表紙は青木大介さん。豊英ダム(千葉県)のでかバスは、ジョインテッドクロー178で捕獲されました。かなりコアな使い方をしているので要チェックです。

画像: ジョイクロのカラーは「長谷川ピンク」。青木さんがこのカラーを選んだ理由もさすがの一言。

ジョイクロのカラーは「長谷川ピンク」。青木さんがこのカラーを選んだ理由もさすがの一言。

香川県の野池で行われた水野浩聡さんのロケ当日、水たまりが凍ってました。もちろん気温はひとケタ、水温は6度台。

そんな極限の状況下で活躍するのが、デラクーをはじめとするメタルルアー。しかも3/4オンスや1オンスというヘビー級が今年の目玉です。使い方のキモは本誌をどうぞ。

画像: 生き物大好きな水野さんは、「網」を使った野池の遊び方も紹介してくれました。寒くても楽しみ方は色々とありますよ。

生き物大好きな水野さんは、「網」を使った野池の遊び方も紹介してくれました。寒くても楽しみ方は色々とありますよ。

山木一人さんが魂を込めて生み出したバンタムのパブロシャッド。極寒の霞ケ浦水系で、見事良型をキャッチしました。その使い方のキモやカラーへのこだわり、そしてタックルセレクトを詳しく説明してくれました。

画像: 山木さんといえばシャッド、シャッドといえば山木さん。そんな彼が手掛けたパブロシャッドの秘密を大公開。

山木さんといえばシャッド、シャッドといえば山木さん。そんな彼が手掛けたパブロシャッドの秘密を大公開。

川村光大郎さん、金森隆志さん、青木大介さん。彼らは全員「アングラー」にして「社長」という存在。3人が考えていること、伝えたいことをお届けします。かなり読み応えのある記事です。

画像: 釣りシーンが一切ない記事ってのもたまにはよろしいかと。三者三様の言葉が詰まっています。

釣りシーンが一切ない記事ってのもたまにはよろしいかと。三者三様の言葉が詰まっています。

画像: 木村さんは現在B.A.S.S.トーナメントに参戦すべく渡米中。まずは3月2~4日、ド中南部のミズーリ州テーブルロックレイクで開催されるセントラルオープンです。頑張れキムケン!

木村さんは現在B.A.S.S.トーナメントに参戦すべく渡米中。まずは3月2~4日、ド中南部のミズーリ州テーブルロックレイクで開催されるセントラルオープンです。頑張れキムケン! 

画像: ルアーマガジン2017年4月号発売中!「早春バス釣り実釣ハウツー&読み応え満点の座談会もあるよ」ふろくDVDは【キムケン岸釣り劇場】

This article is a sponsored article by
''.