ルアーマガジン誌上でも詳報してきたNEWファンタジスタが、いよいよデリバリーを開始しました。ブランクスの素材と製法を刷新し、劇的な軽量化と強靭化を達成! 強度を平均48%向上しつつ、平均21%の軽量化も実現しています。ルアーマガジン4月号と5月号では、開発者視点の情熱やプロデュースしたトッププロのこだわりをご紹介してきました。

ここでは、「でも、それって実際のところどんなフィーリング?」「買い換える価値はホントにあるの⁉」 と思った皆さんのために、「一般ユーザー」の生の声を中心にお伝えします。

完全フルモデルチェンジ! 軽くて強い100%カーボンの新ブランクス

画像: 「Triarchy Force製法」(トライアーキー・フォース製法)

「Triarchy Force製法」(トライアーキー・フォース製法)

まずは、あらためてNEWファンタジスタの注目ポイントをおさらい。大きな変化点は、何と言ってもブランクスです。新たに採用されたCPCブランクスのプリプレグには、一般的に補強の目的で用いられるガラス繊維が一切使われていません。

縦横2軸の繊維方向を持つ100%カーボンをベースに、倍の密度で巻き上げることにより軽量でネジレやツブレ方向の負荷にも強いブランクスに仕上げています。製法やテーパーデザインについても、独自の新技術「TAF製法」(タフ製法)を惜しみなく導入。

最先端のパーツや素材で完全武装。デザインもより洗練された

ガイドは新ブランクスの特性を引き出す「チタンフレーム+トルザイトリング」を搭載し、機種ごとにセッティングを最適化。ブランクスにはナノカーボンも採用し、ベイトモデルのグリップは富士工業とのコラボによって新規に開発した高剛性かつ軽量なABUオリジナルリールシート。ベイトフィネスモデルのグリップは、「C6カーボン」を採用した機種ごとに設計した完全オリジナルの仕様です。

画像: ガイドはチタンフレーム+トルザイトリングで、機種ごとにベストセッティング。ブランクスのマテリアルには、東レのナノアロイ®テクノロジーも採用されています。

ガイドはチタンフレーム+トルザイトリングで、機種ごとにベストセッティング。ブランクスのマテリアルには、東レのナノアロイ®テクノロジーも採用されています。

画像: リールシートは、富士工業とのコラボモデル。ベイトフィネスモデルのオリジナルリールシートは、軽量かつ高剛性な「C6カーボン」製。写真は「ディーズFNC-66L+」。

リールシートは、富士工業とのコラボモデル。ベイトフィネスモデルのオリジナルリールシートは、軽量かつ高剛性な「C6カーボン」製。写真は「ディーズFNC-66L+」。

個性的かつゴージャスなデザインだった前作に比べると、シンプルで洗練されたイメージ。各シリーズを越えて使い分けても、違和感がない統一感のあるコスメ。

「一般ユーザーの視点」でファーストインプレッション!

ここからは、NEWファンタジスタの体感レポートをご紹介します。

レビュアーは、一般アングラーの上原龍一さん。大阪府出身で、淀川などをホームとする陸っぱりアングラーです。トッププロがトーナメントで駆使する「武器」でもあるNEWファンタジスタ。

画像: 左はNEWファンタジスタの開発を統括したピュア・フィッシング・ジャパンの清水智一さん。ソルトのアングラーには「トモ清水」の愛称でもお馴染みですね。右がインプレをしてくれた一般ユーザー代表、上原龍一さん

左はNEWファンタジスタの開発を統括したピュア・フィッシング・ジャパンの清水智一さん。ソルトのアングラーには「トモ清水」の愛称でもお馴染みですね。右がインプレをしてくれた一般ユーザー代表、上原龍一さん

画像: 横浜で1月下旬に開催された「ジャパンフィッシングショー2017」のピュア・フィッシング・ジャパンブースでインプレを実施

横浜で1月下旬に開催された「ジャパンフィッシングショー2017」のピュア・フィッシング・ジャパンブースでインプレを実施

先鋭的すぎて一般アングラーには使いこなせないのか…? 本当に軽く、強くなってるの? 新旧同番手のモデルを比較する形で、いざインプレスタート!

