ワハハハ待たせたな! …待ってた、よ、ね?

キエエエェェェ!(挨拶) 全国の『センドウBROS.新日本バス釣り場風土記ネバーマインド・ザ・ブラックバス〜勝手にしやがれ〜』ファンの皆様、あんまりファンじゃないけど釣り好きな皆様も、全然ファンじゃないけど美味いモノ好きな皆様も…釣り界の異端児メシ企画第2弾ッ! メシネタで、みんなのファン度を上げてくぜ(五七五)。

センドウ兄弟が織りなすメシ物語…

太った方がモテる!(センドウアキラ名言集より) まあモテは別の機会においといて、とにかくセンドウらのオススメするメシは本気で美味い! ヤツらの釣りに対する異常な「こだわり度」の度数そのまま、食い道楽も掘り下げるからだ。もちろん釣り同様、我が道、獣道を突き進む天衣無縫ぶり。

画像: センドウアキラ(アニキ)。岸釣りのイメージが強いですが、以前は琵琶湖にバスボートを浮かべガイドをしていたし、今でも精力的にボート釣りを追求している。ロッドを軸としたレーベル、セディション主宰。

センドウアキラ(アニキ)。岸釣りのイメージが強いですが、以前は琵琶湖にバスボートを浮かべガイドをしていたし、今でも精力的にボート釣りを追求している。ロッドを軸としたレーベル、セディション主宰。

画像: センドウタカシ(ニンジャ)。今やバスオブジャパンや、JB・NBCのシリーズ戦に参戦。デュエルからリリースしている一連のハードルアーは、多くの人から支持を集める。

センドウタカシ(ニンジャ)。今やバスオブジャパンや、JB・NBCのシリーズ戦に参戦。デュエルからリリースしている一連のハードルアーは、多くの人から支持を集める。

テーマは、ずばり佐野(栃木県)。何故かって…?

何故なんでしょうね…(白目)。兄弟お目付役のザ☆プロのお膝元でもあるらしい。実際、ニンジャは好んで、結構な頻度で佐野グルメ(&プレミアムアウトレット)詣でをしている。

釣りはといえば…佐野絡みには管釣りが2つある。トラウトがメインの「加賀フィッシングエリア」と、バスがメインの「フィッシングパル佐野」だ。

佐野といえば佐野ラーメン! その1:らーめん大金

佐野ラーメンといえば、手打ちの超不規則ちぢれ麺と、透き通った醤油ベースの、いかにも「中華そば」然としたラーメン。メニューも基本、ラーメン、チャーシューメン、大盛り、餃子…と超シンプル。

らーめん大金の、ラーメンとチャーシューメン

老舗の名店は数あれど、ここは老舗で修行した職人が店を出した、ニュージェネレーションな店。だがしかし…地元ではトップクラスの人気を誇る!

ヤワ:コシの比率がコシ寄りで、歯ごたえを堪能できつつスープ絡まりまくる麺。優しい第一印象から、気づけば完飲させられること必至な旨みスッキリスープ(ノドが乾かない!) 佐野ラーメンのチャーシューは昔から脇役的なポジションだが、大金のチャーシューは…肉厚濃厚絶品なり。

食ったらパル佐野ことフィッシングパル佐野で爆釣間違い無し!(とってつけたような釣り感)

画像: これは5ヶver

これは5ヶver

また、大きめの手作り餃子も、最高のアシストに。餃子は5個と3個があり、お一人様でチョットだけ餃子食べたいときも躊躇無く頼める。もちろん具はギッシリで激美味。

取材時、ランチには中々気の利いたデザートも付いていた。小さなことかも知れないが、大金はそういった次世代らしい気の利いたサービスが嬉しい。

画像: 佐野といえば佐野ラーメン! その1:らーめん大金

ちなみに何十年も前から、人口比率的に異常な店舗数のラーメン屋が存在していた佐野。そのどれも、いわゆる佐野ラーメン。その事実が街おこしで「発掘」されるまで、市民はその異常事態に気づかなかったという…。

佐野といえば佐野ラーメン! その2:麺屋ようすけ

ここも取材で訪れたニュージェネレーション系。取材後、しばらくして『鉄腕DASH』にて店主が麺指導役で登場。元々人気のある店だったが更に人気が爆発…週末祝日は混雑を覚悟した方が良いです。

佐野にしては濃いダシを利かせた黄金スープ。麺はやはり特筆モノで、青竹打ちでコシを十二分に持たせた逸品。

またメニューのバリエーションも豊富で、トッピングやミニチャーシュー丼などもあり、地元民のローテから外れないのも分かる逸材揃いの布陣。

チャーシューは、見ての通り歯ごたえとトロ感を同時に味わえ、まさに至福。体言止めを乱発してでも伝えたい、この旨さ…! 食ったら多々良沼で爆釣間違い無し!(続・とってつけたような釣り感)

画像: 佐野といえば佐野ラーメン! その2:麺屋ようすけ

ちなみに、店舗で手打ちしてないからといって、侮れないのが佐野ラーメン。この店は製麺所から麺を仕入れている…といっても、屈強な麺職人たちズラリと打ち場に並び、おのおのが店舗ごとの超絶細かい指示に従い、毎日黙々と麺を打っているらしい。

ちなみにちなみに、冷やし中華やっている店もあります。

ここはガラパゴスかッ! Z級佐野グルメワールド

ポスト佐野ラーメンとして、市を上げてプッシュしているのが、いもフライ。乱暴に言うと、茹でたジャガイモを3〜4つ切りし、串カツ的にに仕立てたものだ。かなりロー(Low)なジャンクフードだと思う…。

画像: 店でソースにドブ漬けしてくれる。ソースもまた、地モノの佐野銘物…フルーツソース

店でソースにドブ漬けしてくれる。ソースもまた、地モノの佐野銘物…フルーツソース

また佐野には、茹でた大根を超細切りにして、ざるそばに載せた「大根そば」や、色付き寒天ゼリーに黒蜜をかけて食べる「カンロ」などが存在しており…。佐野にしかない、そんなに自慢できるか?的な逸品・迷品が溢れているのです…。

はっきり言って、佐野ラーメンだってまあまあジャンクなB級グルメよ?

これがカンロ。寒天ゼリーは無味無臭。ほぼ想像通りの味。

では…おのおのぬかりなく…次号ルアマガのセンドウ連載を待たれい!

1/26発売ルアーマガジン3月号は、センドウ兄弟連載も掲載! 

気になるテーマは…北関東管釣り連盟ッ!? 佐野の釣り&グルメもバッチリ触れつつ、北関東を無法行脚! 

担当もザ☆プロからsigeにバトンタッチ…内容もニュージェネ化だ!!! 犬伏の別れ×新町薬師堂@佐野も4649!(真田丸)

画像: また食ってら…

また食ってら…


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.