7月7日に開幕したJB TOP50第3戦東レ・ソラロームカップ/七色ダム(奈良県)。予選通過者を決定する2日目が終了し、トップに躍り出たのは前戦で優勝を飾っている青木大介選手。しかし、わずか5グラムという超微差で小森嗣彦選手がピタリとマークしている。

昨季の再来、今度は”青大”将を小森パープルが猛追!!

JB TOP50第3戦七色ダムDAY2が終了。ここまでの予選ラウンド2日間の結果で上位30選手が明日のDAY3決勝へと駒を進めるが、驚くべき事件が起きてしまった!

暫定首位は初日3位から2ランクアップの青木大介選手、暫定2位は同じく4位から2ランクアップの小森嗣彦選手。その差は、なっ、何と、たったの5グラム! 4インチヤマセンコーにも満たない重量差で、共にゲーリーファミリーかつファンタジスタチームメイトという両雄が激突!! ブルーとパープルが明日、熾烈な戦いを繰り広げることになりそうだ!!

画像: 昨季の再来、今度は”青大”将を小森パープルが猛追!!

振り返れば昨季の七色ダム戦では、小森選手が初日に一挙7キロの大台に乗せ、予選を何と11キロ超のメガウェイトで首位通過。暫定2位の青木選手も8キロ後半で猛追したが、およそ2.5キロのディスアドバンテージを覆すことは叶わず、表彰台の頂点は小森選手に明け渡した。

あれから1年、今季は暫定順位を逆にして、しかも超僅差の攻防。水1滴さえも無駄にできない頂上決戦の行方に注目してみたい。

DAY2試合終了直後の舌戦! 闘志と闘志のぶつかり合い!!

予選暫定順位の発表を奇しくも横並びで聞く両雄。密かに小声で語り合う言葉に耳を傾けると、

青木大介選手(以下、青木)「オレは小森さんが絶対釣ってくると思ってましたよ、えぇ」。
小森嗣彦選手(以下、小森)「でも、明日はわからないからね」。
青木「オレもギリギリっすよ」。

終始笑顔で互いの腹を探り合う両雄。本音なのか、それとも牽制なのか。それは現時点ではわからない。やはりここで明日に向けての意気込みを聞いておくべきだろう。

記者:明日の決勝に向けてひとことお願いします。

青木「それが釣りですから(良い時もわるい時もある)、ハハハハハ」。前戦とほぼ同様のコメントを残し、ひと足先にその場を去る青木選手。

一方、小森選手は…小森「んー、頑張ります。自分の釣りをするだけですから・・・・・・・・」。しかし、ひと呼吸おくや、一歩前に身を乗り出して、「ブッ倒します!!」

青木選手が前戦弥栄湖に続き、前人未到の2連勝を果たすのか。それとも小森選手が七色ダム2連勝の記録を打ち立てるのか。すべては明日DAY3決勝で決まる。見逃すな

画像: 普段はクールな青木選手だが、前戦と同様に今戦も笑顔が絶えないのが気になる。万全のメンタルコンディションで頂上決戦を迎えたようだ。

普段はクールな青木選手だが、前戦と同様に今戦も笑顔が絶えないのが気になる。万全のメンタルコンディションで頂上決戦を迎えたようだ。

画像: 昨季とは対照的に、追われる立場から追う立場で最終日を迎える小森選手。闘争心を剥き出しにしたファイトスタイルがTOP50シーンを盛り上げる。

昨季とは対照的に、追われる立場から追う立場で最終日を迎える小森選手。闘争心を剥き出しにしたファイトスタイルがTOP50シーンを盛り上げる。

【JBTOP50第3戦東レ・ソラロームカップ】07月07日(金)~07月09日(日) 奈良県 七色ダム・予選結果はJBNBC公式サイトでご確認ください。

DAY2単日首位は江口俊介! 3132グラムSUPER BIGに注目!!

本日のウェイインにおける最注目は江口俊介選手によるこの1本! ロクマルに達することはなかったものの、圧巻の3キロ超だ!!

画像: 初日は5本2046グラムで35位と振るわなかった江口選手だが、本日2日目はこの1本を含む4755グラムで単日首位! 予選順位も一気に6位までジャンプアップ!!

初日は5本2046グラムで35位と振るわなかった江口選手だが、本日2日目はこの1本を含む4755グラムで単日首位! 予選順位も一気に6位までジャンプアップ!!

「重たっ!」。あまりの重さに江口選手の顔も歪むが、撮影後の腕の痺れは何よりも心地よいはず。通常であればBIGFISH賞を獲得しても何ら不思議ではない1本だが、今回は相手がケタ外れだった…。昨日DAY1に小林知寛選手が持ち込んだBIGFISH候補魚をもう一度ご覧いただこう。

画像: 予選2日間での最大魚が、昨日小林知寛選手が持ち込んだこの4315グラム。江口選手の魚と見比べるとやはり体高が圧倒的。なおかつプリスポーンと思しき腹部のせり出し具合も実に魅力的だ。

予選2日間での最大魚が、昨日小林知寛選手が持ち込んだこの4315グラム。江口選手の魚と見比べるとやはり体高が圧倒的。なおかつプリスポーンと思しき腹部のせり出し具合も実に魅力的だ。

決勝は青木と小森の一騎打ちか? それとも小林が爆発するか?

明日、釣りPLUS編集部は先の上位2選手に続く、総重量での暫定3位に立つ小林知寛選手に同船予定。首位との差、1656グラムは明日の結果次第では大逆転も不可能ではない。明日の戦略を既に聞くことができたが、現時点では伏せておく。ただ1つだけ、これだけは言っておいてもいいだろう。
小林選手には「爆発力」という飛び道具が備わっているということを。

明日DAY3決勝は、七色ダム・ロクマルスロープをメイン会場に6時半キックオフ!ぜひ現場で、ナマでの観戦をおすすめしたい。

*大会詳細、及びギャラリー向け駐車場の案内はJBNBC公式サイト・NBCNEWSを参照。

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.