釣りプラス読者のみなさま、新年明けましておめでとうございます。

ほぼノープラン、出たとこ勝負、行き当たりばったりを演出の基本方針とする[少年釣り師育成ものがたり]です。釣り初心者の息子(4歳)を釣り師に育て上げようと目論む、親バカレポでございます。

初めてのお年玉で釣りデビュー!

過去数か月にわたる“釣育”の結果、4歳になったうちの息子も、釣りへの好奇心がメキメキ強くなってきました。このお正月には、「お金」の意味を理解してからおそらく初めての、うれしいうれしいお年玉をもらいました。

というわけで、新春1本目のミッションは、「初めてのお年玉で釣りデビュー!」。

1月の三連休中日、僕と息子の「新たな旅」が始まります。

デビュー戦の舞台は、インドアで鯉(コイ)が釣れる大型釣堀施設「つり堀太郎八千代店」さん。

この日は午後から雨の予報でしたが、こちらは室内釣り堀なので、天気に関して不安はなし。持ち運ぶ荷物の5割が子供の着替えである子連れにとって、屋根があることは、ほぼ天恵に匹敵します。

さらに、世の8割の女性が口をそろえるように「男の子は弱くてねぇ」。うちの息子も例外ではありません。先日の胃腸炎以来、いまいちコンディションが定まらず、満足に外遊びができない今日このごろ。壁があることは、欲求不満を吹き飛ばす千載一遇のチャンスです。

それゆえに、「大事に行きたい」のが親心。僕の胸に一抹の不安がよぎります。

4歳のデビュー戦の相手として、鯉というのはデカすぎやしないか?

デビュー戦、マッチメイクに死角なし

そのとき、「つり堀太郎八千代店」さんのホームページの片隅で、さりげなく僕にアピールしてきたのが、「金魚釣りコーナー」でした。

写真から判断すると、お店の隅っこの方に金魚用の水槽がある模様です。

「金魚は行ける!」と判断した僕。早速バタバタと荷物をまとめて、息子を連れてやってきました。

画像: 初めてのお年玉を握りしめ、釣り堀へGO!

初めてのお年玉を握りしめ、釣り堀へGO!

土日祝日開店時間の10時ジャストに入店し、入口の券売機で、息子は入場券(300円)と金魚釣り券(200円)を購入。最近の息子の体調を考慮して、制限時間は1時間と設定します。

画像: 店舗入り口にある券売機。引率係の僕も入場券(300円)を購入。メインの鯉釣りは、年齢や組み合わせに応じたセット料金が設定されている。

店舗入り口にある券売機。引率係の僕も入場券(300円)を購入。メインの鯉釣りは、年齢や組み合わせに応じたセット料金が設定されている。

受付のスタッフの方から金魚釣り用のレンタル竿を受け取り、エサのつけ方をレクチャーしてもらいました。初めて見る本物の釣り竿とエサに、息子はちょっと緊張ぎみ。

画像: こんな感じでエサをつけてね。

こんな感じでエサをつけてね。

ざっと店内を見渡すと、すでにお子様連れの先客が2組ほど来店しています。

画像: 鯉の大池には釣り船が浮かんでいる。

鯉の大池には釣り船が浮かんでいる。

人生初釣り、プレイボール!

お店の端っこに、金魚釣りコーナーが見つかりました。「なるほど、これね…」と、現場確認中の僕がふと見やると、すでに息子が釣り糸を垂れてます。

でも、釣り針には、まだエサがついていません。

画像: エサがまだだよ。

エサがまだだよ。

子供にやさしいスタッフの方から、エサのつけ方とフォームを教えていただいて……、

画像: ありがとうございます!

ありがとうございます!

仕切り直しのプレイボール!

画像: 記念すべき1投目。

記念すべき1投目。

手練れの先輩あらわる

「金魚釣り」はお子様限定アトラクションのため、僕はやむなく見守り担当となります。

やがて店にはお客さんが次々と入ってきて、金魚釣りコーナーもにぎやかになってきました。

画像: 金魚釣りはエサがなくなるまで遊べる。

金魚釣りはエサがなくなるまで遊べる。

開始15分ほどが経ちました。金魚たちは、エサにアプローチする素振りを見せながらも、なかなかどうして食い付きません。すると、この日が2度目のチャレンジという年中さん(5歳)が、焦れる息子の隣でさっそく1匹釣り上げます。

画像: 手練れの先輩あらわる
画像: 金魚は意外と大きい。サイズは15センチほど。

金魚は意外と大きい。サイズは15センチほど。

「どうやって釣ったの?」とたずねると、「エサを少し動かしてみるといいよ」と教えてくれた5歳の先輩。30分ほどの間に見事3匹を釣り上げます。そして、「エサはもう少し、小さい方がいいね」と、的確なアドバイスを残し、颯爽(さっそう)と立ち去って行ったのでした。

「つりたい」一心

周りで遊んでいた子供たちが鯉釣りへと引き上げてしまい、うちの息子は、金魚釣りコーナーにひとりポツンと取り残される格好となってしまいました。

画像: 釣れないねぇ。

釣れないねぇ。

ぶらぶら竿を揺らすなどして金魚を誘い続けるものの、アタリがこないこの展開では、次第に集中力をキープすることも難しくなってきます。

僕は4年間の父親生活を通じて、最近ようやくわかったのですが、子供って、抗生物質や鼻水止め、痰を切る薬などを飲んでいると、なかなかじっとしていられなくなったり、食事の量が減ったり、眠くなってグズグズしたりします。実はこれって薬の副作用なんですよね。

