7/7(金)〜7/9(日)、日本最高峰のバストーナメントJB TOP50第3戦"東レ・ソラロームCUP"が七色ダム(奈良県)にて開催される。明日にせまった戦いが待ちきれない釣りプラ読者の気分をMAXアップ、去る6/2〜4に行われた第2戦(弥栄湖)の模様を振り返ってみよう。

弥栄湖戦直前レポート:釣りプラ編集部注目選手インタビュー

広島県と山口県にまたがる弥栄湖を舞台に繰り広げられる第2戦はエレキ限定戦。最高峰シリーズにおいてわずか3度目の開催と、選手たちにとってはいわば未知に近いフィールドで、勝者を予想するにはあまりにも不確定要素が多過ぎる。そんな中で釣りプラ編集部は、直近の試合で"勝ちグセ"を身に付けた選手を中心にインタビューを敢行した。

  • 現行TOP50開催地で史上最高18kg超!"怒れる黒豹" 川口直人
  • 通算37勝&A.O.Y.(アングラーオブザイヤー)19回!"TOP50無冠の帝王" 野村俊介
  • 2015 CLASSIC in池原ダム制覇!"若きリザーバーマスター" 三原直之
  • ドン底から完全復調!"覚醒するカスミ魂" 関和学

DAY1:Dstyle青木大介が"6,630g"でロケットスタート!

「暫定トップ更新! 5本6,630グラム!!」
弥栄湖戦初日ウェイイン、興奮まじりなMCのコールで場内を沸かせたのが、TOP50最強の男の一人、青木大介選手。7キロをわずかに切る圧巻の数字で、大会初日から頭ひとつ抜けてのリード。開幕戦遠賀川での"不釣"を払拭して、DAY1に本来の強さを魅せつけた。同じく6キロ台で五十嵐誠選手が猛追する。

DAY2:初日トップの青木大介が予選首位通過!

初日に弥栄湖レコードで首位に立った青木選手が、DAY2もスピードを緩めることなく4キロ超を持ち込み、予選終了時点でのスコアはなんと10,745グラム! 2日間で10キロの壁を越える異例の事態となった。彼に続くのは三原直之選手と五十嵐誠選手。1キロ弱の差で”青大”将の背中を追いかける。

予選2日目を消化して、翌日3日目最終日に進出する上位30選手が決まった。

DAY3:青木大介、気迫の弥栄湖制覇!通算4勝目!! 三原直之の猛追も一歩及ばず

3日間の総重量は三原選手13,240グラム、青木選手13,953グラム、その差わずかに713グラム。30センチ台中盤のバス1本の重量差で、青木選手が第2戦表彰台の頂点に立つことに。「あの魚が運命の1本です(三原)」 バス釣りの神に愛された青木選手、一方の三原選手には試練を与えることになった…。

EXTRA:首位・青木選手を猛追。準優勝"三原直之"が魅せた非凡な才能

第2戦のウィナー・青木選手に食らいつき、わずか713グラム差まで追い詰めた若きリザーバーマスター・三原直之選手。決勝最終日、釣りプラ編集部は彼の船に同乗した。その魂と戦いの記録。

第3戦の模様も現地"七色ダム"から生レポート!

以上、第2戦の激戦の軌跡はいかがだったろうか? 表彰台に立つことのできた選手たちからは、一様に次戦・七色ダム戦を見据えたコメントが続出。この時点ですでに第3戦の戦いは始まっている…。

そんなわけで、注目のJB TOP50第3戦"七色ダム"戦は7/7(金)〜7/9(日)に開催。もちろん釣りプラ編集部は現地から熱戦の模様を渾身レポートする予定だ。どうぞお楽しみに!

【大会情報はJBNBC公式サイトでご確認ください】

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.