「釣具のポイント」 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」。ショップ店員だからこそ伝えられる、鮮度抜群の情報&ハウツー、そしてマル秘ネタ?まで盛り沢山のブログ記事を、釣りPLUSでご紹介するシリーズ連載。

今回はポイント呉警固屋店・店長の大谷さんが登場!

ポイント呉警固屋店 店長<大谷寿弥さん>「ルアー・エサ釣り問わず食べて美味しい魚を年中追い続けています。堤防からの釣りがメインですが、船釣りも大好き。お店にお越しの際はお気軽にお声掛け下さい」

銀色に輝く良型タチウオを狙え!

みなさま!こんにちは!ポイント呉警固屋店店長の大谷です。

今回は今が旬!!船太刀魚に行ってきました!!

遊漁船は広島県呉市倉橋町「重生港」から出船している「双恵丸」さんにお世話になりました。

なにやら釣行の前日は良型が大爆釣だったとの話が!!!

大漁になる事しか頭になく、予備の予備の餌まで追加購入!! 76Lのクーラーを準備しましたが、入りきるのかな?と不安にもなりました。

釣り場に着くと遠目から見ても分かるほどの大船団が!!広島、岡山、愛媛、山口の名だたる遊漁船が集まっていました!!

大きな期待を胸に準備をします!!

ドラゴンサイズ狙いのタックル&エサは?

竿はポイントオリジナルの「舷天 タチウオSP 180H」を使用。テンヤの操作性も良く、アタリもわかりやすく深場でのドラゴンサイズにもパワー負けしません。

電動リールにPE1号を巻き、リーダー5号を3メートル。その先に10号のナイロンを1メートルつけています。

エサは最近釣果の良い、サンマの切身を使います!

エサの切身は皮を下にして付けると身持ちがよくなります。

水深は30メートル前後!期待を込めて1投目!!!

アタリなし。。。。

つぎの1投で、指3本クラスのタチウオ!

前日は指4本クラスが多かったと聞いていたので、少し物足りないですが、とりあえず釣り上げる事ができました!

落とせばアタリがあるイメージをしていましたが、1回の流しでアタリが無い事も。。。。

朝は、まとまっていた船団も時間が経つに伴い、まばらとなっていきますアタリが無い時間帯が続き、ついに大きく場所を移動!!

移動した先でも思う様な釣果が出ません。。。

泣いても笑っても最後のポイント。そしてドラマが!!

そしていよいよ最後のポイントに!

日も傾きかけ、最後の望みをかけて仕掛を投入します!!底付近で反応があるみたいなので、底から10メートルを中心に狙います!!

すると今日一番の手ごたえが!!

アワセを入れてから、電動リールのレバーをいれるのですが、なかなか巻上げができません。

重量からして大物を確信。

バラさないように慎重にやり取りをかさね、納得のドラゴンサイズGET

このサイズが釣れると面白いです!!

次の1投でもすぐに釣る事ができました。

この日は全体的に喰いが渋く、速い動きより、ゆっくりした動きの後にアタル事も多く、喰わせの間も長くとるのが良かったです。

タチウオと取り込むときのテクニック

タチウオを抜き上げる時には、リーダーを持って抜き上げる事をオススメします!

竿で抜き上げるよりも、バラシも少なくなるのはもちろん、万が一、抜き上げの際にバレてしまうと、テンヤが勢いよく飛んできて怪我をする可能性もあります!!

タチウオの大小問わず、私はリーダーを持って抜き上げる様にしています!

この日は1日を通してタチウオが低活性でしたが、まだまだ船太刀魚が楽しめる季節です。釣ったタチウオは非常に脂ものっており、美味しかったです!!

また行ってきます!

ポイント呉警固屋店の店長大谷さんは地元広島出身で、「大の釣り好き!」。つまり、このエリアの釣りならなんでもおまかせのエキスパート。季節にあわせたベストの釣り物に関するアドバイスをくれるはず。もちろん、店舗スタッフも「全員釣り大好き!」。店舗ブログではスタッフの楽しい釣行レポート満載。こちらもチェックです!

Next

This article is a sponsored article by
''.