ジングルベル♪ ジングルベルッ♪ スッズGA鳴る~!

みなさま、ごきげんよう。もうすぐクリスマスですね。

その前に、この記事がアップされる今日(2016年12月22日)は何の日か知ってますか?

え、知らない? では、お教えいたしましょう。

時をさかのぼることジャスト1年前。

その男は千葉県・高滝湖に現れた。彼は「特命」という名の魔物を倒すために一人湖上に立ったのです。

その男の名は・・・、ご存じ、田辺哲男(さん)!!

画像: そして、田辺さんが倒すべく特命はなんと、「2日間の釣行で3尾合計4.5キロ」(ちなみにお題を提供してくれたのは、高滝湖の名ガイド、阿部進吾さん。)

そして、田辺さんが倒すべく特命はなんと、「2日間の釣行で3尾合計4.5キロ」(ちなみにお題を提供してくれたのは、高滝湖の名ガイド、阿部進吾さん。)

当時の高滝は、全然釣れなくて、近々の大会とかでも軒並みノーフィッシュの状態。いくらなんでも、キツいんじゃなかろうかと思われた特命釣行R。

しかし、さすが田辺さん

真冬に強めのスピナーベイト・パワーロールでパターンを見出し、40アップを連発! なんと特命を見事クリアし、特命釣行R史上初となるお題を達成してしまったのです

画像: なんという、美しい魚体の数々! ビッグフィッシュが連発する、まさにストロングパターン!!

なんという、美しい魚体の数々!
ビッグフィッシュが連発する、まさにストロングパターン!!

画像: フィッシングショー大阪の前夜、焼肉屋さんで祝勝会&トロフィー授与しました!

フィッシングショー大阪の前夜、焼肉屋さんで祝勝会&トロフィー授与しました!

そんな事件が起きたのが1年前の今日、2015年の12月22日。

そんなことをふと思い出し、私は友人と二人で高滝湖へ向かったのです。

意気込みだけはストロング、湖上に出ればただの人。

12月20日(火)、朝寝坊し7時に高滝湖到着。

画像: 写真は夕方撮ったものですが、ロケーションはこんな感じでございます。

写真は夕方撮ったものですが、ロケーションはこんな感じでございます。

画像: 高滝湖のボート屋はひとつ、高滝湖観光企業組合が運営するボートをレンタルしましょう。

高滝湖のボート屋はひとつ、高滝湖観光企業組合が運営するボートをレンタルしましょう。

乗船券と遊漁料を支払って、いざ出船!

今回、私は前回の将監川での教訓(第一回備忘録参照)を生かして1タックルだけ持っていくことにしました。

用意したのは、もちろんパワーロール用タックル。

これで逃げ場はもうない。

デコを覚悟で、パワーロールを巻き切るのだ!

クリスタルS パワーロール[ノリーズ]クリスタルSの名を冠するにふさわしい、パワーブレードのダブルウィロータイプ。ベンディング低重心ヘッドにより、浮き上がりを抑えつつ、力強いアピールが可能。

朝の水温は8.6度、湖もかなり濁り気味で厳しいかも? そうは思ったものの、元々はデコ覚悟のこと。気持ちはだいぶ楽でした。

そして、あの日の田辺さんを脳内でイメージしながら釣りをすること40分。

事件は起きたのです。

画像: 道路跡で同船者のYくんがDジグ&シェイクシャッドでグッドコンディションの43センチ!

道路跡で同船者のYくんがDジグ&シェイクシャッドでグッドコンディションの43センチ!

「またバックシーターに釣られたんか、俺は…!」

この瞬間、脳内でイメージしていた田辺さんの映像は消え去り、私の頭の中では「ふるちゃんはバックシーターに釣らせるの上手いからな~(笑)」「ふるちゃんは小技を使わないよね、プププ」とあざ笑う人たちのイメージ(被害妄想)に変わりました。

それでも、パワーロールを!と信じていましたが、1時間後にはその心も折れ、血迷った私は、愚行に出ました。

画像: 「わ、ワカサギ釣りだお」(土屋太〇風)

「わ、ワカサギ釣りだお」(土屋太〇風)

そう、ボート屋でワカサギ釣りの仕掛けとエサを買い、Yくんのスピニングタックルにワカサギの仕掛けを結び、魚探を駆使してワカサギの群れをエレキで追いながら釣りをし始めたのです。

画像: ちなみに魚探の映像はこんな感じ。雲みたいな映像はすべてワカサギです。

ちなみに魚探の映像はこんな感じ。雲みたいな映像はすべてワカサギです。

ワカサギに癒やされつつ、気が付くと時はあっという間に過ぎていました。それでも、私はワカサギ釣りを止めなかったのです。

「ワカサギのキャスティングゲーム、これぞワカサギ界のニューウェーブだ!」と狂った発言にYくんも呆れ始めた頃、ちょうど連絡を取り合っていた某誌編集部Sさんから一言。

「次の一投で50アップが来るかもしれない。そう思えなくなったら終わりだな」by田辺哲男

この喝で我を取り戻した私は、パワーロールを再び握りしめ、強い気持ちで立ち向かったのです。
「ワカサギ釣りの時間は無駄じゃない。エサの行動を知ることができた。そして、このエサを捕食するプレデター、バスの気持ちも今ならわかる! 僕にはもう、見えているッ‼」

暗黒面から帰ってきた私は第三漁礁→境橋→道路跡とポイント移動しました。

そして・・・・‼‼

画像: キターーーーーー‼‼‼ 背中が丸々っとした、ナイスバディの45アップ!

キターーーーーー‼‼‼ 背中が丸々っとした、ナイスバディの45アップ!

え、持ってるタックルがおかしいって?えっと、えっと・・・、レッグワームのダウンショットでテールをパワーロールさせていたら・・・・。

ごめんなさい、YくんのファンタジスタDeezフィネス2を借りてやってしまいました・・・。こんなこと、師匠には言えない・・・。

でも、うれしいんです。
釣れることこそ、正義!
だから私は思いました。

画像: 「レッグワーム、これが僕のパワーロール」うれし顔の横持ちとご一緒にどうぞ(ドヤァ)

「レッグワーム、これが僕のパワーロール」うれし顔の横持ちとご一緒にどうぞ(ドヤァ)

こうして、フルカワの長き自分との戦いは今後も続いていくのです…。

画像: その後は特に異常なし。どうやら当たり日だったようで、周りのアングラーもそれなりに釣れていました。ちなみに阿部ガイドは朝夕の4時間だけで8本釣ったようです。

その後は特に異常なし。どうやら当たり日だったようで、周りのアングラーもそれなりに釣れていました。ちなみに阿部ガイドは朝夕の4時間だけで8本釣ったようです。

今回の反省

単純に時期と場所とルアーだけ真似ても無駄。やはり、その時その時の状況を見抜き、信じて投げ込むこと。

それが合致したときこそ、本当のストロングフィッシャーマン!

まずはちゃんと魚を探せるようになりましょう、と思いました・・・。

<フルカワの釣行忘備録>

This article is a sponsored article by
''.