達人たちの一挙一動をフィールドからつまびらかに、タイムリーにお伝えする現場配信企画の元祖、ルアーマガジンモバイル『特命釣行』!!

今年はまれにみる“当たり年”?であり、新たに2人のお題達成者が現われました!

ひとりは紀南のリザーバーマイスター、Mr.“G”こと那須大士朗さん!!

舞台は氏のホームレイク、和歌山県七川ダム!

実施は4月29日。スポーニングシーズンでありながら、5日前のローカルトーナメントにおけるウイニングウェイトは5尾で3キロ台前半・・・そんな厳しい状況のなか、編集部が用意したお題は・・・

5尾で5キロ!!

しかしこのお方はやってくれました!!

朝イチにこの49センチ、1850グラム↓をキャッチし、

アンクルゴビーのノーシンカーを表層でファストリトリーブし、突如ゴミ下から現れた巨体にステイ&フォールで喰わせたワザありの1尾!

その後も徐々にウェイトを積み重ねて、

終了1時間前に↓この770グラムでお題クリア!!

5尾のトータル5020グラム!!


2人めは備後の若大将、SMILEモンデンこと門田和也さん!!

実施は7月7日の七夕。門田さんのホーム芦田川に限定せず、備後エリアのどこで釣りをしても良いという変則ルールを採用!

ただし、お題は5尾で7キロ!!

しかし、そんな無茶ぶりをものともせず、

蓋を開けてみれば自ら開発したプロトフロッグやスイムベイト『フクロウ』でビッグフィッシュを連打!!

ラストは新規開拓した山間河川でiウェーバーをドリフトさせ、この↓52センチ、2180グラムをキャッチして、

5尾のトータルは7740グラムという、特命歴代2位のスーパーウェイトを樹立してお題クリア!!

彼らの偉業を筆頭に2016年もさまざまなドラマを生んだ特命釣行ですが・・・

まだ終わりません(笑)。

今年もやります! 

特命釣行クリスマススペシャル!!

主役は、このおふたり!!

今年も夢のバッテリーが実現!!(笑)

川村光大郎さんと金森隆志さん!!

実は昨年12月にも彼らのW特命を配信しているのですが、残念ながらお題達成ならず・・・

【W特命とは】アングラー2名が団結してひとつのお題に立ち向かう、冬季限定の恒例となりつつあるスペシャル企画。過去には“岡友成さん&門田和也さん”、“加木屋守さん&水野浩聡さん”のペアも挑戦しているが、やはり厳しい時期だけにお題の前に玉砕・・・。

いわば今回はリベンジ特命!!

昨年は金森さんのおひざ元、中国地方野池で実施いたしましたが、今年はその逆!

エリアは霞ヶ浦水系全域!!

ということで、場所選びに関しては川村さんがイニシアチブをとり金森さんをエスコートする形でお題クリアを目指します!!

初冬の霞ヶ浦水系を舞台に、国内陸っぱりシーンを最前線でけん引している東西のスーパースター2名はどんなゲームを展開するのか?

彼らの戦略には、「釣り納めはこれから・・・でも、釣れなかったらヤダな」というアナタの2016ラストバスにつながるヒントが満載であること請け合い!!

明後日12月21日からの2日間、ぜひぜひルアマガモバイルをチェックしてくださいませ!!

Next

This article is a sponsored article by
''.