自腹で購入した「Into the X Stage2」(メガバス) の中身を毎回リポートするこの企画! おさらいをしておくと、Into the X とは、メガバスが提案する新しいルアー購入の形。一度申し込めば、毎月8300円の支払いで、激レアカラーや季節感のあるルアー、限定アパレルなどが定期的に自宅に届く、新時代のサービスなのだ!

前回の記事は↓

第3回目の定期便が届いたので紹介していこう!

今回は・・・軽い?

届いた段ボールを持ってみると軽い。前回が重かっただけに余計そう感じてしまったが、箱の中身を見て納得。

画像: 銀箱と服が・・・

銀箱と服が・・・

お馴染みの銀箱と一緒に入っていたのは洋服だったのだ。どうりで軽いわけだ!箱の中身も並べてみると↓こんな感じ。

画像: 合計4点のアイテムが届いたぞ!

合計4点のアイテムが届いたぞ!

左から<ポロシャツ/ポップXスペシャルカラー/バイブレーションXジュニア/ヴィジョン95スペシャルカラー>

早速それぞれ紹介して行こう。

着れば気分は(株)メガバス社員!?のポロシャツ!!

Stage2では2回目となるアパレルが届いた。それがこのポロシャツだ。

画像1: 着れば気分は(株)メガバス社員!?のポロシャツ!!

黒のシンプルデザインだが、ワンポイントで入ったメガバスロゴがカッコいい!!

画像2: 着れば気分は(株)メガバス社員!?のポロシャツ!!

超シンプル! と、思いきや、背中には「BAIT OF CHAMPION」のロゴがプリントされていたぞ。

画像3: 着れば気分は(株)メガバス社員!?のポロシャツ!!

早速着てみたわけだが・・・。

画像: どう見ても(株)メガバス社員さんです。本当にありがとうございました。来年のキープキャストはこれを着てブースに紛れ込もうかな?(ぇ

どう見ても(株)メガバス社員さんです。本当にありがとうございました。来年のキープキャストはこれを着てブースに紛れ込もうかな?(ぇ

着心地は良好。しかもこの素材、吸水速乾、消臭機能、UVカットと機能性も十分!! これをきて釣りに行く季節が今から楽しみ!!

ポップX トラッドバス

ポップXのInto the Xオリジナルカラーシリーズ。毎回美しいアルミ張りカラーが!!

画像: パッケージの開封に躊躇しなくなってきた・・・。

パッケージの開封に躊躇しなくなってきた・・・。

メガバスと言えばポップX!! ポップXと言えばバスカラ―!! そんなわけで、Into the Xオリジナルの、ホイルフィニッシュによるバスカラーだ。

画像: バスカラーと言えば何と言ってもこのバス柄!! ウッディーポップXでは顔の部分がアルミ貼りのバスカラーがあったが、ボディまでアルミ+バス柄は唯一無二のはず・・・

バスカラーと言えば何と言ってもこのバス柄!! ウッディーポップXでは顔の部分がアルミ貼りのバスカラーがあったが、ボディまでアルミ+バス柄は唯一無二のはず・・・

ちなみに今回届いたうちの子(ポップX)はアルミ貼りに特徴が・・・。

画像: 左側面のアルミとボディの境目はこんな感じ…

左側面のアルミとボディの境目はこんな感じ…

画像: 右側面のアルミとボディの境目はこんな感じ…

右側面のアルミとボディの境目はこんな感じ…

REPLAY

画像: お分かりいただけたであろうか・・・?

お分かりいただけたであろうか・・・?

ずれてる・・・

・・・・

・・・・

流石、職人の手による手作業!!

マスプロダクトではない、人間の手による愛情が込められた作品だからこそ生まれる個性がこれなのだ!!

手作り作品の多くの物がそうであるように、同じものは二つとない。この子がうちに来たのは運命だったのだ! きっとこの子の生みの親はアルミを張る作業の際、何か悩みを抱えていたに違いない。その影響を受けてズレて貼られたアルミ・・・。そのおかげできっとこの子は世間ズレした性格で、他のポップX達ともなかなか上手くいかなかった・・・。しかし、銀箱にはいり、Into the Xの他の仲間(キューゴーとバイブレーションXジュニア)と長旅(浜松→上野)をする間に打ち解けて人(ルアー)の優しさを学び、唯一無二の親友になっていたに違いない。ちょっと個性的だけど良い子なんです。この子は。せっかく仲良くなれたのに引き裂いてごめんよ。今後は先に届いていたポップXトラッドオイカワのオスメスカップル、そして後から来るであろう後輩たちとも仲良く過ごして行ってくれよ!!

もちろん、このアルミ貼りのトラッドカラーシリーズに限らず、例えば柄を吹き付ける際のテンプレートの微妙なズレ、にらみ目の黒目の位置など、個性が生まれる要素はまだまだある。自分だけの何故か釣れるルアーがあれば、もしかしたらそこにも秘密がある・・・かも?

ヴィジョン95 郡上鮎

アユ系カラーを様々なルアーに施して送られてくる枠。今回はこちら↓

画像: ヴィジョン95 郡上鮎

岐阜県は郡上市を流れる長良川で釣られるアユが「郡上鮎」。全国でも有数の美味しいアユとして知られており、そんな鮎をモチーフにしたカラーだ。

95と言えば、まさにアユをモチーフにしたルアー。アユカラーとの親和性は非常に高い!!

