12月26日発売のルアーマガジン2月号。表紙はカナモ&キムケンです。

画像: キムケン&カナモのコラボ釣行でした。寒さを吹っ飛ばすパワフルな表紙。

キムケン&カナモのコラボ釣行でした。寒さを吹っ飛ばすパワフルな表紙。

巻頭ではルアマガ独占スクープが2連発です。

まずは「O.S.P」の新ブランド立ち上げについての独占インタビュー。房総リザーバーのエキスパート・オリキンこと折金一樹さんが開発中のルアーがかなりイケてます。

画像: 胸元のフェザーやジョイントにした理由をオリキンが徹底解説。

胸元のフェザーやジョイントにした理由をオリキンが徹底解説。

そして「レイドジャパン」の新作ロッド独占公開。グラディエーターの真逆をいく、スペシャルなアイテムです。さらにレイドジャパンつながりで、移籍ネタに関する独占インタビューがもう1本。2017年のJBトップ50が楽しみです。

「2017年ニュータックルスクープスペシャル」はDAIWAやシマノなどの人気メーカーの新作情報が盛りだくさん。

特にシマノ&ジャッカル関連は付録DVDと合わせてチェックしてもらうと、さらに深く理解できると思います。前編・後編に分かれていて読み応え満点なので、年末年始にじっくり読み込んでいただければと。

個人的にはジャッカルCEO・小野俊郎さんのインタビューが刺さりました。

画像: 常に先を見据えるジャッカル。小野俊郎CEOのインタビューは要チェックです。

常に先を見据えるジャッカル。小野俊郎CEOのインタビューは要チェックです。

実釣パート1は「キムケン&カナモの琵琶湖攻略」。50アップ連発で話題のビッグクランクの使い方も詳しく解説。レイドジャパンの新作プラグも登場しています。

画像: 浮かせて食わせるビッグクランキング。キムケンが手にしているクランクは…!?

浮かせて食わせるビッグクランキング。キムケンが手にしているクランクは…!?

パート2は「関和学さんの霞ケ浦攻略」。厳しい時期に岸釣りで、いかにしてバスを絞り出すためのワザを紹介しています。

画像: JBトップ50で活躍中の関和さん。手堅く楽しくキャッチする岸釣りテクを伝授してくれました。

JBトップ50で活躍中の関和さん。手堅く楽しくキャッチする岸釣りテクを伝授してくれました。

パート3は「田辺哲男さんin日吉ダム」。「冬こそマイゲーム!」という、ハードルアーメインで繰り広げられた田辺節をお楽しみください。

画像: 自身4年ぶりという日吉ダム。ハードルアーを軸に見事グッドサイズをキャッチしています。

自身4年ぶりという日吉ダム。ハードルアーを軸に見事グッドサイズをキャッチしています。

ドラマチックハンターは連載100回記念ということで、海を越え台湾へ。そこでドラハンメンバーが手にした魚は…? 

100回記念のスペシャルコラボロッドもいい感じに出来上がってますよ!

画像: 3人が手にしているのはすべてマルチピース。グルーパーやバラムンディのパワフルな引きにも耐え、使い心地もワンピースに負けない新時代のマルチピースが生まれようとしています。

3人が手にしているのはすべてマルチピース。グルーパーやバラムンディのパワフルな引きにも耐え、使い心地もワンピースに負けない新時代のマルチピースが生まれようとしています。

後半カラーには、2016年最強トーナメンターと名高い「北大祐さん」の愛用ルアー紹介や、この時期の恒例となっているルアーマガジン・タックルオブザイヤー特集。

画像: ハードルアーへの愛がハンパない北さん。強さの理由が分かった気がします。

ハードルアーへの愛がハンパない北さん。強さの理由が分かった気がします。

画像: この時期の恒例となったタックルオブザイヤー。読者からの無数の投票により決定した2016年の人気タックルを一挙公開!

この時期の恒例となったタックルオブザイヤー。読者からの無数の投票により決定した2016年の人気タックルを一挙公開!

というわけで2017年もルアーマガジンと釣りプラスをよろしくお願いします!

This article is a sponsored article by
''.