解禁日の聖地巡礼

長い禁漁期間を終え、2017年もいよいよ本格的なトラウトシーズンが開幕! ということで、編集部はさっそく3月1日のフィールドに繰り出してみた。

様々なフィールドの中から編集部がチョイスしたフィールドは神奈川県・芦ノ湖。同湖のルアーフィッシングの歴史は古く、長年通い続ける〝フリーク〟も少なくない。3月1日の解禁日には「芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁大会」も同時開催されるとあって、現地にはたくさんのアングラーたちが集結した。

画像: ボートフィッシングの場合は黄色いブイの周辺に集合し、漁協の「エアホーン」の合図で各自狙ったポイントを目指す。

ボートフィッシングの場合は黄色いブイの周辺に集合し、漁協の「エアホーン」の合図で各自狙ったポイントを目指す。

画像: 早朝に湖面を覆っていた霧も徐々に消え、富士山が顔を出した。

早朝に湖面を覆っていた霧も徐々に消え、富士山が顔を出した。

レインボートラウトの部優勝者は71センチの大物を釣り上げる!

71㎝のレインボートラウトをキャッチした伊藤聖之さん。芦ノ湖歴は15年ほどで、ハンドメイドミノーによる「ミノーイング」にこだわりルアーフィッシングを楽しんでいる。

解禁と同時に開催されたのが「芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁釣大会」。対象となる魚種の全長で競われるのだが、レインボートラウト60センチ以上、ブラウントラウト40センチ以上、サクラマス40センチ以上、イワナ40センチ以上、オオクチバス40センチ以上と検量基準が設けられている。ちなみに、レインボートラウト・ブラウントラウトはそれぞれ1位〜3位まで、その他の対象魚種は各1位のみ表彰された。

この日、2魚種の部門で入賞したのが伊藤聖之さん。レインボートラウトは71センチを釣り上げ優勝、ブラウントラウトは繰り上げとなったものの、3位という好成績であった。

「序盤は狙ったポイントに魚がいなくて苦戦しました。とにかく魚を見つけようといくつかポイントを回ってみたところ、九頭竜から防ヶ沢付近がよかったですね。時合もあったと思いますが、この周辺で優勝した71センチのニジマスもキャッチすることができました」

画像: 71センチを筆頭に、同等クラスのレインボーを2本、ブラウンを1本キャッチした伊藤さん。この他、検量サイズに満たない魚も多数釣り上げたそうだ。

71センチを筆頭に、同等クラスのレインボーを2本、ブラウンを1本キャッチした伊藤さん。この他、検量サイズに満たない魚も多数釣り上げたそうだ。

画像: 優勝魚を釣り上げた「ザンマイ・ファット85㎜」。普段の解禁は派手な色を使うことが多いそうだが、この日はややアピール抑えめのコパー(写真下)カラーが活躍したとのこと。

優勝魚を釣り上げた「ザンマイ・ファット85㎜」。普段の解禁は派手な色を使うことが多いそうだが、この日はややアピール抑えめのコパー(写真下)カラーが活躍したとのこと。

画像: 表彰式では、入賞者の表彰のほか、村田基さんによるトークショーや抽選会なども行われた。

表彰式では、入賞者の表彰のほか、村田基さんによるトークショーや抽選会なども行われた。

画像: 優勝トロフィーを手に、豪華賞品に囲まれご満悦の表情の伊藤さん。芦ノ湖歴15年の中で入賞したのは5年前のブラウントラウトの部2位以来だという。

優勝トロフィーを手に、豪華賞品に囲まれご満悦の表情の伊藤さん。芦ノ湖歴15年の中で入賞したのは5年前のブラウントラウトの部2位以来だという。

ルアーマガジンリバー2017年6月号では湖特集企画を予定!

2017年4月21日に発売される「ルアーマガジンリバー2017年6月号」では、第2特集として「湖攻略」を予定している。実は、今回はこちらの取材がメインであった。協力してくれたアングラーはザンマイのビルダー兼代表を務める小平豊さん。「芦ノ湖攻略〜ミノーイング編〜」について解説してもらったので、お楽しみに! 

画像: ルアーマガジンリバー2017年6月号で紹介予定の「ワカサギを意識したミノーイング」は必見です!

ルアーマガジンリバー2017年6月号で紹介予定の「ワカサギを意識したミノーイング」は必見です!

画像: tsuri-plus.com
tsuri-plus.com

This article is a sponsored article by
''.