画像: アユ独自のコケをはむことに特化した口元を再現した顔部分はまさにアユの顔つきそのもの! 頬のチークのおかげで、非常にべっぴんさんに見える。

アユ独自のコケをはむことに特化した口元を再現した顔部分はまさにアユの顔つきそのもの! 頬のチークのおかげで、非常にべっぴんさんに見える。

画像: キューゴーのウロコはメガバスルアーとしては珍しいタイプ。これもアユ独自の肌を再現するための表現なのだ。

キューゴーのウロコはメガバスルアーとしては珍しいタイプ。これもアユ独自の肌を再現するための表現なのだ。

背中側のブラック。ネットスケールパターンと共に吹かれたモスグリーン。サイドのクロムシルバーとベリーのパールホワイト。ローリング主体のルアー・ヴィジョン95にぴったりの配色が、水中では素晴らしい色調変化を生みだすに違いない。

バイブレーションX ジュニア(ワンノッカー)

季節感に合わせて送られてくる枠

画像1: バイブレーションX ジュニア(ワンノッカー)

メガバスのルアーの歴史を語る上で重要な存在であるバイブレーションXシリーズ(いや、全部重要だけど)。

これまで、初代バイブレーションX、バイブレーションXウルトラ、そしてNEWバイブレーションXと、3回の大きなデザイン変更が行われてきているが、このバイブレーションXジュニアはNEWモデルのダウンサイジングモデル。野池などの小規模フィールドでも使いやすい大きさだ。

画像: 左が届いたジュニア。右が通常サイズのバイブレーションX。

左が届いたジュニア。右が通常サイズのバイブレーションX。

その最大の特徴と言えば、フラッドヘッド。

画像2: バイブレーションX ジュニア(ワンノッカー)

真上からの写真と真横からの写真を見比べてもらえれば、いかにそのフラッドヘッド部分が大きいのかがお分かり頂けるであろう。このヘッド部分が水をしっかり受ける事で、浮き上がりにくく、なおかつパワフルなワイドウォブンロールアクションを生みだすのだ。

しかもデカバスに効果的と言われるワンノッカー仕様!! うるさすぎないので、これからの季節のリアクションの釣りにもピッタリ!!

画像: お腹にはワンノーカーを洗わずロゴがプリントされている。

お腹にはワンノーカーを洗わずロゴがプリントされている。

次回はいったい・・・?

Into the X Stage2 の第3弾はいかがだったろうか?

ポップXの収納ケースは届かなかったのだが、ポロシャツが届いたのが何とも嬉しい。

次回は今年最後のInto the Xを紹介する予定。年内に届くとは思うのだが(届きますかね?)撮影できるかどうか・・・と、言う内部的な事情はおいておいて、次回もお楽しみに!!

第4回はコチラ↓

余談・感想・与太話コーナー

勝手にコーナー化してみました。有益な話は無いと思うので、興味のない人は次の記事を読みに行きましょう。↓なんておススメですよ(宣伝)

今回はバイブレーションXのお話。

バイブレーションXウルトラのお腹のラインが好きなんです。

画像: お腹の部分はぷっくりしていて、テール側に絞り込まれる辺りが滑らかにへこんでいるんです。何ともセクシー・・・美しい曲線美!! 硬い素材のはずなのに、何とも生物らしい柔らかさを感じるんです。たまらん!  これぞボンキュボン(死語)!? でも悔しい事に画像じゃこの素晴らしさを表現しきれない・・・。是非、釣具屋さんにて実物を確認してみてください!!

お腹の部分はぷっくりしていて、テール側に絞り込まれる辺りが滑らかにへこんでいるんです。何ともセクシー・・・美しい曲線美!! 硬い素材のはずなのに、何とも生物らしい柔らかさを感じるんです。たまらん! これぞボンキュボン(死語)!? でも悔しい事に画像じゃこの素晴らしさを表現しきれない・・・。是非、釣具屋さんにて実物を確認してみてください!!

ちなみに北海道でトラウトを釣っていた頃からこのルアーが好きでして、コイツのサイレントモデルでアメマスやイトウを釣っていました。アップストリームで投げて、リフト&フォールがおススメです。

画像: アメマスは綺麗だなぁ…あ、イトウの写真だけ何故か見つからなかったんです。ショック!!

アメマスは綺麗だなぁ…あ、イトウの写真だけ何故か見つからなかったんです。ショック!!

一応、真面目(?)なお話をという事で、初代・ウルトラ・NEWを並べてみました。

画像: 左から、初代(73ミリ5/8オンス)、ウルトラ(76ミリ11/16オンス)、NEW(75.5ミリ3/4オンス)

左から、初代(73ミリ5/8オンス)、ウルトラ(76ミリ11/16オンス)、NEW(75.5ミリ3/4オンス)

画像: 初代は背びれまで続く細長いフラット形状。ウルトラは丸っこい形状。NEWはラインアイまでの幅広フラット。それぞれ異なるヘッド形状のおかげでアクションの質に違いがあります。

初代は背びれまで続く細長いフラット形状。ウルトラは丸っこい形状。NEWはラインアイまでの幅広フラット。それぞれ異なるヘッド形状のおかげでアクションの質に違いがあります。

初代はラウドサウンド&ワイドアクション設計。ウルトラのアクションはボディ全体で水を受けて動くローリング主体。NEWは初代以上のワイドアクションと高いレンジキープ力が売り。

だれがお好み?(違

一つのタイプのルアーをここまでデザイン変更しながら世に送り出し続けているってのは中々凄い事だと思います。ルアーを作り、市場に投入して、多くのアングラーからのフィードバックを活かしてさらによい物へと昇華させていく。メガバスのルアーメーカーとしての姿勢やこだわりがよくわかるルアーだと個人的に思っています。言わばメガバス繁栄の証?

そんなわけでメガバスのバイブレーションですが、まだまだ他にも種類があります。しかも! 2017年には新たなバイブレーション(ビッグベイト?)も登場予定だとか・・・!!

来年も、メガバスから目が離せないぜ!!


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.