7月21日に、AbemaTVで生中継され大反響を呼んだ木村建太さんのBASS KING LIVE!「夢のロクマルを狙え!」。そのライブ中継のスタジオゲストとして登場した、川村光大郎さん。スタジオ内での、レジットデザイン鬼形毅さんとルアーマガジン編集長野村英之とのトークの中で、独立について問われた川村さんは「ルアーブランドを立ち上げます」と語った…。

画像: AbemaTV生中継の中で「新ブランドを立ち上げます」と公表した

AbemaTV生中継の中で「新ブランドを立ち上げます」と公表した

かわむら・こうたろう 1979年2月14日生まれ 茨城県出身/少年時代から霞ヶ浦水系でバスフィッシングを楽しみ、W.B.Sオカッパリトーナメントなどで数々の優勝を果たす。その後はメディアにおいてもめざましい活躍をみせ、ルアーマガジン初代「陸王」を獲得をはじめ、オカッパリアングラーのカリスマとして多くのファンを集めている。ルアー開発においても卓越した才能を発揮し、ドライブクロー(O.S.P)をはじめドライブシリーズを世に送り出した。2016年7月、9年間在籍したO.S.Pから独立を発表。

川村さんがこれから立ち上げようとしているブランド、そして作りたいルアーについて「釣りPLUS」の独占インタビューで、その胸中を語った。

コータローは一体どうなるのか?

なぜ、OSPから独立し、自分でブランドを立ち上げようと思ったのか?その質問をすると、こんな答えが返ってきた。

「OSPに入社したのが9年前。それまでは地元の茨城でオカッパリだけでなくアルミボートでの釣りにも夢中でした。とにかく休日の釣りが楽しくて、地元を離れるなんて考えられなかった。

釣りの雑誌などの取材を受けたり、スポンサーもありましたが、その時はいつかは自分でブランドを持つどころか、釣り業界で仕事をしたいとも思ってなかったんです。むしろ、釣りを仕事にはしたくなかった」

画像: インタビューを行ったのは、立ち上げ準備中の新ブランドオフィス内

インタビューを行ったのは、立ち上げ準備中の新ブランドオフィス内

そんな純粋にバス釣りを楽しんでいた川村青年が、ルアーメーカーに籍をおき、開発を行っていった。そしてある思いが大きくなったという。

「OSPに入って、モノ作り、ルアー作りの面白さを知ってしまったんです。それまでは趣味でルアーを作ることさえなかったのが、ワームの開発という役割を与えてもらった。

そしてアレコレとやっている中で、ドライブクローを生み出せたのがきっかけです。手作りプロトを初めて使ったときのバスからの反応は経験したことがないほど鋭くて、とにかくよく釣れた。これは震えがくるほどの快感でしたね」

画像: 初めて自ら開発したドライブクローは、ルアーマガジン「陸王」で初代王者獲得の原動力となった

初めて自ら開発したドライブクローは、ルアーマガジン「陸王」で初代王者獲得の原動力となった

名作ドライブクローの誕生をきっかけに、さらにルアー作りの深淵へ

「9年間で培ったのは、モノ作りの経験だけではありません。バスの反応をダイレクトに味わって、ルアーを生み出し、それを世に発表する。すると、使ってもらった人たちの反響を知ることができるという、今まで自分がまったく知らなかった流れ。

単純に釣ることだけでなく、もっと踏み込んた釣りの『深くてヤバイ』部分まで知ってしまいました。そうなると、釣り人としての欲なんでしょうか、もっとより奥にある部分へ、突っ込んでみたくなったんです」

画像: ドライブクロー発売当初はあまりに人気で売り切れ店が続出

ドライブクロー発売当初はあまりに人気で売り切れ店が続出

バスが本能をむき出して反応するルアーを求めて

「OSPでワームを作っているときも、かなり自分の考えにもとづいて開発させてもらっていました。でも、より自分にとってダイレクトな、オカッパリに重点をおいたルアー作りをしたらどうなのか? もっと自分の考えにワガママになって、モノ作りに向き合うことを意識するようになりました」

整った環境を飛び出し、自分の理想に限りなく沿った『作品』を生み出すために、あえて新たなるフィールドへ旅立った川村さん。

「自分が生み出したいのは、『ルアーパワー』を持ったルアーなんです。年々、フィールドのフィッシングプレッシャーも厳しくなり、バスもどんどん賢くなっています。そんな状況で、スレたバスでも本能をむき出しにして食ってくるルアー」

画像: 川村さんがルアーパワーを感じるアイテムの一部。「本能を刺激するチカラがあると思う」

川村さんがルアーパワーを感じるアイテムの一部。「本能を刺激するチカラがあると思う」

「それを初めて感じたのは自分が作ったドライブクローでした。それからは、ドライブスティックのバックスライドセッティング、そしてドライブクローラーのスナッグレスネコリグ。

最近ではブルフラットやダッジなどにもルアーパワーを感じます。そんなルアーパワーを持ったルアーを、自分の経験と感性をフルに注ぎ込んで、作り出したい」

それは新たなるワームを作り出すということなのだろうか?

「新しいブランドでは、ワームだけでなく、プラグやワイヤーベイトなどのハードベイトも作ります。つまり、これまで自分がやってこなかった部分にまで踏み込んでやっていきたいんです」

新たなルアージャンルの開発を手がける予定という川村さん。気になるブランド構想について、さらにたずねた。

その答えは【後編】にて--------- ↓

This article is a sponsored article by
''.