「DAIWA党」のきっかけは並木敏成さんTV番組!?

今から20年くらい前に見た、DAIWAのTV番組「ザ・フィッシング」での並木敏成さんの八郎潟釣行。華麗にバスを釣り上げる並木さんの姿は、当時まだブラックバスを釣ったことのなかった私の脳裏に強烈に焼き付きました。

「かっこい〜! これがバスフィッシングなんだ! こういうバスフィッシングがしたい!」

それが僕のバスフィッシングの原体験となり、今、やっぱりDAIWAのリールばかりを好んで使っていますよ。

2017年もDAIWAからいろいろと注目のアイテムが登場するなか、ある新作ベイトリールが気になりました。

タトゥーラがコンパクト&SVスプール搭載で新登場!

そのリールとは、

タトゥーラSV TW !

●自重:200グラム●ギヤー比:6.3/7.3/8.1●最大ドラグ力:5キロ●ナイロン糸巻量:16ポンド40〜80メートル●ハンドル長さ:80ミリ●ベアリング(ボール/ローラー):6/1●価格:2万5900円(税抜き)●発売予定:2017年3月

先日のフィッシングショーで現物を見てきたのでレポートしますね。

もともとのタトゥーラシリーズは、新型Tウィングシステム(可動式のT字型レベルワインダー)が搭載されて、アメリカから逆輸入されるかたちで日本の市場に登場。その後、Tウィングシステムはジリオンシリーズにも搭載されて、ジリオンTWになりましたね。

画像: タトゥーラがコンパクト&SVスプール搭載で新登場!

これが可変式のレベルワインダー。ラインがスムースに出ていくのでキャスティング性能が向上。

手の中にしっかりとおさまるサイズがちょうどいい!

今回のタトゥーラSV TWは、タトゥーラにSVスプールが入っただけではありません。ボディはひとまわりコンパクトになり、ジリオンSV TWと同サイズになっています。

つまり、今までのタトゥーラより小さくなって、SVスプールが搭載されてより幅広いルアーが使えるようになったということです。

私はスティーズやSS-SVなどのコンパクト系と、ジリオンとタトゥーラのタフ系を両方使っているのですが、その中間サイズが欲しいなと思っていたところ。

画像: 手の中にしっかりとおさまるサイズがちょうどいい!

フィッシングショーのDAIWAブースで現物を触ってみると、カチッとした作りにスムースなスプール回転、手に収まるちょうどいいサイジングでかなりいい感じ。

DAIWAプロスタッフの東北の凄腕オカッパリアングラー・佐々木勝也クンにその使い心地を聞くと・・・

佐々木「すでに現場で使わせてもらっているんですが、中量級ルアーの使い心地は最高ですね。なんの不満もありません。この値段でこの性能は普通にお買い得ですよ。ぶっちゃけた話、ジリオンSV TWとほとんど差がないんじゃないでしょうか……」

と太鼓判。そうなんです、このタトゥーラSV TWは定価2万5900円(税抜き)。お店では1万円台後半で並ぶことが予想されます。

このコストパフォーマンスもタトゥーラシリーズの魅力ですよね。

となると、SVコンセプトが入った一番安いベイトリールが出ることになります。

「SV」って実際どうなの?って思っている人も試しやすい価格なんじゃないでしょうか。

タトゥーラSV TWの発売は3月。個人的にはもう購入不可避(笑)。

また購入したら、現場で使ってみた印象などを釣りPLUSでレポートしますね。

では!

画像: フィッシングショーで実際に見て購入を決意! 早く発売されないかなぁ〜。

フィッシングショーで実際に見て購入を決意! 早く発売されないかなぁ〜。

This article is a sponsored article by
''.