画像: サーフのヒラメポイント発見法、ヒントは"砂"にアリ【砂浜のデコボコはキープ跡!?】

ラン&ガンより、見てすぐ分かる「砂」の変化を探す!

冬は寒いけどサーフのヒラメがアツい時季! 春に掛けて大型も飛び出すから、釣れている情報が入ったらすき間もないほど釣り人でビッシリ

でも、サーフって見た限りどこも一緒で、釣れる人は運なんじゃないの!? 離岸流とか良くわからないし、とりあえず入ったところでキャスト。そしてラン&ガンあるのみ! …と、私も思っていた時期がありました。

でもサーフのヒラメ実釣取材を通して分かったのは、釣れるポイントは確実に存在。しかも、単純で見落としがちな「砂」のポイント判別法を今回お届けします。

ヒラメが既に釣れたポイントは超有望!

画像1: ヒラメが既に釣れたポイントは超有望!
画像2: ヒラメが既に釣れたポイントは超有望!

最近取材をした「タフネス高木」こと高木孝さんが「コレコレ」と、指差したのが第一のポイント判別法。

なにこれ? 誰か砂浜で遊んだ跡? デコボコができているだけっぽいけど…。

「これはヒラメのキープ跡。朝イチに釣れた場所は、昼に他のヒラメが入っている可能性あるから超有望ですよ」。

え、これキープ跡だったの!?

実演!ヒラメキープ4コマ

画像: 実際に高木さんが釣ったヒラメで実演! まずビニール袋にヒラメと海水を入れる。

実際に高木さんが釣ったヒラメで実演! まずビニール袋にヒラメと海水を入れる。

画像: 足で砂を掘り掘り。

足で砂を掘り掘り。

画像: うんしょ。どれどれ生きてっかな? おー元気!

うんしょ。どれどれ生きてっかな? おー元気!

画像: ビニール袋を閉じて砂で周りを固める。

ビニール袋を閉じて砂で周りを固める。

これくらい周りを固めておけばヒラメは動かないし、帰り際に回収する時も分かりやすい。そしてこのまましばらく(気温や時期、個体差によって様々だが1時間くらい)は活き活きしている。

この跡を埋めたものが、先程のデコボコの正体だったのだ。

その他、「砂」を見て分かるポイント集

この他にも流れを感じたり、潮目を探したり…しなくても、見落としがちな砂浜だけでもポイントは分かる! その例をざっとあげていきましょう。

定番の離岸流クイ

画像: 定番の離岸流クイ

釣りをしながらサーフを歩いていると、どうしても海側ばかりが気になって陸側は見落としがち。でも陸側を見てみると…あやしい、あやしすぎるクイ! あからさまに人が立てたクイは、離岸流の目印の事が多いという。

このクイを立てているのは釣り人だけじゃなく、サーファーがここを目安に沖へ出る目印的なものだったりする。

離岸流の発生する地点は、サーファーが沖に出るためのエントリースポットにする場合がある。その場所に履物(ビーチサンダルなど)を浜においておくので、帰りに見つけやすいように浜にクイを立てるのだという。

離岸流は状況で移動するが、同じ場所で発生する事も多いので有望なポイント判別法だ!

ベイトフィッシュは1尾でも見逃せない!

画像1: ベイトフィッシュは1尾でも見逃せない!

このようにダバーっとピチピチイワシがサーフに打ち上げられている、超オイシイ事態ならもうヒラメ祭り! しかし、そんなベイト祭りはそうそうお目にかかれないのが現実。

画像2: ベイトフィッシュは1尾でも見逃せない!

でも、サーフを歩いていると1尾だけイワシ。…いや、スルーするなかれ! たった1尾でも他は鳥に捕食された後で、朝や前日の夕方にボイルしまくっていたかも!? まだ周辺にイワシの群れがいる可能性もある。

当然、ヒラメも捕食するために周囲にいることが!

サーフにジャリが混じっている? その変わり目を狙う!

画像: サーフにジャリが混じっている? その変わり目を狙う!

ずっと砂ばかりのサーフなのに、所々ジャリ混じり。そういう場所は、変化が少ないサーフにとっては大きなポイントになる! 

いきなりジャリに変わる原因は様々だが、沖には起伏などの地形変化が期待できる。または河川跡だったり、単純にジャリを好む甲殻類などのベイトがいる可能性もある。

陸封された河川や河川跡も伏流水で釣れる!

画像: 陸封された河川や河川跡も伏流水で釣れる!

サーフの川は、波の影響で雨が少ない時など陸封されていることも多い。また、大雨の時は流れているけど普段は枯れている川もある。

流れていないとダメと感じやすいが、サーフの地下から伏流水として海へ流れ出している可能性もある。枯れていてもその周囲は立派なポイント!

その他、張り出した岬やワンドなど、広く見るとサーフは地形変化に富んでいる。そういった見逃しがちな見た目の「砂」の変化を撃っていくだけでも釣果はUPするはずです!

高木さんと堀田さんがWヒラメ!

これらポイントを教えてくれたのは高木さんだけではなく、ヒラメマスターの堀田光哉さん。その2人が同時実釣&Wヒラメをゲット!

画像: 朝イチに高木さんが1尾目のヒラメをゲット!

朝イチに高木さんが1尾目のヒラメをゲット!

画像: その後、堀田さんは正午頃にも関わらず良型をゲット!

その後、堀田さんは正午頃にも関わらず良型をゲット!

この記事は、ルアーマガジンソルト1月号に掲載。そちらもチェックして、ぜひ今シーズン、ヒラメ乱舞をご堪能あれ!


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.