ルアーマガジン6月号で、今季O.S.P新作ルアーのハウツーを紹介しているのですが、その取材前日(3月28 日)に事件は起こりました。

いきなりレイクレコード更新!!

渡米を控えているため、多忙なスケジュールを縫ってロケの日程を組んでくださった並木さん。本誌にも掲載しているプロトワームの最終カラーテストのため前日から現地に入っており、当日の集合時間を確認しようと電話したところ・・・

「今日、亀山レコードが出ちゃったよ」。

な、なんと!?

聞けば、テストに同行していた亀山ダムのスペシャリスト、O.S.Pスタッフの大塚高志さんがキャッチしたとのこと。しかも使っていたのは今回の企画における主役のひとつ、まだ発売されたばかりの『HPシャッドテール4.2インチ』だと言うじゃありませんか!!

どうやらテストがひととおり終わり、「ちょっと撃ってみる?」となったらしいのですが・・・。

画像: ドドーン!! と、超ビッグな亀山ウェイトレコード!! 63センチ、5270グラム!!

ドドーン!! と、超ビッグな亀山ウェイトレコード!! 63センチ、5270グラム!!

画像: さらに並木さんも45アップをゲット!!

さらに並木さんも45アップをゲット!!

画像: ヒットルアーはコレ!! 『HPシャッドテール4.2インチ』のテキサスリグ!!

ヒットルアーはコレ!! 『HPシャッドテール4.2インチ』のテキサスリグ!!

画像: ちなみに亀山レコードは、この小さなカバーの下にいたそうです。

ちなみに亀山レコードは、この小さなカバーの下にいたそうです。

一転してタフな取材当日・・・

週明けに降った雨による濁りと大潮が重なったからか、その週前半はほかにもロクマルが釣られていて、全体的にも釣果は上昇傾向だったようす。

でも、皆さんご存知のとおり今年の3月は寒い日が多くて水温がなかなか上がらず、他のフィールド同様に亀山も春らしい釣果があまり聞こえてこなかったんです。

と、いうことは・・・

大潮明け、そして濁りが落ち着いたタイミングでは厳しくなること請け合い!?

実際、取材当日に湖上ですれ違ったアングラーさんたちはほぼ全員、「釣れません」と言っておられました。

それでもしっかりバスに辿り着くのが並木さん!!

今回、ルアーの完成度の高さとともにあらためて痛感したのが、並木さんのアングラーとしてのレベルの高さ。

画像: それでもしっかりバスに辿り着くのが並木さん!!

初日と2日めでまったく異なる展開で答えを出すとは・・・。

今回の記事ではそのあたりを書いておりますので、ルアーの紹介はもちろん、本文もぜひ読んでくださいませ!


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.