ/70センチ●ギア比:8.0:1/7.0:1●自重:132グラム●最大ドラグ力:5.5キロ●ラインキャパシティ:12ポンドライン100メートル●ベアリング(ボール/ローラー):9/1●本体価格:4万2000円(税別)

レボSLC-IB8/IB8-L/IB7/IB7-L
●最大ライン巻き取り:80センチ/70センチ●ギア比:8.0:1/7.0:1●自重:132グラム●最大ドラグ力:5.5キロ●ラインキャパシティ:12ポンドライン100メートル●ベアリング(ボール/ローラー):9/1●本体価格:4万2000円(税別)

アルミボディがもたらす剛性感は抜群!海水対応なのも見逃せない「ALC」

画像: レボALC-BF7/BF7-L/IB7/IB7-L/IB6/IB6-L ●最大ライン巻き取り:71センチ/64センチ●ギア比: 7.0:1/6.0:1●自重:141グラム(BF)149グラム(IB)●最大ドラグ力:7キロ●ラインキャパシティ:8ポンドライン50メートル(BF)12ポンドライン100メートル(IB)●ベアリング(ボール/ローラー):7/1●本体価格:3万6000円(税別

レボALC-BF7/BF7-L/IB7/IB7-L/IB6/IB6-L
●最大ライン巻き取り:71センチ/64センチ●ギア比: 7.0:1/6.0:1●自重:141グラム(BF)149グラム(IB)●最大ドラグ力:7キロ●ラインキャパシティ:8ポンドライン50メートル(BF)12ポンドライン100メートル(IB)●ベアリング(ボール/ローラー):7/1●本体価格:3万6000円(税別

ベイトフィネスリールが欲しいなら「BF」表記をチェックすべし!

3モデルのうち、LTXとALCは型番に「BF」とついたモデルがある。これはいわゆるベイトフィネスに対応するタイプだ。アブ・ガルシアは、ベイトフィネスカテゴリーで、黎明期から専用モデルを開発してきたメーカー。それだけに「BF」の文字はダテではない。

画像: LTXとALCにラインナップされているのがベイトフィネス特化の「BF」シリーズだ

LTXとALCにラインナップされているのがベイトフィネス特化の「BF」シリーズだ

LTX-BFとALC-BFを比較

共通なのがマグトラックスⅢブレーキ、超々ジュラルミン32ミリスプール(スーパーシャロースプール)、C6サイドプレート、カーボンハンドルの仕様。

次に異なっている点。自重はLTX-BFが129グラム、ALC-BFが141グラム。この差を生む一番の要因は、メインフレーム素材。LTXは軽量なマグネシウム素材であるのに対し、ALCは堅牢さと耐食性に優れたアルミ素材を採用しているためだ。これによってALCは海でも使用が可能となっている。一方LTXは淡水専用モデルとなる。

画像: 剛性の高いアルミ素材フレームを持つALC。巻き取り時の安心感は特筆モノ

剛性の高いアルミ素材フレームを持つALC。巻き取り時の安心感は特筆モノ

ほかに注目して欲しいのが、LTX-BFはギア比8、ALC-BFはギア比7、ドラグ力はLTX-BFが5.5キロ、ALC-BFが7キロに設定されている点。それぞれ見逃しがちだが、釣りにスタイルに関わってくる大きなポイントだ。

以上の差を踏まえて「BF」シリーズのどちらかを検討する場合のオススメをまとめよう。

究極のベイトフィネスを求めるなら「LTX-BF」、釣り方やフィールドの汎用性を求めるなら「ALC-BF」

「LTX-BF」はこんなヒトにオススメ

・ とにかく軽いリールが欲しい
・ ベイトフィネスの釣りを極めたい
・ 撃つ釣りメインなのでハイギア必須
・ 釣りするのは淡水のみ

「ALC-BF」はこんなヒトにオススメ

・ ベイトフィネスリールを初めて買いたい
・ 海の釣りでもベイトフィネスをやりたい
・ 撃つ釣りと巻く釣りを両方したい
・ とにかく高剛性のリールが欲しい

遠心&マグネットブレーキのいいとこ取りが「IB」シリーズの特長

一方、型番に「IB」と表記されていれば、「Newインフィニブレーキ」システムが搭載されている証。遠心でキャスト時の初速を制御、マグネットでキャスト後半の回転をコントロールする、アブ/ガルシア独自のブレーキシステムだ。SLCとALCにのみラインナップされている。

画像: 「IB」はNewインフィニブレーキ搭載の証。遠心とマグネットの相乗効果でバックラッシュの発生を激減させる

「IB」はNewインフィニブレーキ搭載の証。遠心とマグネットの相乗効果でバックラッシュの発生を激減させる

SLC-IBとALC-IBの比較

最大の共通の部分は、Newインフィニブレーキ搭載している点だ。遠心とマグネットのコンビネーションで、キャストの初期から最後までスプール回転をコントロールし、ルアーウエイトやタックルバランス、風向きなど様々な条件にあわせた設定が可能。双方ともにC6サイドプレート仕様で、ギア比7モデルがある。ミドルスプール搭載でラインキャパシティも同じだ。

画像: スプールにセットされているのが、遠心ブレーキユニット。サイドカバー内側に見えるのがマグネットブレーキの磁力部だ。

スプールにセットされているのが、遠心ブレーキユニット。サイドカバー内側に見えるのがマグネットブレーキの磁力部だ。

一方、細かく見ると違いは多い。まずフレームはSLC-IBはマグネシウム製(自量132グラム)、ALC-IBはアルミニウム製(自重149グラム)。

SLC-IBはギア比8があり、ALC-IBはギア比6が存在する。またALC-IBのみ90ミリロングハンドルを搭載。ほかに最大ドラグ力とボールベアリングにも差がある。

以上の差を踏まえて「IB」シリーズを検討する場合のオススメをまとめよう。

1台で幅広い釣りをこなしたいなら汎用性の高い「SLC-IB」、マキモノルアーやパワーフィッシング中心なら「ALC-IB」

「SLC-IB」はこんなヒトにオススメ

・遠心とMAGを細かく調整して、自分のベストの設定を出したい(ALC-IBと共通)
・軽さと剛性のバランスがよく、汎用性の高いベイトリールが欲しい
・ハイギアでのスピーディな撃つ釣りがしたい(ギア比8)

「ALC-IB」はこんなヒトにオススメ

・ 遠心とMAGを細かく調整して、自分のベストの設定を出したい(SLC-IBと共通)
・ ビッグベイトやパンチングなど、パワー系の釣りがしたい
・ 低めのギア比で、クランクベイトなどマキモノルアーを使いたい(ギア比6)
・ 海で使えるオールラウンドなベイトリールが欲しい

新生「レボ」シリーズを購入を考えているヒトにとっての目安となっただろうか? あとは店頭で実際に触ってみて、じっくりとチェックして欲しい!

This article is a sponsored article by
''.