「釣具のポイント」http://www.point-i.jp/ 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」。釣具店店員だからこそ伝えられる、鮮度抜群の情報&ハウツー、そしてマル秘ネタ?まで盛り沢山のブログ記事を、釣りPLUSでご紹介するシリーズ連載。

今回はポイント行橋苅田店(福岡)のフィッシングマイスター永松さんが登場!

画像: ポイント行橋苅田店<永松さん>「渓流からオフショアまでエサ・ルアー問わず幅広く魚を狙っています。釣果より釣行主義で、釣れなくてもフィッシングライフを楽しんでいます。好きな食べ物は地元の中津からあげ」

ポイント行橋苅田店<永松さん>「渓流からオフショアまでエサ・ルアー問わず幅広く魚を狙っています。釣果より釣行主義で、釣れなくてもフィッシングライフを楽しんでいます。好きな食べ物は地元の中津からあげ」

出るか?50オーバーの大型「関アジ」!

こんにちは、行橋店の永松です。

今回は関アジ釣りに行って来ました。

最近の状況はあまりよくないとのことでしたが、50センチオーバーのアジでアジフライを作ることが目標。

年々数が出ていない様ですが、この時期だけは50センチ越えのアジが狙えるチャンスなのです。

利用させて頂いたのは、大分西細港『照陽』さんです。

画像: いつも頼りにしている遊漁船です。

いつも頼りにしている遊漁船です。

さて当日の状況ですが、長潮という潮の動かない日でしたが、風もなく波もなく絶好の釣り日和。

画像1: 出るか?50オーバーの大型「関アジ」!

ポイントは港から40分ほどで、水深80メートルくらいの場所。

画像2: 出るか?50オーバーの大型「関アジ」!

仕掛けは通称4-4-6、5-5-6、5-6-8と呼ばれる関アジ用のこちらのサビキ。カゴは120号の荒目船カゴを使用しました。

なかなか関アジのアタリが…

実釣ですが、最初のアタリが出るまではコマセを撒く事に専念し、手返しよく、くり返しました。
カゴを着底させ、コマセを撒いてからサビキが同調するようにラインを少し送り込んでアタリを待ちます。

しかし、いつものイメージとは違いなかなかアタリが出ません。

仕掛けの投入を10回以上繰り返してようやくヒット!

サイズが小さいようなので、口切れしない様にゆっくり巻き上げましたが、正体は小さなカイワリ。

それからまた時間が過ぎ、釣り開始から一時間くらいで少し潮が走り、待望のアジがヒット!

画像1: なかなか関アジのアタリが…

この時間帯で集中して釣ります。

画像2: なかなか関アジのアタリが…

途中ダブルヒットもあり、大漁かと思いましたが潮が止まりアタリも激減。

しかも潮の止まった時間帯に掛けたアジは、巻き上げてあと10メートルくらいで口切れでバラシ。きっと吸い込みが弱く、口の上っ面にしか掛かってなかったのでしょう。

終盤は巻き上げ時のバラシばかり。

しかも43センチ止まりという、ちょっと悔しい釣行になってしまいました。

関アジの握り&アジフライの「ぜいたくハイカロリー」

さて『ハイカロリー』のコーナー!

まずは「アジの握り」。

画像: 関アジの握り&アジフライの「ぜいたくハイカロリー」

3枚に下し、下処理をしてから2日ほど寝かせてから握りにしました。

釣りたては歯応えがよく、食感を楽しむのには向いていますが、寝かせたアジは凄く旨みが出ますよ。

パクパクといけちゃいました。

画像: こちらはスタッフの昼飯用に作りました。

こちらはスタッフの昼飯用に作りました。

そして「大きなアジフライ」。

今回は50センチオーバーが釣れなかったのですが、40センチオーバーのアジを使ってアジフライを作ってみました。

腹開きにして塩水に30分漬け込んでから、小麦粉、溶き卵、パン粉を付けていったん半冷凍。

画像: 持ち上げるだけで自重崩壊してしまうための処理です。

持ち上げるだけで自重崩壊してしまうための処理です。

これを低温で揚げてでき上がり!

画像: かなりボリュームのある一品に仕上がりました。1枚が私の顔くらいの大きさ。

かなりボリュームのある一品に仕上がりました。1枚が私の顔くらいの大きさ。

1尾食べるだけでお腹一杯。

関アジのハイカロリー化成功!です。

今度は50センチオーバーのアジフライに挑戦したいと思います。

ではまた美味しい魚を求めて、行ってきます!

「フィッシングマイスター」でもある永松さんは、釣魚の知識も豊富。旬のターゲットからオススメの釣り方、道具選びまで売り場で直接聞けば、きっとチカラになってくれるハズだ。さらに「ハイカロリー」な料理ネタで話題の「ポイント行橋苅田店」ブログもチェックして欲しい!

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.