Fショーがらみの自社告知記事だけではアレなので。

ルアマガソルト編集部ネコ人間としてではなく、業界の片隅に生息するスモールマウスアングラーとして、個人的にチェックしておきたい見所をザザザっと紹介しておきます。

まず、そもそもスモールマウスバスは限られた水域に生息しますので、市場規模もラージマウスほど大きくありません。なのであんまり専門タックルってないんですよね。

細かいことはノーコメントな!

[AD]

スモールといえばティムコ。

というわけでまずはティムコです。

かなり以前から、スモール対応のロッドやルアーをリリースしてくれてます。スタッフの方々に野尻湖や檜原湖に精通した方が多く、信頼度も高いです。

というわけで、まず最注目はあのミドストSPが遂に復活するフェンウィック・エイシス。

下北山レジェンド山岡計文プロが完全監修ということですから、期待大。せっかくのショーです。直接ご本人にアタックすると、良いミドスト話が聞けると思います。

ルアマガモバイルでお馴染みの長谷川武宏ガイドもいらっしゃいます。

地味ですがコイツ↓は気になります。回転しないイモグラブってところですかね。フォールスピードとか、確認できると嬉しいんですが。

それからこのリングワーム。

ワザワザボディ中央にくびれをつくるなんて、なにやらヒミツが隠れてそうですよ。

半分にカットしたらよさそうとか、最初から考えちゃダメですよ? 

ハズしちゃイケない、DAIWAとシマノで押さえるべきヤツはこちら

まずはDAIWAからセオリーです。軽量高性能でハイバリュー。コストパフォーマンスは最高です。

あと、ソルトネタで恐縮ですが、超軽量のアルミスプール&2BBラインローラーを搭載した月下美人AIRのライトライン特化性能もアツいと思います。1lb以下のエステルラインでも切れないようにって作ってありますからね!

今期のスティーズに追加される641MLFS-SMTは、ネコリグなどのライトゲーム用のようですが、カバー周りのムシパターンとかよさそうですけど、果たしてどうなのか。

あと、キングボルトのスペックはシャッドのドラッギング用ですよね。野尻湖的に。野尻湖にも詳しい川口組長はDAIWAかジャッカルブースにいらっしゃいます。

[AD]

シマノ編

スピニングはやっぱりニューコンプレックスCI4+ですね。

前作とどこが変わったのか要チェック。

ラピッドファイアドラグの効き具合とかね。

ルアーで言えば、ジジル70が気になります。

I字系のパイオニアである、山木一人プロにいろいろ教わりに行きましょう。

ジャッカルのスパイテールに注目!

津風呂湖での爆釣ムービーはご覧になりましたか?

スモールレイクとの共通点は、クリアーなワカサギレイクという点です。

会場で抽選販売するんだそうです。

ここからは足を運んでおきたいメーカー集です。

まずはピュア・フィッシング・ジャパン。

スモールアングラー的には外せない名作、マイクロクローラーを始め、このメーカーに足を向けて寝れない方は多いでしょう。

個人的には、レボのスピニングに注目してます。

意外と、ソルト用ガルプとか効果的なんですよね…(コッショリ)。

こちらはがまかつ。

シーズン中は野尻湖の住人となる、五十嵐誠プロもブースに常駐しているはず。昨年リリースされて激アツだった『スパット』などもありますし、今年もアツいアイテムがあるはず。

えーっとフックとかね。


[釣りPLUS]>> HOME


[AD]

This article is a sponsored article by
''.