ルアーマガジン本誌で最長期連載を誇る「菊元俊文のQ&A一刀両断」コーナーから、選り抜きの名回答をお届け。特に初心者にピッタリなクエスチョンを一刀両断!

今回のテーマは「冬の有効なリアクションバイトをマスターするコツ」です

画像: <きくもと・としふみ>’97初代JBワールドシリーズチャンピオン。元祖ビッグベイターにしてジグ番長の通り名でも知られるプロフェッショナルアングラー。エバーグリーンインターナショナルで、タックル開発やプロスタッフを統括するプロデューサーとしても活躍。

<きくもと・としふみ>’97初代JBワールドシリーズチャンピオン。元祖ビッグベイターにしてジグ番長の通り名でも知られるプロフェッショナルアングラー。エバーグリーンインターナショナルで、タックル開発やプロスタッフを統括するプロデューサーとしても活躍。

Q.冬のリアクションでの食わせ方にはどんなものがあるの?
A.スピードや動きの急激な変化でバスの本能を刺激する。

「リアクション(反射的に)バイトさせる方法は年間を通じて有効だ。そもそもバスがルアーにバイトするほとんどの要因がリアクションバイトであるとも言えるかもしれない(エサだ!食いたい!と思って食いに来るより、反射的に口を使って釣れるバスの方が多いと言うこと)。

その話はさておき、冬はバスがルアーを追う射程距離が短くなり、動作も鈍くなる傾向が強い。なので冬はリアクションバイトさせるやり方がより有効となる。

そもそもリアクションとはどういうことか? 目の前に急にボールが飛んで来たら、避けようとするか、手で払おうとする。ネコに猫じゃらしでおちょくると思わず手を出したり、飛び込んで来たりする。すなわちリアクションとは本能的に瞬間の動きをしてしまうということだ」

リアクションとは「バスに思わず口を使わせる」こと

「バスには手がないので、急に目の前に物体が現れたり、近くで見えていたモノが急に移動すると『思わず』口を使ってしまう。この『思わず口を使わせる』という動作をさせるのがリアクションバイトをさせるということだと理解してほしい。

具体的には、ジグでもクランクでも根掛かった状態でしつこく外す動作をして、その周辺にいるバスに気付かせる(引っかかる場所はバスがいる可能性が高い)。そして、ルアーが外れてビヨーンと早いスピードで動きが劇的に変化した瞬間、バスは思わず口を使う」

画像: 水中の障害物にラバージグやテキサスリグなどを半根かがり状態にして、ゆすることでバスを誘う。そこから急に外す動きで、バスのリアクションバイトを誘う。クランクなどでも応用可能だ。

水中の障害物にラバージグやテキサスリグなどを半根かがり状態にして、ゆすることでバスを誘う。そこから急に外す動きで、バスのリアクションバイトを誘う。クランクなどでも応用可能だ。

「メタルバイブなどのリフト&フォールもリフト時のブルブルブルッという強いバイブレーションとフォール時のヒラッというスライドフォールの動きの急激な変化。そして薄いメタルバイブは見た目も見る角度で平面に見えたり線状に見えたり、劇的に形とフラッシングが変化する。バスはこの劇的な変化に思わず口を使う」

画像: 冬のリアクションの釣りの定番とも言えるのがメタルバイブレーションのリフト&フォール。ロッドでしゃくりあげて沈める動きの繰り返しによる、動きの強弱でバスにスイッチを入れる。

冬のリアクションの釣りの定番とも言えるのがメタルバイブレーションのリフト&フォール。ロッドでしゃくりあげて沈める動きの繰り返しによる、動きの強弱でバスにスイッチを入れる。

画像: リトルマックス(ヘビーウエイトチューンモデル)<エバーグリーンインターナショナル>

リトルマックス(ヘビーウエイトチューンモデル)<エバーグリーンインターナショナル>

「また、重いメタルジグは冬場は特に有効。基本的にベイトフィッシュの群れを魚探で探して直撃するのだが、イメージは魚群をメタルで散らしてバスにスイッチを入れ、逃げた群れに残っているメタルに思わず口を使わせる。軽いライトリグでCCベイトをスローに扱って喰わせに走るよりは遥かに効果的なことも多い。

同様に3/4オンス~1オンスクラスのフットボールなどもゆっくりとズル引いても岩などに軽く引っかかって、抜ける時の早いスピードでリアクションバイトを誘う。早く目の前に落として思わず口を使わせる基本的なリアクションバイト誘発法である」

バスは「急な」変化に激しく反応する

「止まっているものが急に早く逃げる」

「一定のスピードで動くものが急に動きを乱す」

「隠れていたものが急に目の前に現れる」

「バスはそんな「急な」変化にすこぶる弱い。ジャークベイトも左右に飛んで止まる。あるいは浮く。スピナーベイトもモノに当てればヒラを打って動きが変化しブレードがフラッシュする。この本能を刺激する変化を意識して行うのがリアクションバイト誘発のキーとなる」

画像: ジャークベイトなどの左右への大きく切れのある動きで誘い、そのあとのポーズやゆっくりとした浮上で食わすのもリアクションの釣りの一つ。冬場の釣りでは必ず覚えておこう。

ジャークベイトなどの左右への大きく切れのある動きで誘い、そのあとのポーズやゆっくりとした浮上で食わすのもリアクションの釣りの一つ。冬場の釣りでは必ず覚えておこう。

画像: スーパースレッジ<エバーグリーンインターナショナル>

スーパースレッジ<エバーグリーンインターナショナル>

「特に冬のリアクションバイト誘発のコツは低水温で動きたくても動けない射程範囲の狭いバスを意識しタイトに攻めること。スローに障害物をなめていても、そこに急激なスピードや動きの変化を入れること。根掛かりを上手く外すことを意識してほしい。

スローから早く。急激な動きから止める。

色々とやり方があるはずだ」

この記事はルアーマガジン2012年3月号に掲載された内容を元に再編集しています


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.