「釣具のポイント」http://www.point-i.jp/ 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」。釣具店店員だからこそ伝えられる、鮮度抜群の情報&ハウツー、そしてマル秘ネタ?まで盛り沢山のブログ記事を、釣りPLUSでご紹介するシリーズ連載スタート。今回はポイント呉警固屋店(広島)の店長大谷さんが登場!

ポイント呉警固屋店 店長<大谷寿弥さん>「ルアー・エサ釣り問わず食べて美味しい魚を年中追い続けています。堤防からの釣りがメインですが、船釣りも大好き。お店にお越しの際はお気軽にお声掛け下さい。

広島名産「カキ」イカダに乗ってクロダイを狙う!

みなさま!こんにちは!ポイント呉警固屋店店長の大谷です。

今回は、カキイカダからのフカセ釣りに行ってきました。ここ最近注目されている釣りです!!

牡蠣の生産量が日本一の広島県では、養殖が盛んに行われており、あちらこちらに牡蠣の養殖イカダが浮かんでいます。イカダから牡蠣を水中に垂らしているので、その牡蠣に付いた虫などが海底に落ちる為、チヌがイカダに下には無数に生息しています!!

この時期は水温が下がり、チヌの喰いが非常に悪いのですが、イカダから狙えば、1日に2ケタも夢ではありません。

複雑な2枚潮を読んで仕掛けを流すとかすかなアタリ

この日は、潮通しの良い早瀬の瀬戸付近のイカダにあげてもらいました。

初めての場所なので、まずは水深を測ります。足元で23メートルほど。チヌの数は多くても季節はまだ厳寒期。しっかりと撒き餌をうってチヌを集めます。

仕掛けは釣研の「ツインフォース深攻1号」を使用します。

水深があり一気に仕掛を沈め、底付近を中心に狙います。水深がある為、2枚潮、3枚潮は当たり前!! この日も2枚潮になっており、上ウキが先行していた為、ガン玉の打つ場所を変え、サシエ先行になる様に調整します。

仕掛けを張り気味にして流していると、微かなアタリが!

竿先でアタリをききながら少し送り込んでからアワセを入れると、しっかりとした重量感が伝わってきます!

画像1: 複雑な2枚潮を読んで仕掛けを流すとかすかなアタリ

牡蠣イカダに潜り込まれないように、やりとりを重ねます。

まず1尾目!!

画像2: 複雑な2枚潮を読んで仕掛けを流すとかすかなアタリ

40センチぐらいのチヌです。この1尾を釣ったことでカンを取り戻し、次々にチヌを掛けていきます。

そんな中、今までよりは重量感のあるチヌがヒットします!

底を切るのに時間が掛りましたが、底をきってからは竿の弾力を活かし魚を浮かせていきます!!

48センチのチヌです。

画像: このサイズが釣れると非常に面白いです!!

このサイズが釣れると非常に面白いです!!

少し仕掛の落とす位置を変え、さらに大きなサイズを狙ってみます。

するとすぐにアタリが!

アワセを入れると先程の48センチよりも強い重量感が伝わってきます!

なかなか底を切る事が出来ず、普段はレバーを使わずやりとりを行うのですが、これは無理だと感じレバーを使って糸を出します。

ようやく底を切る事ができ、無理をせずに魚を浮かせてきます!!

画像3: 複雑な2枚潮を読んで仕掛けを流すとかすかなアタリ

重量感たっぷりの50.5センチのチヌです!!

クロダイに満足したら次に狙うのは…

ここまでは順調にチヌを釣り上げる事ができたので、どうしても欲が出てきます!!

そうだ!!真鯛を狙ってみよう!!!

中層ぐらいからウキごと沈め、仕掛けを流れに乗せて送り込んでいきます。念の為、道糸とハリスの号数を上げておきます!!

しかし、思い通りにはいかず、期待とは裏腹に潮が緩んでいきます。。。。撒き餌もほぼ真下に沈んでいき、沈黙モード。

納竿まであと30分。祈りが通じたのか、徐々に潮が流れはじめます!!

納竿時間まで10分を切り、最後の1投!

すると、底から10メートル付近で道糸が一気に入ります。重量は無いものの、チヌとは違ったヒキが!

画像1: クロダイに満足したら次に狙うのは…

最後の最後で30センチの真鯛が釣れました!

画像2: クロダイに満足したら次に狙うのは…

小ぶりですが、狙い通り真鯛をGET!

画像: これがこの日のキープ分!!!

これがこの日のキープ分!!!

真面目にチヌだけを狙えば軽く2ケタは釣れる状況でした。

この時期のイカダで釣れるチヌは食味も抜群です♪

地域限定での釣りにはなりますが、皆様も機会があればぜひ狙ってみて下さい!!

ポイント呉警固屋店の店長大谷さんは地元広島出身で、「大の釣り好き!」。つまり、このエリアの釣りならなんでもおまかせのエキスパート。季節にあわせたベストの釣り物に関するアドバイスをくれるはず。もちろん、店舗スタッフも「全員釣り大好き!」。店舗ブログではスタッフの楽しい釣行レポート満載。こちらもチェックです!


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.