今回はオフトスモーキーブランドのデザインと開発を担当している、通称ポッキンこと辻本ナツ雄(つじもとなつお)さんに提供してもらったメバルの釣り場情報を公開!

産卵メバルが湾内に入ってくる時期は愛媛県今治市大三島井口港がオススメ!

画像: 瀬戸しまなみエリアがホームグラウンドのポッキンさん。敷石のエンドやウイードのボトムを、ワインドで丁寧に狙って飛び出してきた一尾!

瀬戸しまなみエリアがホームグラウンドのポッキンさん。敷石のエンドやウイードのボトムを、ワインドで丁寧に狙って飛び出してきた一尾!

11月から年明けにかけての時期、産卵を意識したメバルが多く湾内に入ってくる。

居付きタイプは敷石に、回遊タイプは藻に付く。デカメバル狙いなら、防波堤コーナー部に鎮座し、干満の潮止まりのタイミングに合わせて狙おう。

画像: 産卵メバルが湾内に入ってくる時期は愛媛県今治市大三島井口港がオススメ!

しまなみのプレシーズンは、流れの当たる面のヨレをメインで攻めるのが基本。

上げ潮の場合は防波堤の外側にヨレができやすいため、その周りのボトムをワインドやドリフトで攻めると良い。

下げ潮の場合は、河口側にヨレができやすいため、水深50センチになってもワインドならメバルを釣り上げることができる。

ヨレ、藻、ワインドを意識することが釣果アップの秘訣。

狙うストラクチャーは敷石のエンドに点在する藻。潮が高いときは藻の上をワインドで通すように狙い、潮が低いときは藻にジグリグを引っ掛けて外すアクションが効果的。

また、産卵後は身を潜めるので、敷石の斜面をメインに狙うとよい。

数を稼ぎたければ防波堤コーナーから立ち位置を変えながら釣っていくのがオススメ。上げ潮で藻が立ち上がる時間帯がチャンス!

どうやってアクセスする?

画像: 山陽自動車道の福山西ICから降りて、国道2号を走ってしまなみ海道を目指す。大三島で下車し最初の信号を左折。5分ほど走ると井口港看板が右手に見える。桟橋から北側に見える港が紹介したポイント。近隣には住宅もあるので、夜間は迷惑がかからないよう、アイドリングや騒音に十分気をつけよう!

山陽自動車道の福山西ICから降りて、国道2号を走ってしまなみ海道を目指す。大三島で下車し最初の信号を左折。5分ほど走ると井口港看板が右手に見える。桟橋から北側に見える港が紹介したポイント。近隣には住宅もあるので、夜間は迷惑がかからないよう、アイドリングや騒音に十分気をつけよう!

ポッキンさんオススメのタックルは?

ワインドでの釣りになるため、ロッドは7ft前半のミディアムクラスが良い。リールは手返し重視のハイギヤ、ラインはワインドのキレを良くするPE0.6号、リーダーは6ポンドと強気なシステムで。スモーキー・スパッシュワーム(オフト)からクローンクロー(オフト)のローテで釣っていくのがココでのオススメ!

スモーキー・スパッシュワーム(オフト)

画像: スモーキー・スパッシュワーム(オフト)

クローンクロー(オフト)
※手足を切り、スパッシュ加工したものを使用することもある。

画像: クローンクロー(オフト) ※手足を切り、スパッシュ加工したものを使用することもある。

釣りPLUSでは、これからも有望釣り場情報を紹介します。こちらのマップを要チェック!

This article is a sponsored article by
''.