釣り初心者にとって、最初のハードルとなるのが釣り糸(=ライン)の結び方。ブラックバスなどのルアー釣りをはじめ、数多くのゲームフィッシングで覚えておきたいのが「ユニノット」だ。釣りバリ(=フック)だけでなく、糸と金具や糸同士を結ぶなど、使用する場面は多いので、必ずマスターしておこう。


(1)ラインをフックの穴(=アイ)に通して折り返す

画像: (1)ラインをフックの穴(=アイ)に通して折り返す

(2)通したラインで輪(=ループ)を作る

画像: (2)通したラインで輪(=ループ)を作る

(3)作った輪の根本と元の糸(=メインライン)をまとめてつまむ

画像: (3)作った輪の根本と元の糸(=メインライン)をまとめてつまむ


(4)ラインの先端を輪の中へ通す

画像: (4)ラインの先端を輪の中へ通す

(5)メインラインと輪のラインを束ねるように、(4)と同様に3〜5回、輪の中へ先端を通す

画像: (5)メインラインと輪のラインを束ねるように、(4)と同様に3〜5回、輪の中へ先端を通す

(6)輪の部分をつばなどで濡らし、メインラインをゆっくりと引いて締め込む 

画像: (6)輪の部分をつばなどで濡らし、メインラインをゆっくりと引いて締め込む

(7)強く引き締めたら、先端の余った糸を切る

画像: (7)強く引き締めたら、先端の余った糸を切る

(8)ユニノット完成!

画像: (8)ユニノット完成!

覚えやすく、強度も十分なユニノットは、初心者にとってまずマスターしておくべきノットだ。釣り場に出てから慌てないように、あらかじめしっかりと練習しておこう。

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.