今回はnada.スタッフの相良記央(さがら・のりお)さんに提供してもらったシーバスの釣り場情報を公開! 東京湾へと流れる荒川がホームグラウンドで、日夜ランガンスタイルでシーバスをメインに狙う。春はメバルプラッギングも多め。

水深があり地形変化にも富んだ超有望スポット!若洲海浜公園がオススメ!

画像: 鉄板バイブで仕留めた良型! 東防波堤は水深があるためレンジを素早く刻める鉄板バイブがオススメ!

鉄板バイブで仕留めた良型! 東防波堤は水深があるためレンジを素早く刻める鉄板バイブがオススメ!

若洲海浜公園は、交通の便が良く、1日500円で496台停めることが出来る大型駐車場も完備され、売店やトイレ、バーベキュー広場等もあり人気の釣り場。

ポイントは入って直ぐにある東防波堤。オープンでとても広い釣り場。水深が約3~9メートルあり、ボトムの地形変化や潮目、ベイトに着いて回遊してくる魚が狙い目。

カタクチイワシの群れが回ってくれば、朝マヅメにかけてボイルすることもあり、シーバスが釣れるチャンスも大きくなる!

画像: 水深があり地形変化にも富んだ超有望スポット!若洲海浜公園がオススメ!

素早く探れる鉄板バイブブレード等が効果的で、ワームにも実績があり。カタクチイワシが入ってボイルが発生している場合、トップウォーターも効果的だ!

特に有望なポイントは堤防先端付近! 潮通しが良く水深も一番深いため、鉄板バイブやブレードで思わぬ良型も出たりするポイント。

お願い
近隣には住宅もあります。車の音や話し声に十分配慮し、ゴミのポイ捨てや駐車などマナーを守った釣りを心がけてください

どうやってアクセスする?

画像: 首都高速湾岸線新木場ランプより東京ヘリポート方向へ7分ほど南下すると若洲海浜公園へ至る。防波堤は6時~21時までなので注意! 取り込み時は5mのタモが必要。また、安全のためライフジャケットを身につけよう!

首都高速湾岸線新木場ランプより東京ヘリポート方向へ7分ほど南下すると若洲海浜公園へ至る。防波堤は6時~21時までなので注意! 取り込み時は5mのタモが必要。また、安全のためライフジャケットを身につけよう!

相良さんオススメのタックルは?

ロッドはND962ML(nada.)を使用。リールはセルテートPE-2510R(DAIWA)。ラインはPE0.6~0.8号、リーダーは16ポンド。比較的障害物が少ないため号数を落としていっても大丈夫だが、結び目はこまめにチェックして、ラインに傷がちょっとでも入れば結び直そう。

スパロー(nada.)

全長・重量:60mm(10g、14g)、74mm(20g、26g)、100mm(30g)、価格(税別):10g/850円、14g/860円、20g/880円、26g/900円、30g/980円

nadajapan.com

CA-01アルカリ(コアマン)

画像: 全長:83mm、価格(税別):800円(1袋6本入) www.coreman.jp

全長:83mm、価格(税別):800円(1袋6本入)

www.coreman.jp

ルアーマガジン・ソルトでは日本全国の陸っぱりポイントを毎号紹介!

現在発売中のルアーマガジン・ソルト5月号では、今回ご紹介した東京湾のポイントをはじめ、日本全国のソルトゲームで有望な陸っぱりポイントを公開している。

オススメスポットを紹介してくれるのは、各地のエキスパートばかり! アナタの近くにも爆釣ポイントがあるかも!? ぜひ誌面でチェックしてください!

釣りPLUSでは、これからも有望釣り場情報を紹介します。こちらのマップを要チェック!


[釣りPLUS]>> HOME



This article is a sponsored article by
''.