今回は東北フィールドでシーバスを求めて釣り歩く、DAIWAフィールドモニター及川太一(おいかわ・たいち)さんに提供してもらったシーバスの釣り場情報を公開!

水温10℃を超えたあたりが秋田シーバスのシーズンイン! 男鹿市脇本漁港がオススメ!

画像: サヨリが寄っているときの釣果! ヒットルアーはモアザン ガルバ73S(DAIWA)、ショアラインシャイナーSL125F、SL145F(DAIWA)など!

サヨリが寄っているときの釣果! ヒットルアーはモアザン ガルバ73S(DAIWA)、ショアラインシャイナーSL125F、SL145F(DAIWA)など!

3月に入り水温が上がるこの時期には、岸よりにエンピツサヨリ、アミ、コノシロが群れ始める。脇本漁港周りは早い時期から海藻が濃く、ベイトも豊富!

3つのオススメポイントでシーバスをGET!

画像: 3つのオススメポイントでシーバスをGET!

①脇本旧道(生鼻・おいばな) 。
海草・根が絡む好ポイント。水深はさほどないので、シャローランナー、シンキングペンシルで広範囲を探ると可能性大! マズメ時も狙い目!

②脇本漁港先端部
パッと見ると地形変化が乏しく感じる場所だが、漁港工事等により地形は複雑。居着き、回遊共に期待大。

[Point]
上の2か所は足場が高いため、ロングロッドが有効! また海草が濃いため、ある程度強引なファイトが必要とされる。

③堤防脇サーフ
ウェーディングで狙うポイント。 沖に根が入っていて、ベイトが豊富。狙い目はベタ凪ぎのナイトゲーム! アミ、サヨリが目視できれば粘ってみよう!

どうやってアクセスする?

画像: 国道101号、船川街道沿いの港。秋田市から男鹿方面に向かって行くと、生鼻トンネル手前に脇本漁港がある。駐車場所が少ないため、先行者がいた場合は無理な駐車はしないこと。マナーに注意して釣りを行なおう!

国道101号、船川街道沿いの港。秋田市から男鹿方面に向かって行くと、生鼻トンネル手前に脇本漁港がある。駐車場所が少ないため、先行者がいた場合は無理な駐車はしないこと。マナーに注意して釣りを行なおう!

及川さんオススメのタックルは?

釣行時のロッドはモアザンブランジーノ・AGS 1010M/ML (DAIWA)。リールはモアザンLBD 2510PE-SH(DAIWA)。

ラインはモアザン12ブレイド 27ポンド/1.2 号(DAIWA)、リーダーはモアザンリーダー・エクストリームTypeF 20lb(DAIWA)を使用!

ショアラインシャイナーSL125F(DAIWA)

画像: ショアラインシャイナーSL125F(DAIWA)

モアザン・テイルスラップ(DAIWA)

画像: モアザン・テイルスラップ(DAIWA)

釣りPLUSでは、これからも有望釣り場情報を紹介します。こちらのマップを要チェック!

画像: tsuri-plus.com
tsuri-plus.com

This article is a sponsored article by
''.