画像: 比較モデルは、右のNEWファンタジスタ「ヤバイFNS-62SULS」と左の前作「ヤバイFYNS-60SULS MGS」。2インチ長くなっているにもかかわらず、16グラムもの軽量化を達成しています。

比較モデルは、右のNEWファンタジスタ「ヤバイFNS-62SULS」と左の前作「ヤバイFYNS-60SULS MGS」。2インチ長くなっているにもかかわらず、16グラムもの軽量化を達成しています。

「思わず笑ってしまうほど、本当に軽くて強いですね」(上原さん)

画像: 「思わず笑ってしまうほど、本当に軽くて強いですね」(上原さん)

清水「まずは、新旧のモデルを同時に持ってみてください」
上原さん「……か、軽い。全然違いますね! 何と言うか、ティップ側が自然に浮き上がるような感覚です。前作も重くはないんですけど、同時に持ち比べてみると明らかに新作は軽いです」
清水「NEWファンタジスタは、ガラス繊維を使用しないピュアカーボンのCPCブランクス。軽さの大きな要因です」。
上原さん「普段はクリアな池で警戒心の強いバスを相手に釣りをすることが多いので、繊細なロッドが必要不可欠なんです。軽さは、感度に直結しますからね。このロッドなら、ちょっと深い場所を軽量なダウンショットリグで丁寧に攻めるときにもバッチリだと思います。でも、これだけ軽いと、正直、強度の面がちょっと不安ですよね」。

画像: 重量約63グラムの「ヤバイFNS-62SULS」で重量約2キログラムのペットボトルを楽々リフトアップ!

重量約63グラムの「ヤバイFNS-62SULS」で重量約2キログラムのペットボトルを楽々リフトアップ!

清水「ご心配なく。強さもNEWファンタジスタの特徴のひとつです。CPCブランクスは、軽くて強いピュアカーボンを従来の倍の密度で巻き上げています。2キロのペットボトルも余裕でリフトできますよ」
上原さん「……!! 一見すると繊細で折れそうのに、持ち上げても全然怖くない。もう、あまりにも衝撃的で、笑えてしまうレベル(笑)。良い意味で、軽さと強さにギャップがありすぎるというか…」

清水「これまでの繊細なロッドは折れてしまうリスクが高く、取り扱いに慣れているトッププロしか使いこなせなかったイメージもありましたが、NEWファンタジスタは誰にでも「普通」にお使いいただけると思います。」
上原さん「たしかに、破損を気にせず扱えそうです。ところで、最近の一般的なロッドは4軸とか6軸が主流ですよね。このロッドも同じような仕様ですか?」

清水「一般的な多軸系のロッドは、外周などに補強材としてクロスシートを巻きつける手法で軸数を増やしています。NEWファンタジスタのCPCブランクスは、メインマテリアル自体が縦横2軸の繊維方向をもつピュアカーボンを採用しているため、ネジレやツブレ方向の負荷に強く、重量増の原因となる補強材を使って多軸化する必要がないんですよ」
上原さん「だから、軽くてシャープなんですね。デザインもシンプルで良いですよ。他のモデルも含めて、早く実際に使ってみたいです!」

5シリーズ、全10機種が先行リリース!

画像: ファンタジスタの既存ラインナップは、順次CPCブランクスを採用したNEWファンタジスタにモデルチェンジを予定しています。2017年に先行してリリースされるのは、5ブランド全10機種。

ファンタジスタの既存ラインナップは、順次CPCブランクスを採用したNEWファンタジスタにモデルチェンジを予定しています。2017年に先行してリリースされるのは、5ブランド全10機種。

画像: 河辺裕和さんがプロデュースする「ヤバイ」をはじめ、成田紀明さんの「レジスタ」、小森嗣彦さんの「スチュディオス」、青木大介さんの「ディーズ」、国保誠さんの「エックスグレイブ」から各2機種が登場。まずは店頭で実際に手に取り、その驚異的な軽さを体感することを強くオススメします!

河辺裕和さんがプロデュースする「ヤバイ」をはじめ、成田紀明さんの「レジスタ」、小森嗣彦さんの「スチュディオス」、青木大介さんの「ディーズ」、国保誠さんの「エックスグレイブ」から各2機種が登場。まずは店頭で実際に手に取り、その驚異的な軽さを体感することを強くオススメします!


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.