「小学校6年生の時にバスフィッシングを始めて、人生初のバスを釣るまで丸2年かかったからね。今でもデコはちっとも怖くないよ」と話すのは、ルアーマガジン編集長・マツ。とはいえ、釣れずに帰路につくのはやはりサビシイもの。「帰りの運転しながら、その日の自分を振り返って反省することしきりだけどね」そこで、編集長と同じくデコッぱちなアングラーに向けて、『ルアーマガジン・モバイル』にて連載中の『JUKE BOX』から、金森隆志氏のアドバイスをお届けする。

『JUKE BOX』とは? 毎月のアクセス数ランキングで常にトップを争う『ルアマガモバイル』の超絶人気コンテンツ。いまや押しも押されもせぬ陸っぱりトップブランド“RAID JAPAN”の代表にしてレジェンド陸王・金森隆志さんが、ユーザーさんから届いた悩める質問に答えるQ&Aコーナー!! 陸っぱりのハウツーのみならず、愛用のタックルやウェアについての質問にも気さくにアンサー!! 岸釣りのひとつ上のステージを目指すアナタに!!!!

デコった釣行を糧とするためには?

【質問】初めて質問させていただきます。今年に入って2度釣りに行きましたが、結局1尾も釣ることができませんでした。釣果がすべてとは思っていませんが、やはり釣れないと自分の身になることは少ないような…。たとえば、釣れないなら釣れないで、その釣行も糧にするために、カナモさんが意識して実践していることはありますか? わかりづらい質問ですみません。

いやいや、わかりづらいどころか、良い質問ですよ! ボウズの上に釣果が成り立つので、決して悪いことではありません! が、楽しいことでもありません(苦笑)

先々の釣りを楽しくするために必要なのが、厳しい状況にカチ当たった時のボウズで、絶対に必要な経験だと思います。確かにココが、短期間で上手になる人といつまで経っても上手くなれない人との大きな差にはなるんですよね。 ボウズをどう処理するかが。

ただこれはキャリアにもよります。ある程度のキャリアがあれば、経験値から考えられることが多くなります。これで反応がなければ次はこうしようとか、むしろこっちでアプローチをするべきだったとか考えることができます。もちろん次が釣れるかは別問題ですが。

では、僕が個人的にボウズを処理するためにどうしているかというと、「人と釣りに行く」です。

画像: 川村光大郎さんとの特命釣行でも、二人で釣りをすることで得られるメリットを実感。

川村光大郎さんとの特命釣行でも、二人で釣りをすることで得られるメリットを実感。

まずは、相手と同じことをやる、あるいはまったく別のことをやることで、正解にたどり着く確率が倍になる。つまり、効率が良くなります。丸一日やってわかることが半分で済みます。さらに一緒に考えられる。ひとりで悶々とやるよりもスッキリします。だから、釣りを始めて間もない人とか、キャリアはあるけどなかなか釣りに行けない人などにはベストな対処法だと思います。

とは言っても友達と時間が合わないということもあるので、ひとりで釣行しかできないとなれば、他にも色々なやり方はあります。誰にでも平等な処理の方法としては、徹底的に極端なまでにやってみること。例えばメタルジグを使ってボウズを食らったら、次もメタルジグをそれこそ丸一日徹底的にやる。

もちろんただなんとなくではなく、テーマを持って突っ込んでみる。これが大事ですね。テーマを決めて検証する。上達したいと思うのであれば当たり前ですが、"なんとなく"はやめた方がいいと思います。もちろんレジャーとして釣りを楽しみたいという人もいるので、完全否定はしませんが。

画像: 釣れない時にこそ、テーマを決めて検証することは必ず上達につながる。

釣れない時にこそ、テーマを決めて検証することは必ず上達につながる。

忍耐強く、ストイックに考えて釣りをすることを身に着ければ、1年2年と経ったときに、引き出しの数はきっと自分でも驚くほど多くなっているでしょう。

理論上、上手い釣り人ほどボウズにはなりにくいんですが、上手い釣り人ほど、ボウズとはしっかりと向き合っていると思います。なので、ボウズを恐れずに釣りに行ってください! 決してマイナスではありませんよ!


[釣りPLUS]>> HOME




This article is a sponsored article by
''.