津風呂湖では昨シーズン1万人の釣り人が訪れた‼ らしい。めっちゃアツイね

ワカサギ釣りといえば東日本では秋冬の釣りモノとしてすっかり定着してきたけど、関西のワカサギ釣りがこんなに“熱い”とは思いもよらなかった。

昨シーズン、1万人以上の釣り人が訪れ、釣果も3ケタはザラ…というのが奈良県吉野町にある津風呂湖。なんかめっちゃアツイやん。

その津風呂湖で、シーズン直前に関係者を集めた試し釣り会があるというので、急きょ参加させていただきましたっ。今回は関西のワカサギ釣りってどんなものなのかレポートします!

画像: 奈良県津風呂湖では、11月1日からのワカサギ釣り解禁に先駆けて業界関係者をゲストに試し釣り大会が開催された

奈良県津風呂湖では、11月1日からのワカサギ釣り解禁に先駆けて業界関係者をゲストに試し釣り大会が開催された

画像: 試し釣り会当日は、季節外れの夏の陽気。ワカサギ釣りにとってタフな状況だったが、ちゃんと結果を出すところがさすが業界関係者(写真:ハヤブサの芝さん)

試し釣り会当日は、季節外れの夏の陽気。ワカサギ釣りにとってタフな状況だったが、ちゃんと結果を出すところがさすが業界関係者(写真:ハヤブサの芝さん)

冬場は重宝するドーム桟橋。今年は多くの釣り場で導入されそうだ

え~⁉ 陸っぱり(桟橋)でも魚探かけてタナを探るの????

基本的に神奈川県芦ノ湖でローボートによるワカサギ釣りしか経験のないワタクシ、いわゆる関東で普及しているドーム船の延長としか考えていなかったのだが、それは大きな間違い。関西は本気度が違う。

芦ノ湖の場合、常にボトム(湖底)狙いなのだが、釣り場の多くがダム湖という関西フィールドでは、水深があるため日毎に状況が変わってくるらしい。

そのため常にタナ(魚がいる水深)を見つけることが必要で、桟橋釣りでも魚探は必需品となっている。まぁ、魚探を持ってなくても、近くで魚探かけている人がいたら、その日のベストなタナを聞くというのが釣果アップの近道だろうね。

ボート釣りならともかく桟橋釣りで魚探を駆使する参加者たち

コンディションによってタナが変わるため関西の桟橋釣りでは必需品だ。

爆発的に普及しつつある短尺&電動リール

最近では廉価モデルが充実してきてエントリーユーザーでも手が出しやすくなったのだ。

ここ最近、関西のワカサギ釣りの主流は短尺の電動リール。廉価モデルが各社からラインナップされたこともあり爆発的に普及しつつある。

画像: 関西の桟橋釣りでは電動リールが主流。回遊待ちのためリールスタンドは必需品。リールの落水防止のため尻手ワイヤーは絶対必要だ。

関西の桟橋釣りでは電動リールが主流。回遊待ちのためリールスタンドは必需品。リールの落水防止のため尻手ワイヤーは絶対必要だ。

日によってタナが変わることから、水深のわかる水深カウンターが付いている機種なら初心者でも魚がいるタナに簡単に落とし込めるというメリットがある。さらには、2台、3台と竿を出す人にとっては自動で巻き上げてくれる電動リールは必需品。一度使ってみると、やっぱり電動っていいわ。楽チン、楽チン。

画像: 手を汚さずスピーディに魚が外せるハリ外しも愛用者増加中

手を汚さずスピーディに魚が外せるハリ外しも愛用者増加中

画像: ここまでは必要ないだろうけど、何本か調子の違う替竿を用意しておくといいかもね

ここまでは必要ないだろうけど、何本か調子の違う替竿を用意しておくといいかもね

仕掛けは、初心者なら仕掛けハリが少ないものからスタート! エサは紅サシ。

ワカサギ仕掛けって、めっちゃ奥が深い。仕掛けハリの本数も、ひとつの仕掛けに5本~10本以上というものまで様々。針の大きさや針と針の間隔の違いなど、言い出したらキリがないので、とりあえず慣れるまではハリの数が少ないものを選ぶってこと。

画像: ビギナーならまずは仕掛け針の少ないものからチャレンジ

ビギナーならまずは仕掛け針の少ないものからチャレンジ

【↓虫系が苦手な方は閲覧注意で!!】

エサは、紅サシや赤虫などさまざまだけど、津風呂湖では紅サシがGOOD! これに加えて、ワカサギ仕掛けとは別に集魚用としてブドウ虫を使う人も多いみたいだ。ブドウ虫…これって???

画像: 基本的に関西のワカサギ釣り紅サシがエサ

基本的に関西のワカサギ釣り紅サシがエサ

右のピンク色の虫が紅サシ、左の幼虫みたいなのがブドウ虫。トラウト釣りに使われるエサだけど、ワカサギ釣りでは集魚用として重宝されているそうだ。

釣果を狙うなら機動性に優れたボートが抜群! 関西圏でのドーム船導入も待ち遠しい‼

桟橋でのワカサギ釣りは家族で楽しめるレジャーフィッシングでもある。ビギナーでも、ある程度の釣果が期待できるし食べて美味しい(これが一番!)。

ただ三ケタ後半、四ケタの釣果を狙うなら、機動性に優れたボート釣りに勝るものはない。ワカサギ釣りが熱くなってきた関西も徐々にボート釣りアングラーが増えつつあるみたいだ。今回の試し釣りでも、桟橋での釣果は芳しくなかった(この日は夏日のような暑さでワカサギの群れが桟橋付近に回ってこなかった)のに対して、ボートで出動したアングラーはほんの3~4時間で700g超の釣果。これはこの日のコンディションから考えるとかなりのもの。

画像: タフなコンディションでもこれだけの釣果。やっぱりボート釣りの機動性は魅力だ

タフなコンディションでもこれだけの釣果。やっぱりボート釣りの機動性は魅力だ

画像: かなり充実した装備でボート釣りを楽しむ人も多い

かなり充実した装備でボート釣りを楽しむ人も多い

今後、ボート釣りに対応したフィールドが増えてくるだろうし、それにも増して、もっと手軽に快適でかつ釣果の期待できるドーム船の導入に期待したいものだ。ちなみにこういったドーム船導入の動きは一部のフィールドで検討されているとか…。

今年の津風呂湖は、ワカサギ500万粒の自湖産卵を放流し順調に育っているそうだ。気軽にできる釣りなので、家族で、カップルで楽しいワカサギ釣りを体験してみよう。もちろん食すれば美味…でっせ。

This article is a sponsored article by
''.