この冬、まだまだ陸っぱりでバスを釣りたい方はぜひチェックして!!

12月21、22日にルアマガモバイル上にてLIVE配信した川村光大郎さん、金森隆志さんの特命釣行クリスマススペシャルをご覧いただいたみなさん、ありがとうございました!

先日、マツさんがこの釣りPLUSでも告知したように、今年は舞台を東日本に移し川村さんのホーム、霞ヶ浦水系で実施したのですが、

お題は、血も涙もクリスマスもへったくれもない8尾で8キロ(2日間で)というトンデモなもの。

「編集部マジいいかげんにしとけ、な?」って思われた方もいるかもしれませんが、

いやいやいや、こういう絶望紙一重なお題だからこそプロの方は燃えてくれる!!



はず!!!!

その証拠に今回もこの厳冬期の霞ヶ浦水系の陸っぱりにて魚を絞り出すためのとっておきの攻略法をいくつも披露していただくことができました。

最後には急遽スペシャルな助っ人(伊藤巧さん)が拉致・・じゃなかった、参戦! はたして“3人”はお題を達成できたのか!? ぜひルアマガモバイルのサイトにてご覧ください。

川村番だったニッシー。そのテクを盗撮しようと試みたのですが・・・

さて、ここからは釣りPLUSをご覧いただいている方、そしてすでにサイトにて特命をご覧いただいた方のためのエクストラティップス。

特命の取材方式は、スタッフが現場に行って、写真と原稿をその場からどんどんアップしていくのですが、

取材しているなかで、「これ動画で見せられたらもっとわかりやすいはず」ってシーンにも出くわします。

今回川村さんについていたニッシーがそう思ったのが、

メタルバイブ(オーバーライド3.5グラム)とリアクションダウンショット(ドライブクロー2インチのショートリーダーダウンショット)のリフト&フォールの違いを見て。

どちらもテクニック名でいうと“リフト&フォール”なのですが、ルアーの性質(硬い、柔らかい)、フォールアクションなどを踏まえ、誘い方の考え方が異なりました。

例えば

今回初日の朝からグッドサイズに口を使わせたメタルバイブのアクションは……

オーバーライド3.5グラムのリフト&フォールアクション

youtu.be

って動画、短っ!? 

しかもよく分かんねえ!!!!

す、すみません、盗撮だったので、上手く撮れませんでした。

なので、言葉で超補足しますと、見ていただきたいのがリフトの仕方。

ビシッ!という鋭いものではなく、柔らかめなのが分かるかと思います。

対して、リアクションダウンショットは

IMG 7855

youtu.be

うまく撮れてる(自画自賛)

じゃなかった

短く!! 鋭い!!

これについては両者の性質の違い、ソフトルアーのほうが素材が柔らかく、リフトしたときに硬質なメタルと比べてアピール力が弱いため、より強く動かしています。

さらに、ダウンショットのほうはほんの一瞬、着底後に喰わせの間を設けているのですが、それはドライブクローのこのアクション↓

IMG 7853

youtu.be

分かりますでしょうか。ワームが着底する間際にスライドフォールをしています。この動きがバスに効果的で、それを出すためだと川村さんはおっしゃっていました。

その他のテクニック、気になる"冬のエリア選択"などのヒントはぜひサイトにて!

その他、みなさんきっと知りたいだろう、冬場に二人が実際にバスをキャッチしたスポットなど、詳しくはルアマガモバイルにてぜひ御覧ください。

3陸王からのスペシャルなクリスマスプレゼント企画も実施中です!

Next

This article is a sponsored article by
''.