寒がりさんには必須のアイテムがニットキャップ

こんにちは、寒がりマシモです

冷たい風が吹き抜ける真冬の釣り場で、忘れると軽く死ねるアイテムがニットキャップです。

実はなんかオッサン臭いなぁ(オッサンなのに)と敬遠していたのですが、雪の降る2月の陸っぱり撮影で、あまりの寒さに頭が冷える、というより痛い! 痛いんだよおおお! という経験をして以来、心はすっかりニットキャップの虜。

冬の釣りには欠かせないアイテムとなったのです。

アタマぽかぽかでレッツゲッツビッグバス!

理想のニットキャップを探して

さぁ、最初はその暖かさに満足していたニットキャップですが、人の心は欲張り、いや俺が欲張り。
使い込むうちに、段々と不満点が出てきます。

それは
1.暖かさが売りなのに、ニットだから風が吹くと冷気を通して寒い
2.ヒサシが無いと偏光レンズを付けていても水中が見辛い
3.雨が降ると濡れる(当たり前
等など。

買いましたよ、ええ買いました。いったいいくつのニットキャップを買ったでしょう。

先ず僕が求めたのはヒサシでした。

皆さんご存知かと思いますが、ヒサシ付きは数社さんから発売されております。僕も買い求めては釣り場に出て試してみました。

軟弱ヒサシにブチ切れるの巻

「おお、コレは良い! このキャップはヒサシも大きくて視界も完璧! 釣果アップ間違い無し!」とご満悦で釣りをしていると、ビュ〜、と冷たい木枯らしが吹付け始めます…。

ペタン、ペコ、ペコ、ペタン、ペコ…ペコペコペコペコペコペコ…

「ああああああああああああ! 風でひさしが上に行ったり下に行ったりするんじゃあああ!!」

そう、ニットキャップ本体は柔らかい素材。それにヒサシが付いているのですから、やむ無しかな。でも、冬は風の強い日が多いです。コレじゃぁ使い物にならんとですたい!

まぁ、なんですか。長くなるので止めときますが、そんな訳で、家には使っていないニットキャップが死屍累々です。w

ヘイ! そろそろ本題だ! コレが俺のオススメする究極のニットキャップだ!

なんですか、ウェブの世界はあまり長い文章は好まれないようです。w なので結論です!

フィッシングショーで皆さんもご覧になった事があるのでは無いでしょうか? 防水靴下とかを発売されているDEXSHELLさんから発売されている防水通気ビーニー帽、これがベスト、イチオシです!

さぁ、その特徴は!?

・防水通気!

インナーに入っている特殊ラミネート素材の効果で、防水・防風・通気性能を備えます。つまり濡れないけど蒸れない!

・風に負けないヒサシ

何が効果を発揮しているのか良くわからないのですが、強風が吹いてもヒサシがパタパタしません!

海釣りにバス釣りに、取材に遊びに、この帽子がすっかり手放せなくなってしまった僕は、黒x2、グレーx1の計3個を買い込んでローテするというヘビーユーザーになってしまいました…。

皆さんはニットキャップに何を求められているでしょうか…? 

もし今のニットキャップに不満があったら、一度試してみてください。このキャップは、実によく出来たアイテムだと思うのです。

あ、でもリクエストが有るとするなら、もう少しヒサシが大きいといいんだけどなぁ…。


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.