いわゆるショールームってやつです。

こんにちは。フィッシングショー大阪明けの2月8日(水曜日)からオープンとなった「シマノスクエア」に行ってきました。JR大阪駅・中央北口から歩いて数分で、グランフロント大阪が見えてきます。

画像: 何度も大阪に足を運んでますが、グランフロント大阪の存在を初めて知りました(笑)。

何度も大阪に足を運んでますが、グランフロント大阪の存在を初めて知りました(笑)。

写真の北館を通り抜けて南館の4階を目指せば、ガラス張りのショールームが。そこが今回の目的地、シマノスクエアです。

画像: ショールームなので、入場無料です。ご安心ください。

ショールームなので、入場無料です。ご安心ください。

シマノの釣具と自転車に関するディスプレイの数々

ステラが初代から最新型まで全モデル飾ってあったリ…。

初代ステラは1992年発売。俺が社会人になる前だ(笑)。

40年前に作られたベイトリールがあったり…。

サイドプレートに、スピードスプールって書いてありました。

釣りに関連した書籍や写真集があったり…。

画像: Basser誌のメインカメラマン、「ツルケン」さんこと津留崎健さんの写真集とご対面。久しくお会いしてないなぁ。

Basser誌のメインカメラマン、「ツルケン」さんこと津留崎健さんの写真集とご対面。久しくお会いしてないなぁ。

巨大スクリーンでイメージ動画が流れてたり…。

釣り&自転車のイメージ動画がえんえんと流れていました。周囲のパネルを眺めていくのも楽しかったです。

ツールドフランス優勝者のジャージが飾ってありました。

画像: ほかにもジャージが飾ってありましたが割愛。自転車の知識全然なくてすいません(笑)。

ほかにもジャージが飾ってありましたが割愛。自転車の知識全然なくてすいません(笑)。

で、どんなとこなのよ? と思う人も多いはずですが、こんなところです(笑)。

シマノ好きならフラッと遊びに行くのが◎

正直俺の経験上、ショールームって大半がそんなところです(笑)。カフェスペースでくつろぐもよし、シマノ釣具の歴史に思いをはせるもよし、自転車のディスプレイをボケーッと眺めるもよし。入場無料なので、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

フィッシングショー大阪でゲットした「バンタムマガジン」をシマノスクエアで読むってのも、シマノ愛が深まっていいかもですよ(笑)。

バンタムマガジン、おかげ様で大好評でした。キープキャストでもシマノブースで無料配布予定です。

This article is a sponsored article by
''.