「釣具のポイント」http://www.point-i.jp/ 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」。釣具店店員だからこそ伝えられる、鮮度抜群の情報&ハウツー、そしてマル秘ネタ?まで盛り沢山のブログ記事を、釣りPLUSでご紹介するシリーズ連載。

今回はポイント行橋苅田店(福岡)のフィッシングマイスター永松さんが登場!

画像: ポイント行橋苅田店<永松さん>「渓流からオフショアまでエサ・ルアー問わず幅広く魚を狙っています。釣果より釣行主義で、釣れなくてもフィッシングライフを楽しんでいます。好きな食べ物は地元の中津からあげ」

ポイント行橋苅田店<永松さん>「渓流からオフショアまでエサ・ルアー問わず幅広く魚を狙っています。釣果より釣行主義で、釣れなくてもフィッシングライフを楽しんでいます。好きな食べ物は地元の中津からあげ」

2017年の渓流シーズン解禁!

こんにちは、行橋苅田店の永松です。

今回は解禁直後の渓流釣行です。

まずは近場の渓流にと思いましたが、この日は朝から暴風だったので風が弱くなり始めた午後に出発しました。私は源流域や川幅の狭い場所が好みです。

画像: 2017年の渓流シーズン解禁!

キャストコントロールの腕が試されるのが良いですね。こんな川を下流から登りながら釣って行きます。

エサ釣りを考えていましたが、風が強かったのでルアーで勝負。使ったルアーはコチラ。

リュウキ(デュオ)

D-コンタクト(スミス)

この日の状況は天候が良い訳ではなく、時折ラインが風にあおられてうまく流せなかったりして苦戦。しかも誰かに小石を投げつけられているのかと思ったら、雹が強烈に降り始めその痛さで散々でした。

しかし、ここなら出そうと思った場所でチェイスがあったり、ヒットがあったりで楽しめました。

釣れたヤマメたちです。

ちょっと精悍な顔つきではなかったですが、短時間で今年の渓流シーズンをスタートすることができました。

本流狙いで熊本・球磨川水系にも遠征!

別の日に、続いて熊本へ!

今回は熊本県球磨川水系へ遠征です。水量のある本流域から入渓しました。

やはりいつも行っている河川より川幅も水量も格段に上で、流れもトルクがありますね。

こちらで使用したルアー達です。いつものリュウキにシルバークリークミノー。

リュウキ(デュオ)

シルバークリークミノー(DAIWA)

大型のヤマメがいるかもしれないので、ラインはナイロン3.5ポンドに6ポンドのフロロを1ヒロ結束。

まずは浅瀬のいかにもというポイントにルアーを通して行きます。しかし反応なし。解禁直後でまだ流れのキツイ場所には差して来てないようで、地元の渓流なら出てもおかしくないポイントが不発

ちょっと焦ります。

そして浅瀬がダメなら、水深がある本流を攻めてみることに。

画像: 水深、水量のある本流域を狙う

水深、水量のある本流域を狙う

ルアーはシルバークリークミノーの赤金。アップクロスでラインが流れに引っ張られないように、水を切りながらトゥイッチさせました。

そして待ちに待ったアタリが!

大きな岩で出来たヨレの中をルアーが通過した瞬間、良型のヤマメが飛び出して来ました。ヒットの瞬間が丸見えでした。

そのヤマメがこちら!

画像: 尺上の幅も厚みもあるナイスサイズ。

尺上の幅も厚みもあるナイスサイズ。

画像: ちょっと興奮してしまいました。

ちょっと興奮してしまいました。

その後は大好きな源流域に入渓。

画像: 本流狙いで熊本・球磨川水系にも遠征!

しかし、流石に良さそうな渓流だけあって真新しい足跡があって、魚の反応も殆ど無く・・・。最後のポイントでも、魚影は沢山あるのにルアーに少しだけ反応してくれるだけ。

それでも良い魚が獲れたので満足な1日でした。

まだまだ始まったばかりの渓流。これから水温や雨などの影響で渓魚の活性も上がって来ます。

マイナスイオンたっぷりの渓流に出掛けましょう!

「フィッシングマイスター」でもある永松さんは、釣魚の知識も豊富。旬のターゲットからオススメの釣り方、道具選びまで売り場で直接聞けば、きっとチカラになってくれるハズだ。さらに「ハイカロリー」な料理ネタで話題の「ポイント行橋苅田店」ブログもチェックして欲しい!


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.