「釣具のポイント」http://www.point-i.jp/ 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」。釣具店店員だからこそ伝えられる、鮮度抜群の情報&ハウツー、そしてマル秘ネタ?まで盛り沢山のブログ記事を、釣りPLUSでご紹介するシリーズ連載スタート。今回はポイント伊川谷店(兵庫県)の店長宇土さんが登場!
画像: ポイント伊川谷店 店長<宇土さん>「ルアー全般や船釣り、餌釣りなど釣りはほぼ何でもします。腕の方はというと・・・(笑)もちろん、食べるのも大好きです!釣り人目線に立ったご案内や情報を大切にしながら、釣りのサポートをさせて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します」(店舗ブログより引用)

ポイント伊川谷店 店長<宇土さん>「ルアー全般や船釣り、餌釣りなど釣りはほぼ何でもします。腕の方はというと・・・(笑)もちろん、食べるのも大好きです!釣り人目線に立ったご案内や情報を大切にしながら、釣りのサポートをさせて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します」(店舗ブログより引用)

今が旬!明石沖で大物ブリを狙う!

先日、明石沖にて「ビッグベイトのませ」(編集部注:通常よりも大きな魚をエサにした泳がせ釣り)に行って参りました。お世話になったのは、尾上漁港から出船の「ミタチ丸さん」です。連日ブリクラスはもちろん、メーターオーバーも出ており、まさに今が旬な釣りです。

「ビッグベイトのませ」オススメタックル

タックルは、100号鉛負荷まで使える2~2.4メートルくらいのライト船竿か青物用ロッドがおすすめです。もし代用するならジギングタックル(ベイトタイプ)でも使用できます。

PEは2~3号でリーダー12号(40ポンド)を4~5ヒロ取り、親子サルカンを直接つなげて、エダス(12号)を80センチ~1メートル結びます。

これがビッグベイトのませの仕掛け

針は2本段針にして、食い込みとフッキング率を上げバラシを減らします。下針にエサをつけ、上針は吸い込んだ後に反転して走った時に、口の周辺か中に掛かるようにします。

鉛は100号統一で使用しましたが、捨て糸は無しでサルカン直付けです。Wスナップサルカンを使うと、通常の親子でも簡単に鉛をつけることが出来ます。

仕掛けの位置取りが釣果に影響する!?

逸る気持ちを抑えつつ、仕掛け投入です。サミングしながら落として着底したら、仕掛けを底から切ります。

ここで意識したのが、底からリールを5~7回巻いて、人よりも上を釣るということです。

基本かけ上がりを攻めますので、どこの位置に仕掛けを置いているのかが大切で、鉛が底についたらまた同じくらい巻いて底を切ります。「その底を切る行為」が誘いになる場合もあるので、釣果を上げるコツとも言えるかもしれません。

待望のアタリを逃さず、確実にキャッチするための秘訣とは…

最初の1本が欲しいと、竿をキープしてアタリを待っていると、穂先がククッ!そして少し送り込むと・・・!!

「ゴン!!ジィ~~ッジ~~ジィッ~」

ここで一回強めにアワセをしっかり入れることにより、フッキング率がアップします。

やり取りは、ロッドは下げ気味で、リールを巻きつつ竿がしなり切る時(走った時)にはドラグがちょっとだけ出る位がベスト。竿で上げ過ぎると、青物を無駄に走らせることになりますし、船の揺れなどでバラシの原因にもなります。最初の1本は元気の良いメジロさんでした。

画像: 一本目はまずまずのメジロ〜

一本目はまずまずのメジロ〜

船中でも数本メジロが上がりいよいよブリのポイントへ。ドラグは無駄にラインを出さないよう、フルドラグ1歩手前で再調整しブリに備えます。仕掛けを投入して穂先に集中していると、一瞬穂先が戻り、一気に竿が入りバットまで綺麗にベントしました!アワセを入れてやり取りをしていると、明らかに手ごたえが違いました。やり取りの末に上がってきたのは・・・立派なブリさんでした!

画像: アワセた時から、明らかにメジロとは違う手応え。上がってきたのは見事なブリ!

アワセた時から、明らかにメジロとは違う手応え。上がってきたのは見事なブリ!

その後潮が無くなり、沈黙が続きましたが、後半に差し掛かりプチブリダッシュもありました。3本目はダブルHITでこれまた立派なブリさんでした!

本日3本目はグッドプロポーションのブリさん!

日の出から日没まで釣りを堪能!しかし、楽しみはまだまだ…

ミタチ丸さんでの1日釣行は「日ノ出から日没まで」でしたが、あっという間の楽しい時間でした。

帰宅後はヘトヘトの身体に鞭を打ちながらの男の料理で、「鰤の素人の造り」を堪能しました。

画像: 自分で釣ったブリを自分でさばいて食す。これが釣人の特権!

自分で釣ったブリを自分でさばいて食す。これが釣人の特権!

ポイント伊川谷店の店長宇土さんは、エサ釣り、船釣りからルアーまでなんでも幅広くこなすマルチな知識と経験の持ち主。神戸界隈の釣りで迷ったら、相談すれば必ずチカラになってくれるはず。さらにお店のスタッフには女性も多いので、「これから釣りガールになりたい」っていう人には特にオススメのお店です。

This article is a sponsored article by
''.