員制有料サイト『ルアーマガジン・モバイル』の人気企画『ヒットルアーランキング』。全国各地のロコアングラーかつモバイルヘビーユーザーから、日々送られてくる釣果投稿を集計したもの。つまり、「実際に釣った」ルアーのランキングだから、その信頼度は絶大だ。

以下に挙げる4選のルアーは、ルアーマガジン・モバイルで投稿された11月のヒットルアーランキングソフトベイト編の上位からより抜きしたもの。

「厳しいシーズンでもなんとかワームで1尾釣りたい!」というあなた! そんなときは、このワームを信頼してみてはどうだろうか。

ソフトベイト編1位

ブルフラット(デプス)

画像: ブルフラット(デプス)

投稿ユーザーのコメント
●少し重い目のラバジで険しい水草の中に落とし込む…スコーンってルアーが落ちてからのバスのあたりがやめられまへんわ\(^^)/
●ウィードのなかにパンチング気味にリフト&ファールしてたら勢いよく食ってくれました!!サイズあと一歩で50だったのが残念です。
●この間買ったお気に入りのブルフラットをつけて、いつも通りやっていました。始めのアタリはノらずに終わったのですが、諦めずキャストし続けるとルアーを沈めた瞬間違う水草の沈みがあったのですぐにフッキング! バラさず無事にボウズクリア~(^_^)v

店頭でもなかなかに入手困難なデプスの大人気ワームが堂々の1位!

ベイトフィッシュの一種であるブルーギルをイミテートしたブルフラット。そのアクションの最大のキモは、なんといってもフォールにある。

テキサスリグやジグトレーラーによるフォーリングでは、偏平ボディが水抵抗を受け、らせん状を描きながら緩やかに落ちていく独特の“スパイラル”フォールアクションが生まれる。単調なフォールアクションを見切っているバスに対して高次元でアピールしバイトへ持ち込んでくれる。

筆者は、亀山ダムでブルフラットを用いてカバーをひたすら撃ち込んだ経験がある。しかし、腕が悪くバスの潜むカバー奥まで残念ながら到達することがほとんどできなかった。腕を磨き、再び挑戦しようと目論んでいる。

ソフトベイト編2位

ドライブクローラー(O.S.P)

画像: ドライブクローラー(O.S.P)

投稿ユーザーのコメント
●プアな水路のいかにも居そうなレイダウンに送り込んできました!
●霞水系の有名小規模河川に初エントリー。足下の複合カバーにカバーネコをいれると少しの違和感。合わせると強烈な引きが。姿が見えると余裕の50up。ラインズタズタにされながらも無事ランディングし、ゴッツい52センチが釣れちゃいました!
●やっと…やっと久しぶりの40UPキャッチできた~(σ≧▽≦)σ

オールシーズン使えるO.S.Pのネコリグ最適ワームが2位!!

大多数のルアマガモバイルユーザーが一度は使ったことのあるワームと言えば、ドライブクローラーといっても過言ではない。

形状・素材硬度・比重の黄金バランスを導き出し、バスにとっては未体験ゾーンとなる自発的クロールアクションや全身を細かく波打たせる生々しい震え、クネリを新開拓。シンプルな形状ゆえにこれまで性能差が曖昧であったストレートワームに革命をもたせた。

ソフトベイト編3位

カットテール(ゲーリー・インターナショナル)

画像: カットテール(ゲーリー・インターナショナル)

投稿ユーザーのコメント
●ターン気味で活性悪かったのでディープの釣りに切り替えるとすぐきました。
●なかなかに叩かれていたので、針の穴を通すような釣りでドーン!
●ゴミが引っ掛かったと思ったら動き出した!水原手前の石積みで1尾。夕方に横利根水道管下で2尾追加!

みんな大好きゲーリーの怒涛の"喰わせ"系ルアーが3位に食い込む!!

水平ポジションの確保、ナチュラルなダートアクション、そしてミノーライクなシルエット。優れたワームの条件をすべて高次元で満たすことで、フィールドを選ばない抜群のポテンシャルを発揮する。

また、ノーシンカーをはじめ、ネコリグやワッキーなど様々なリグにも対応できるのが人気の理由のひとつだろう。投げて放置するだけで釣れる鬼喰わせルアーはいと強し!!

ソフトベイト編4位

サターンワーム(ビバ)

画像: サターンワーム(ビバ)

投稿ユーザーのコメント
●日が昇るまではあかんかな~と思ってたらそれまでに決着がつきました。私の勝ちです♪
●これもブリブリのえぇ魚でしたわ^o^
●やっとの一尾目がうまい棒サイズ(笑)。まぁとりあえずってことで!このあともがんばりまーす(この後、ギルも含めて5尾を釣った)。

バス釣り初心者でも"とにかく"釣れる! 魅惑のワームが4位にランクイン!!

リング状のボディとカーリーテールを組み合わせたオーソドックスなデザインで、いつでもどんな釣り場にも対応できるベーシックワーム。

マス針のチョン掛けでほとんど生き物といっていいような動きを再現する魅惑の喰わせが可能。さらに、ダウンショットやジグヘッド、スプリットショットなど幅広いリグに対応する優れものだ。

「ルアマガモバイル」ではランキングのすべてを公開!

ここで紹介しているルアーランキングの内容は、ルアーマガジン・モバイルで紹介しているものの一部抜粋である。

ソフトベイトの上位に対するさらに詳しいコメントや、5位以下のランキング、そしてハードルアーの全ランキングなどは、ルアーマガジン・モバイルの「11月の月間ヒットルアーランキング」にて抱腹絶倒のコメントと共に公開中!是非一読あれ!

This article is a sponsored article by
''.