着水後の立ち上がりをよくするための後方重心

栗田淳さんがジュンミノーを立ち上げたのは、1999年の終わり頃。当時は、友人のスポーツ店や知人のホームページを間借りして作品を販売していたそうだ。

ジュンミノー代表兼ビルダーの栗田淳さん。削り、塗装、ドブ漬けなど数多くの工程を経て完成した作品は、この工房から全国に発信されていく。

そんな栗田さんが渓流用ミノーを作る上で最も意識しているのが〝着水後のワンアクション(泳ぎ出しの素早さ)〟である。そのため、渓流用のミノーのウエイト設定は基本的に後方重心。着水直後にテイルから落ち、即座にロッドアクションを加えると、そのまま頭を上げるようにしてミノーがアクションを開始するイメージだ。

原点は小型渓流用シンキングミノー。「40mmから始めたミノー製作でしたが、そのうちサイズにバリエーションを持たせたくなり60mmも作ってみました。渓流に持ち込んだらすぐに釣れたんです。大喜びでしたね」。

この渓流用ミノーのウエイト設定やバランスには、幼少期に経験したハヤのミャク釣りの経験が活かされているのだという。

ミノーを魚の着き場に着水させて魚の注意を引き、そのまま流れに乗せてナチュラルアピールで食わせる。そんなテクニックに最適なミノーだという。エサ釣りのテクニックををルアーフィッシングに応用したユニークな発想だ。

桂川とジュンミノー

栗田さんが初めて作品を置かせてもらったショップが、山梨県・桂川のアンテナショップ「プロショップオノ」である。

「プロショップオノさんにミノーを置かせてもらうようになってから、桂川水系にはよく通うようになりました。さらに、それまでアップストリームの釣りしかしてこなかった僕がダウンストリームの釣りを覚えたのも、この川での釣りがきっかけなんです」。

栗田さんの言うダウンストリームの釣りとは、〝キャストしてポイントまで到達させたらミノーを定位させてじっくり誘い出す〟というものである。桂川特有の流れ、そして魚の性質に合わせたダウンの釣り。これらが反映されたミノーがSD(シンキングディープ)モデルである。

40SD。SD(シンキングディープ)タイプでは過去に桂川スペシャルモデルも製作している。それほど、桂川への思い入れは深い。

「リップは潜行させるためだけのものではなく、その場でボディを定位させるための抵抗板の役割も果たす。イメージでバランスを設定しています」

ジュンミノーのアワビ貼りモデル。この作品にもこだわりが……。

写真下/アワビシートの厚さ分を計算して削られた木型。写真上/ノーマルモデルの木型。双方を見比べてみると全くの別物に見えてしまうほどであるが、実が両方とも40Sのボディ。「通常のボディにそのままアワビシートを貼ると、ファットになって泳ぎが損なわれてしまいます」と栗田さん。

本流用ミノーへの情熱

近年、栗田さんは本流ミノーというジャンルにも力を入れている。中でも注目したいのがダイビングリップレスというサツキマス用のフローティングミノーだ。

「これは盛期の本流をイメージした表層用ミノーです。サツキマスは底にいても表層で食ってくる魚。そんなシチュエーションに合う設定を目指し、開発しました」。

本流のサツキマスを攻略するための、表層用ダイビングリップレスミノー。底にいても表層で食ってくるというサツキマスの性質を強く意識したモデルである。このほか、本流用ミノーに関しては、サクラマス用モデルなどもラインアップしている。

ダイビングリップレスシリーズは、揖斐川や長良川などの岐阜県のサツキマスフィールドにてテストを行い、数多くの釣果を得ているモデルである。

栗田さんは「人に教わるのが苦手なんです」と照れ笑いを浮かべた。幼少期のミャク釣りに始まり、桂川や岐阜のサツキマスフィールドなど、様々な要素がミックスされ彼の製品の中に息づいている。独自の釣り。実戦に基づいた画期的な理論。加速するジュンミノーから今後も目が離せない。

2015年には管釣りタックルメーカー「アールグラッド」と共同で、湖などでの釣りを意識した「御門スプーン」をリリース。ハンドメイドメーカーとしては新たな試みだが、栗田さんには渓流ミノーの釣りを始める前からスプーンの釣りを熱心に行っていた経験があった。ジュンミノーの知識と経験、アールグラッドの技術が結実したネイティブトラウト用スプーン。

栗田淳(くりたじゅん)。神奈川県秦野市に工房を構える、ジュンミノーの代表兼ビルダー。原点となる40㎜の渓流用小型ミノーを軸に、渓流、本流、湖、管釣りなど幅広いジャンルのアイテムを展開。リバーシーバスに傾倒していた頃には200㎜の大型バルサミノーなども製作している。

www.jun-minnow.net
Next

This article is a sponsored article by
''.