アングラーの闘志に火を付ける伝説の管理釣り場!

埼玉県・朝霞ガーデン。

このエリアには、ボトムまでキレイに見渡せる超クリアウォーターのポンドが存在している。しかも放流量が多く、いつ訪れてもポンド内には、悠然と泳ぐ大量のトラウトを視認することができる。

トラウトの数も多い…。水質も抜群…。だからこそ、ルアーを投げればすぐに釣れる…。初めて訪れたアングラーは誰でもそう思う。それほど朝霞ガーデンのコンディションは見事に調整されている。

画像: アングラーの闘志に火を付ける伝説の管理釣り場!

だが、朝霞ガーデンのクリアウォーターポンドほど、見た目と現実にギャップがあるエリアも珍しいと言える。

そうなのだ、ここのトラウトたちは一筋縄にはいかない。魚は確実に居る、しかも大量に。その上、水質もいい…。魚のコンディションも抜群だ。だが、イメージ通りには釣れない。そんな現実が、アングラーの闘志に火を付ける。

そうなのだ、朝霞ガーデンは数多くの超人的エリアアングラーを育て上げた、伝説の管理釣り場として知られている。

その代表格がノリーズプロスタッフの井上太一さん。

画像: いのうえ・たいち ノリーズプロスタッフ。埼玉県・朝霞ガーデンにてエリアゲームの基礎を修行。表層マイクロスプーンの日本屈指の使い手である。ミリ単位のレンジコトンロールを駆使した、繊細にして緻密な釣りに定評がある。斬新な発想力と卓越した技術力で、釣れないと言われた末期状態!?のトラウトを釣るアングラーとして知られている。

いのうえ・たいち ノリーズプロスタッフ。埼玉県・朝霞ガーデンにてエリアゲームの基礎を修行。表層マイクロスプーンの日本屈指の使い手である。ミリ単位のレンジコトンロールを駆使した、繊細にして緻密な釣りに定評がある。斬新な発想力と卓越した技術力で、釣れないと言われた末期状態!?のトラウトを釣るアングラーとして知られている。

クリアウォーターで繰り広げられる究極のエリアゲーム

クリアウォーターという条件は、キャストしたルアーに対するトラウトの反応を、アングラー側がダイレクトに確認できる。だが、トラウト側にとってもルアーの詳細情報を把握しやすい条件といえる。

画像: 井上太一さんのホームである朝霞ガーデン。超クリアポンド以外にも、マッディ系ポンドも存在している。マッディ系ポンドはビギナーでも比較的釣りやすい。

井上太一さんのホームである朝霞ガーデン。超クリアポンド以外にも、マッディ系ポンドも存在している。マッディ系ポンドはビギナーでも比較的釣りやすい。

魚を釣りたい「アングラー」。そして、釣られたくない「魚」。その二者が持ち得る限りの情報を開示した上で「釣る」「釣られる」の極限のゲームを展開するのが、クリアウォーター(サイトゲーム)におけるエリアゲームの神髄なのだ。

そこには、「ミリ」「感覚」「イメージ」という言葉が頻繁に登場する。エリアゲームのひとつの極限世界なのである。

そして、その極限世界こそが、井上太一さんが得意とするスタイルなのだ。

トラウトの単位を体内に宿した男…井上太一

例えば、体長20センチのトラウトの体高はどれくらいあるだろうか? 個体差はあるが、おそらく数センチ程度と予測できる。

その、体高数センチのトラウトが定位している目の前に、リトリーブ中のマイクロスプーン(アンダー1グラムのスプーン)が登場したとして、そのスプーンが上下のどちらかの方向に3ミリ動いたと仮定する。

