第三回テーマ:シーズナルパターンとフックセッティング

やっとPart3かよ遅ェよ!というマツモト症候群なアナタも、これ何の記事やねん…な貴兄も、お時間あらばPart1〜2をお目通し頂きたく。その上で、Part3に目を通すと、一貫した『法則』が見えてきます。サカナの動きひとつで、フックだけをここまで考え抜いているマツモトイズムが…!

↓だからアナタはバラシ続ける。天才・松本幸雄のフック幸福論Part1はコチラ

↓だからアナタはバラシ続ける。天才・松本幸雄のフック幸福論Part2はコチラ

画像: まつもと・さちお エリアトラウトの世界で人気、実力ともにキング・オブ・キングなトーナメンター。バス、ライギョ、シーバス…旬のゲームフィッシュにも数多く精通。ルアーマガジンソルトの人気企画『アジング王バトル』予選を突破。さらなる期待がかかる。松本「ナマズ釣行時は、ライギョ保護対策としてマウスオープナーを!」

まつもと・さちお エリアトラウトの世界で人気、実力ともにキング・オブ・キングなトーナメンター。バス、ライギョ、シーバス…旬のゲームフィッシュにも数多く精通。ルアーマガジンソルトの人気企画『アジング王バトル』予選を突破。さらなる期待がかかる。松本「ナマズ釣行時は、ライギョ保護対策としてマウスオープナーを!」

松本くんって、もしかして神経質…?なんて捉えてしまう御仁がいるかもしれないが、本人はあくまで自然体。キョーミ無いことは一切しない、快楽主義者の側面もある。
松本「じゃあ結果どうなの?って考えるのも楽しいし、セッティング出すのも楽しみなんです」。

画像: コレが天才謹製、プップ(ロデオクラフト)。ノイジーに属するトップウォーターだ。デフォルトでデプスのBカスタムブレード改がベリーに装着されている。この状態からフックを様々にセッティングするのが、マツモト流だ。

コレが天才謹製、プップ(ロデオクラフト)。ノイジーに属するトップウォーターだ。デフォルトでデプスのBカスタムブレード改がベリーに装着されている。この状態からフックを様々にセッティングするのが、マツモト流だ。

今回も対象魚はナマズ。でも斜め読みしても、バスなら…シーバスなら…と『考える自分』になってしまうこと請け合い!

寒いけど腹減った!な春パターン。後半は最高の最釣れシーズン!

松本「ひとつ答えを言うなら、春は割とナマズはスローなんですが、追ってくれる。なので、フックをボディから離し過ぎない方が僕は好き。水温が低いから動けないんです。食べたいけど動けないサカナだから、5月くらいまではリング2連のフックは#4」。

画像: 写真は前回流用。もはや見慣れた?スプリットリング2連の接続。リングは平打ち推奨。

写真は前回流用。もはや見慣れた?スプリットリング2連の接続。リングは平打ち推奨。

松本「で、5月の1〜2週目になるとサカナがマックステンションになってくる。サカナの動きが速かったり、一方でアフターのヤツは…吸うチカラが弱いのかな…水中で噛んできたりというのが多い」。
『高速食い』や、『水面に出ない』サカナへの想定だ。
松本「そうなると、割とスイベル延長しちゃう。サカナもテンション高いし、プラス吸い込みきれないときもあるから、やや長めが5〜6月のセッティング」。

画像: 写真前回流用。これがスイベル延長というセッティング。リング2連に比べ、ボディからフックがやや離れている。

写真前回流用。これがスイベル延長というセッティング。リング2連に比べ、ボディからフックがやや離れている。

意外な苦戦シーズン! サマーパターンをフック理論で攻略す!!

松本「そして台風が来るまでの8月中旬までは、カバー攻めが中心になってくる。減水もするし、ナマズは産卵終わって本流側に帰っていっちゃうでしょ。となると上流域の居残り組は、攻め手としてみるとブッシュも激しくなってくるしカバー撃ちがメインになる。だから、リング2連のセッティング。フックはワンランク大きい方が良い。追いじゃない、瞬間で食うので」。

画像: キワやブッシュ内に直接撃ち込んで、落ちパクやワンアクションでのリアクション食いが夏の特徴。

キワやブッシュ内に直接撃ち込んで、落ちパクやワンアクションでのリアクション食いが夏の特徴。

松本「一方、本流とかで流速のあるエリアでやるならば、延長した方が良いですよね。だから大きめのRBMHとかの出番が出てくるのも、その辺の季節」。

画像: オススメのRBMHはロングシャンク。フックをサカナに近づけ、高い貫通力を誇る。

オススメのRBMHはロングシャンク。フックをサカナに近づけ、高い貫通力を誇る。

画像: ちなみにSPMHはワイドゲイプ。触れたら掛ける、対『落ちパク』。

ちなみにSPMHはワイドゲイプ。触れたら掛ける、対『落ちパク』。

意外と知らない、シーズン2度目のビッグウェーブ。秋パターン

松本「秋は台風絡んで増減水が激しいでしょう? プラス、夏より快適になるのか…ナマズはくっそ暑い時期でもルアー食べるくせに…秋になるともっと元気になるんですよ。なぜか。一方、春〜夏としばらくルアーを見てきたサカナも多いから、今度はスローだと見切られる状況も出てくる」。

春夏と叩かれまくった個体には…速巻き&離れセッティング!

松本「秋は、春ほど上流域じゃないけど、増水絡みでそれなりの上流にも上がってきたりもします。さらに居付きでいつもいるようなポイントでも、今度は春夏とルアー見てきてるからスローだと見切られてくる。あえて、見切らせないリトリーブが必要なシーズンになってくる。そこは、フックを後ろに流したセッティングが生きてくる…。そして…あー、色々話過ぎちゃいそう。今回はこの辺にしときましょうかね」。

画像: スプリット単品&スイベルセッティング。組み合わせは多種多様…。

スプリット単品&スイベルセッティング。組み合わせは多種多様…。

いかがだったでしょうか? 雑誌じゃなくてウェブ記事なので、軽く…とうかがったインタビューなのに、こんなに濃い! しかも泣く泣くフックのネムリの話やダブルフックの話をボツってしまった次第。え? もうたくさん? 全部出せ? ご要望あらば、また別の機会があるやもしれません。


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.