ルアーマガジン本誌で最長期連載を誇る「菊元俊文のQ&A一刀両断」コーナーから、選り抜きの名回答をお届け。特に初心者にピッタリなクエスチョンを一刀両断! 今回は「でかバスには大きいルアーが必要か?」に対する答えです。

でかバスを釣りたければ、大きいルアーは必要なのか?

今回のテーマは「大きなバス狙いには大きなルアー」は本当か?です。

画像: <きくもと・としふみ>’97初代JBワールドシリーズチャンピオン。元祖ビッグベイターにしてジグ番長の通り名でも知られるプロフェッショナルアングラー。エバーグリーンインターナショナルで、タックル開発やプロスタッフを統括するプロデューサーとしても活躍。

<きくもと・としふみ>’97初代JBワールドシリーズチャンピオン。元祖ビッグベイターにしてジグ番長の通り名でも知られるプロフェッショナルアングラー。エバーグリーンインターナショナルで、タックル開発やプロスタッフを統括するプロデューサーとしても活躍。

Q.釣友に「大きいバスを釣りたければ、大きいルアー」と言われました。どうなのでしょう?
A.大きなルアーも正解の一つ。ただし、それだけが条件ではない。

大きなバス狙いには大きなルアーと言うのはある意味、当たっています。全長23センチのティンバーフラッシュで釣れるバスは小さくても40センチ以上あることがほとんどです。12インチのボウワームでも、釣れるバスは大きなことが同様に多いです。これは確率的なことで、ティンバーフラッシュや12インチボウワームでも30センチクラスの小さなバスが釣れることはもちろんあります。

画像: ビッグベイトを使えば、小さいバスがかからないので、結果的にデカバスが多くなるとも言える。しかし、大事なのはビッグベイトが有効なタイミングを見極めることだ。

ビッグベイトを使えば、小さいバスがかからないので、結果的にデカバスが多くなるとも言える。しかし、大事なのはビッグベイトが有効なタイミングを見極めることだ。

逆に小さなルアーでデカバスを高確率で獲るやり方もあります。マッチザベイトでデカバスを獲る方法もまた、正しいのです。例えば、リザーバーのバックウォーターで、バスが底を異常に気にしている時はゴリ(ハゼ)を食べている時が多いです。そんな時はサイトフィッシングでスモラバを底に置いて底から上がらないように、ショートジャークしてやると、ゴリのシルエットや動きに近いのか異常にデカバスが反応することが多いです。

エサに合わせるという考えとリアクションを合わせた釣り方の一例です。小さなスモラバでもデカバスを狙って獲ることはできます。闇雲にビッグベイト投げても釣れないバスを釣る方法です。

画像: 狙っているバスがどんなエサを捕食しているかをしっかりと確認しよう。それを利用したマッチザベイトの釣りも、デカバスを手にするための正しい方法なのだ。

狙っているバスがどんなエサを捕食しているかをしっかりと確認しよう。それを利用したマッチザベイトの釣りも、デカバスを手にするための正しい方法なのだ。

逆に雨で増水して濁りが入って落ちアユなどがいれば、ティンバーフラッシュ天国になることもあります。こんな時、僕はスモラバなどでは釣れる気がしません。強い波動と存在感で目立たせてナンボ。エサのサイズにも合致しています。

正確なキャストがでかバスを手にするための条件

また、ルアーのサイズは投げやすい、コントロールしやすいなど、各人のスタイルやスキルで変わって来ます。

例えば、シャローホグと言うフルサイズのシャロークランクはアクションも抜群なのですが、なんと言っても投げやすいです。カバーにキャストがサイドハンドキャストでもバックハンドでも正確に決まります。ティンバーフラッシュも僕にとってはそうですが、思ったところにビシバシにキャストが決まるのは、アングラーにとって大きなアドバンテージになります。

大きなルアーの近いサイズのエサなど、そこのバスが食っていなくても、バスはアタックしてきてくれます。アキュラシーが常に正確でコース取りも毎回キチンとできれば、釣れる確率は必然的に上がります。

撃つ釣りではキャスティングジグ&キッカーバグが僕にとって最も投げやすいコンボになります。例え、ベイトフィネスでネコリグやスモラバをキャストし続けた方が釣れる確率が高くても、僕は1/2オンスのキャスティングジグの方が遥かに高い精度でコントロールできるので、釣れない時ほど、撃ち続けます。こんな隙間と思うところでも最奥まで入れれば、デカバスは答えてくれます。

画像: キャスティングジグは、菊元的にでかバスを狙う上でなくてはならないアイテム。

キャスティングジグは、菊元的にでかバスを狙う上でなくてはならないアイテム。

また、ルアーサイズがデカいのでそれが口の中に入るバスは必然的にデカバスになります。あくまでも僕の話です。各人によって投げやすい、コントロールしやすいルアーのサイズ、重さは変わりますので、自分が自信を持って投げられるルアーを選ぶこともデカバスへの道になると思います。

画像: 自分のスタイルで釣ったでかバスは、自らにとってとても価値が高くなる。

自分のスタイルで釣ったでかバスは、自らにとってとても価値が高くなる。

バスはチャレンジフィッシュ。あらゆるタイプのルアーで釣れる可能性が最も高い最高のゲームフィッシュです。限られた時間でのバス釣り。自分の好きなスタイルで思い思いのバスフィッシングを確立してくれたらイイなと僕は思います。

この記事はルアーマガジン2014年10月号掲載の内容を元に再編集しています。

「菊元俊文 DVD・BOOK一刀両断2017」発売中!

画像: 菊元俊文 一刀両断2017 (ルアーマガジンプラスVol.12) 2月6日発売!! youtu.be

菊元俊文 一刀両断2017 (ルアーマガジンプラスVol.12) 2月6日発売!!

youtu.be

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.