その動きは、体高数センチのトラウトにとっては、明確な変化として捉えられる。その変化が「吉」と出るときもあれば「凶」と出るときもある。

簡単に言うと、井上さんはその数ミリの動きをコントロールして、極限状態のトラウトと対自しているのだ。

井上さんの体内メモリは、人間界のメモリではなく、トラウト基準のメモリに無意識に置き換えられている。そのため井上さんの釣りには「ミリ」という単位が頻繁に登場する。

画像: 井上太一さんの繊細な釣りを支えているメインスプーン『鱒玄人ウィーパー(ノリーズ)』。写真は0.6グラム。この他に0.9グラム、1.5グラムがある。

井上太一さんの繊細な釣りを支えているメインスプーン『鱒玄人ウィーパー(ノリーズ)』。写真は0.6グラム。この他に0.9グラム、1.5グラムがある。

ルアーの動きを見続けた結果、何をしても口を使ってくれないトラウトに口を使わせるとき、イレギュラーな動きが「数センチ」という単位では刺激が強すぎることがある。

人間から見たら、変化がほぼ把握できない数ミリ単位の動きの変化…。その単位だからこそトラウトの警戒心に抵触することなく、かつ一瞬だけ、トラウトにスイッチを入れることが可能となる。そうした一瞬を見逃さずにフッキングに繋げる。それが井上さんの得意な釣りスタイルなのだ。

画像: さらにもうひとつ、スレ切ったトラウトに口を使わせる究極の「喰わせ系」スプーン『ティーチ0.5グラム(ノリーズ)』。こちらも井上さんの繊細な釣りを支えている重要なスプーン。

さらにもうひとつ、スレ切ったトラウトに口を使わせる究極の「喰わせ系」スプーン『ティーチ0.5グラム(ノリーズ)』。こちらも井上さんの繊細な釣りを支えている重要なスプーン。

では…具体的にラインで繋がった、数メートル先をゆっくりと泳ぐマイクロスプーンの軌道を数ミリ変えるために、アングラー側にできることは何か? もちろん、視覚で確認できるほどロッドティップを上下させてしまうと、当然のようにミリという単位はコントロールできない。その段階で単位はセンチに昇格してしまう。

井上さんは自分でも現実的にミリ単位のレンジをコトンロールできているのか? という確信はないという。

そのレベルの繊細なコントロールはイメージと連結していることが多いという。イメージの中で数ミリ下げる。その結果として体が無意識にシンクロして、結果として数メートル先のマイクロスプーンに何らかの影響を及ぼす。そして、その瞬間にフッキングに至る。

画像: 精密なリトリーブ技術が井上さんの釣りを支えている。

精密なリトリーブ技術が井上さんの釣りを支えている。

今まで口を使わなかったトラウトが口を使う現実。さらに、一般のアングラーにはなかなか釣れないトラウトが、井上さんだけに釣れる現実。

そして、その裏側が井上さんの膨大な経験に裏付けされたイメージに支えられている現実。

それこそが、サイトの表層ゲームの究極の到達点のひとつかも知れない。

ちなみに、これらの繊細な井上さんのゲームは。水面直下~約3センチ。そして、リトリーブ距離にして約15センチ以内というミニマムな世界で完結していることが多い。

つまり「15センチ以上の距離をトラウトがルアーを追わない」。という本当の意味での極限状態における世界の話なのだ。

画像: 色数は多いほど有利になるのがエリアゲームの特徴。僅かな色の違いで、釣果に格段の差が出ることも珍しくはない。

色数は多いほど有利になるのがエリアゲームの特徴。僅かな色の違いで、釣果に格段の差が出ることも珍しくはない。

そのスタイルの釣りをしているときの井上さんの姿は、ときに目の前のトラウトと、呼吸のリズムまでも合わせているように見えるほど、緊張感に包まれている。

まさに超人と呼ぶにふさわしい釣りスタイルだ。

画像: マイクロスプーンを遠投する技術もエリアゲームならではの特徴。

マイクロスプーンを遠投する技術もエリアゲームならではの特徴。

※ちなみに朝霞ガーデンにはさまざま個性のポンドが存在しています。ビギナーでも釣りやすいマッディ系ポンドもあるのでご安心下さいませ。


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.