※お知らせ(2016/12/26):本商品につきまして、記事掲載当初「12/27より限定販売開始・1月下旬発送予定」とお伝えしておりましたが、諸般の事情により「12/27より販売開始・2月中旬発送予定」に変更させていただきました。

あの日の感動がTシャツに!

こんにちマシモです。

今年、とても印象に残ったコンテンツは? 聞かれれば、AbemaTVで2016年7月20日〜21日に行われた「ロクマルを生中継の番組で釣り上げろ!」という、夢というか無謀というか、そんな企画「バスキングライブ」一択でしょう。

モニターの前に釘付けになった方も多いのではないでしょうか?

生中継のスタジオでも、キムケンさんが2日間の激闘の末、タイムアップ間際にロクマルを釣り上げた時には、まったく釣りを経験した事の無いスタッフまでが歓声を上げ、スタジオ全体が熱狂に包まれたのです!

画像: 記念すべき歴史にスタジオで立ち会ったのは、レジットデザインの鬼形氏とルアーマガジン編集長野村

記念すべき歴史にスタジオで立ち会ったのは、レジットデザインの鬼形氏とルアーマガジン編集長野村

その光景を見ていて思いました。あぁ、ひょっとして今日は「バス釣りの歴史が変わった日」なんじゃないかなぁ、と。

バス釣りでこれだけの人を感動させる事が出来る、これだけの方が観てくれる。(合計視聴数:345,456)ひょっとして釣りをしない方も観て頂いていたかもしれない、この番組を観て釣りを始める方だっているかも知れない…。後で思い起こして、「やっぱりあの日が起点だったんだなぁ」そう思う日がくるかも知れません。そんなスペシャルな2日間だったと思うのです。

って事で、あの日の感動を共有したい! カタチにしたい! という思いがTシャツになりました!

画像: ジャーン!

ジャーン!

フロントにはバスキングライブのロゴマークと、フィッシングウェブマガジンBITEとルアーマガジンのコラボの証でダブルネーム!

画像1: あの日の感動がTシャツに!

背面には誇らしくロクマルを高々と掲げる琵琶湖野郎&琵琶湖野郎ロゴ!w

そして、琵琶湖野郎がやり遂げたぜ!!と言う意味を込めて弊社リアルネイティブ元米国人ニッシー考案の「MADE IT !!」と言うコピーをプリントしました!

画像2: あの日の感動がTシャツに!

コレでキミも琵琶湖野郎だ!!

琵琶湖野郎も思い出のロクマルポイントで着用してくれました。w

画像1: コレでキミも琵琶湖野郎だ!!

琵琶湖野郎 on 琵琶湖野郎

その胸に去来するのはあの日の思い出か、まだ見ぬデカバスか。

画像2: コレでキミも琵琶湖野郎だ!!

着用例2はルアーマガジン誌・マッスルスチルカメラマンのイチモビクス

画像3: コレでキミも琵琶湖野郎だ!!


180センチ84キロのマッスルボディーでMサイズをピチピチめで着こなしています。

画像4: コレでキミも琵琶湖野郎だ!!

当初はフィッシングショーでの発売を目指しておりましたが、お問い合わせ多数につき弊社オンラインショップにて予約販売させていただくことになりました!

キムケンさんとも相談しながら煮詰めたデザインイメージは、正に「ライブTシャツ」!

ロクマルを目指す全てのアングラーに!

どうぞ宜しくお願いします!

販売は12月27日12時スタート!

発送は2月中旬を予定しています。ご注文はお早めに!

<関連商品>

This article is a sponsored article by
''.