そういう状況を考慮したうえで、目の前の金魚と格闘している息子を見ていると、彼がとても「粘っている」ことがわかります。

それも「つりたい」一心で。

制限時間と定めていた1時間が経過しました。かなりまずい展開です。手元のエサを粘土のようにコネコネし始めた息子の仕草に“限界”を見て取った僕は、「よくがんばったけど、そろそろおしまいにしようか?」と提案します。でも彼はあきらめません。

「ぼく、つりたいー」

画像: 釣りはガマン。でも集中力は限界に近い。

釣りはガマン。でも集中力は限界に近い。

こうなると、なかなかに頑固な息子。僕にできることはもう、声をかけて励ましてあげることだけです。それでも、時間は無常に過ぎていきます。アディショナルタイムが目安の5分を超え、主審たる僕が試合終了を告げるホイッスルに手を伸ばしたとき、“それ”は突然起こりました。

釣りの神様の贈り物

「かかってるぞ! 竿上げろー!」

すると息子の竿が大きくしなって、彼(と僕)が待ち望んでいた初めての金魚が、水面から顔を出したのです。

それでは、感動の瞬間を連写でどうぞ。

画像1: 釣りの神様の贈り物
画像2: 釣りの神様の贈り物

アディショナルタイムのラストワンプレーで決まった“ゴールデンゴール”。こんなことって、あるのか……⁉ 僕自身も、目の前の出来事が整理できません。ただひとつ言えることは、追い込まれた状況で、最後まであきらめなかった息子が、人生で初めて、魚を釣り上げたということ。

これが釣りの神様の贈り物でなくて、なんでしょう?

画像: 健闘を称え合う選手たち。

健闘を称え合う選手たち。

試合終了。ここでようやく僕も、大きく息をつきました。デビュー戦がボウズじゃなくて、ほんとによかった……。

釣った金魚を水槽に戻してあげることを伝えると、「どうして持って帰っちゃだめなのー?」と食い下がる息子。せっかく釣った金魚とお別れするのがつらいようです。

画像: 「うちには金魚を飼える水槽がないしね」と僕。「だったらおおきい水槽買ったらいいよね」と息子。リリースという制度に納得がいかない様子だ。

「うちには金魚を飼える水槽がないしね」と僕。「だったらおおきい水槽買ったらいいよね」と息子。リリースという制度に納得がいかない様子だ。

釣りのあとの一杯

釣りのあとは、店内の「フリードリンクコーナー」へ。

画像: 入場料を払えば何杯でも無料だ。

入場料を払えば何杯でも無料だ。

息子は大好物の「カルピス」をセレクトします。

画像: 釣りのあとの「カルピス」の味は格別だ。

釣りのあとの「カルピス」の味は格別だ。

鯉釣りにもチャレンジ

金魚を釣り上げたことで自信をつかんだのか、鯉釣りもやってみたいと言う息子。試しにちょっとだけ挑戦してみました。

画像: 小さな背中に今では自信がみなぎっている。

小さな背中に今では自信がみなぎっている。

しばらくするとお昼ごはんの時間になったので、「鯉釣りの続きはまた今度ね」ということにしました。ちなみにこちらのお店は、食事や飲み物の持ち込みもOK。今度来るときはお弁当を持ってきてもよさそうです。

画像: (左)店内にはイスとテーブルが複数配置され、持込での飲食も可能だ。(右)キッズからシニアまで幅広い年代が釣りを楽しんでいた。

(左)店内にはイスとテーブルが複数配置され、持込での飲食も可能だ。(右)キッズからシニアまで幅広い年代が釣りを楽しんでいた。

最後に、あまったエサと道具を所定の位置に返却します。

画像: あとかたづけも大事。

あとかたづけも大事。

つり掘り太郎八千代店さんでは、釣った鯉の大きさや色に応じてポイントがつき、それを景品に変えられるという、子供心をくすぐるシステムを採用しています。うちの息子は、たくさん鯉を釣って、サッカーボールをゲットしたいということです。

画像: (左上)普通の鯉は1P、色鯉は10P、巨鯉は20P。(右上)ポイントで交換できる景品の数々。(左下)豪華な景品もある。(右下)料金表。

(左上)普通の鯉は1P、色鯉は10P、巨鯉は20P。(右上)ポイントで交換できる景品の数々。(左下)豪華な景品もある。(右下)料金表。

KLP(子育てレジャー・パフォーマンス)

KLPとは、「子連れでどうか?」という基準で、訪れたレジャースポットを5点満点で総合評価してみるコーナーです。

【つり堀太郎八千代店】…4.4ポイント

画像: ・コスト…3 ・アクセス…5 ・参入容易度…5 ・安全性・快適性…5 ・グルメ…4

・コスト…3
・アクセス…5
・参入容易度…5
・安全性・快適性…5
・グルメ…4

インドアのため天候の心配をせず、子連れでも快適に釣りを楽しめるでしょう。食事の持ち込みがOKであることや、フリードリンクも◎。スタッフのみなさんのホスピタリティも素晴らしく、おすすめの釣り堀です。
お店を訪ねる際は、事前にホームページや電話でのご確認をおすすめします。
【住所】千葉県八千代市大和田新田458−1 八千代スポーツガーデン内
【電話】047-481-8901
【URL】http://turibori-yachiyo.com/

いよいよ幕を開けた、うちの息子の釣りライフ。初めて手にしたお年玉で、金色の魚を釣り上げた彼ですから、きっと一生お金にも食べ物にも困らないでしょう。

ある一人の親バカが、そんな初夢を見た、息子4歳のお正月のお話でした。

画像: 【つり堀太郎八千代店】…4.4ポイント

[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.