今回はデュオソルトスタッフ、原田恭平(はらだ・きょうへい)さんに提供してもらったヒラメの釣り場情報を公開! ヒラメを追い求め、時間を作っては房総サーフに通い詰める。愛称は「だーはら」

[AD]

イワシ狙いのヒラメを攻めよう! 千葉県館山市平砂浦がオススメ!

画像: 3月初旬に釣り上げた56cmのヒラメ。気温および水温も暖かくなり、黒潮が寄り始める。4月以降はカタクチイワシの群れが入ることが多くなり、数釣りも可能に!

3月初旬に釣り上げた56cmのヒラメ。気温および水温も暖かくなり、黒潮が寄り始める。4月以降はカタクチイワシの群れが入ることが多くなり、数釣りも可能に!

ご紹介する千葉県房総半島南部の平砂浦はイワシが入り、ヒラメマゴチシーバスイナダなど様々な釣りが楽しめる良ポイント。遠浅サーフの平砂浦では流れ込み付近、離岸流、沖のブレイクを攻めることが攻略のカギだ!

画像: イワシ狙いのヒラメを攻めよう! 千葉県館山市平砂浦がオススメ!

お願い
マナーを守ってトラブルにならないようにしましょう!

流れ込み付近、離岸流があるポイントではビーチウォーカー ハウルフィッシュでボトムを取ってからファストリトリーブ、ストップ&ゴーで丁寧にサーチ。

ビーチウォーカーハウルフィッシュ(デュオ)

画像: ■サイズ:4in ■入数:5本■価格:600円(税抜き) duo-inc.co.jp

■サイズ:4in ■入数:5本■価格:600円(税抜き)

duo-inc.co.jp

動きがおとなしいハウルフィッシュは平砂浦などのハイプレッシャーポイントで強く、平砂浦などの遠浅サーフではハウルヘッド14gでの使用がオススメです!

ベイトがいるときは大きいルアーでアピール!

手前で反応が得られないときには沖のブレイクを飛距離の出るビーチウォーカーフリッパーでボトム着底後ファストリトリーブまたはストップ&ゴーでテンポよく探り、リフト&フォールを交ぜてみよう。

画像: ベイトがいるときは大きいルアーでアピール!

ベイトがいる場合は、できるだけルアーのサイズを大きくしヒラメに気付かせることが重要!

[AD]

どうやってアクセスする?

画像: 館山道富浦インターを降り127号線館山道バイパス館山方面へ向かい410号線北条パイパス方面を進みゼブンイレブンの信号を右折し、真っ直ぐ進むと右手にファミリーパークが見える。ファミリーパーク駐車後、道路を渡り海沿いに続く砂利道を進むと正面に海が見える。ファミリーパークでは駐車場は有料となるが、ファミリーパーク敷地内にあるため車上荒らし防止にもなる。近くには宿泊施設も多く遠征される方にもオススメ。

館山道富浦インターを降り127号線館山道バイパス館山方面へ向かい410号線北条パイパス方面を進みゼブンイレブンの信号を右折し、真っ直ぐ進むと右手にファミリーパークが見える。ファミリーパーク駐車後、道路を渡り海沿いに続く砂利道を進むと正面に海が見える。ファミリーパークでは駐車場は有料となるが、ファミリーパーク敷地内にあるため車上荒らし防止にもなる。近くには宿泊施設も多く遠征される方にもオススメ。

原田さんオススメのタックルは?

軽めのジグヘッドから40g前後のメタルジグ対応の熱砂1008MMH(シマノ)を使用。

リールは、軽さと強さを兼ね備えたヴァンキッシュ4000XGハイギヤモデル(シマノ)。

ラインはPE1号、リーダー20lbで青物までも対応できる。

ルアーマガジン・ソルトでは日本全国の陸っぱりポイントを毎号紹介!

現在発売中のルアーマガジン・ソルト7月号でも、日本全国のソルトゲームで有望な陸っぱりポイントを公開している。

オススメスポットを紹介してくれるのは、各地のエキスパートばかり! アナタの近くにも爆釣ポイントがあるかも!? ぜひ誌面でチェックしてください!

釣りPLUSでは、これからも有望釣り場情報を紹介します。こちらのマップを要チェック!

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


[AD]

This article is a sponsored article by
''.