みんな大好き「サバ味噌煮」のアレンジ版

いつもは郷土料理だのなんの言ってますが、今回は全くの我流です。

味噌のかわりにコチュジャンをベースにしたサバ味噌煮。

コチュジャンには、すでに甘めの味噌味がついていて香辛料も入っているので、味付け・臭い消しの手間が省けます。しかも通常のサバ味噌煮にアレンジが加わるという一石三鳥の優れものです。

材料&調味料(基本ざっくりで大丈夫)

画像1: 材料&調味料(基本ざっくりで大丈夫)

材料・・・サバ、長ネギ、豆腐、コチュジャン、キムチ鍋の素、酒、水。甘めが好きならミリンで調整。しょっぱめが好きなら醤油で調整。

はい、こんな感じで食べやすいサイズに材料をカットしてください。

画像: めんどくさければ豆腐・長ネギなしでもいいですよ

めんどくさければ豆腐・長ネギなしでもいいですよ

フライパンに水と酒と醤油を入れてグラッと沸かします。

画像: もちろんフライパンでなくてもOK

もちろんフライパンでなくてもOK

材料を入れてひと煮立ちしたら、コチュジャン、キムチの素を加えて落としフタをして5~6分。

画像2: 材料&調味料(基本ざっくりで大丈夫)
画像: 落としブタ(アルミホイルで代用可)をすると煮汁が対流するので熱が加わりやすく、味もつきやすくなります。少ない煮汁で効率よく調理するコツです

落としブタ(アルミホイルで代用可)をすると煮汁が対流するので熱が加わりやすく、味もつきやすくなります。少ない煮汁で効率よく調理するコツです

弱火にして煮汁をスプーンですくって、材料にかけながら煮詰めていきます。

画像: ええ色になっちょる!!

ええ色になっちょる!!

青ネギや紅ショウガなんかをトッピングすると、味が引き締まります。

画像: できあがり!メシにも酒にもあいます。

できあがり!メシにも酒にもあいます。

コチュジャンを使う利点

甘辛い味のベースができているので、料理が不慣れの人にとっても便利な調味料なんです。ミリンや砂糖を足して甘めにするか、醤油を加えてしょっぱめにするかで調整するだけでOK。

香辛料も入ってるので臭み消しもかねてくれます。

味噌よりも溶けやすく、また水あめも加わってるのでとろみがつきやすく、煮詰める時間も短縮できて、素材に味がからみやすいんですね。

「味噌味噌しさ」が物足りないと思う人は仕上げに味噌を足してください。

ピリっと辛い、酒飲みにはたまらない味です。

辛いのがお好きな方は、鷹の爪をプラスしてもいいでしょう。

This article is a sponsored article by
''.