「釣具のポイント」 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」を、釣りPLUSでご紹介する好評シリーズ連載。今回は、旬の「明石鯛」を狙うための鯛ラバチューニング法をポイント伊川谷店(兵庫県)の店長宇土さんがご紹介。

ブランド魚「明石鯛」をタイラバで狙う

画像: ポイント伊川谷店 店長<宇土さん>「ルアー全般や船釣り、餌釣りなど釣りはほぼ何でもします。腕の方はというと・・・(笑)もちろん、食べるのも大好きです!釣り人目線に立ったご案内や情報を大切にしながら、釣りのサポートをさせて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します」(店舗ブログより引用)

ポイント伊川谷店 店長<宇土さん>「ルアー全般や船釣り、餌釣りなど釣りはほぼ何でもします。腕の方はというと・・・(笑)もちろん、食べるのも大好きです!釣り人目線に立ったご案内や情報を大切にしながら、釣りのサポートをさせて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します」(店舗ブログより引用)

5~6月は明石の「のっこみマダイ」が最盛期を迎えます。そこで先日、垂水漁港の「虎ノ助」さんに乗船して参りました。今回はサビキではなく、明石鯛を「タイラバ」で狙います。

画像: 垂水漁港から出船し、明石海峡大橋をのぞむ。いい眺めです。

垂水漁港から出船し、明石海峡大橋をのぞむ。いい眺めです。

まずは「タイラバ」ですが、鉛とヒラヒラのスカート、ネクタイ、そして針が組み合わさった、いわゆる「鯛用の疑似餌」です。元々は「漁具」でしたが、それが進化したもので、今では様々な種類が出ております。

釣り方は至ってシンプル。タイラバを落として、そこに着いたらただ巻き上げるだけ! その巻き上げる速度や棚を探っていくことも魅力のひとつです。

タイの捕食しているエサが小さい時の対処法

今回は、スモールベイトパターン(スモールシルエット)として、タイラバは出来るだけシンプルなものを準備しました。そもそも、スモールベイト(スモールシルエット)パターンとは、鯛の捕食しているエサが小さく、タイラバへの反応が良くない時に有効なタイラバチューンです。

画像: これがタイラバのスモールベイトパターンチューニング。

これがタイラバのスモールベイトパターンチューニング。

ちなみに明石では、場所にもよりますが、鯛は「ミミイカ」をメインに捕食します。また、これからは小ダコやイワシもベイトになります。

今回のミミイカに有効なチューンは、「ショートカーリー」や「極細カーリー」が活躍します。具体的には、「がまかつ ショートカーリー」「ダイワ 極細カーリー(中井チューン)」「シマノ イカタコカーリー、ビビットカーリー」が最適です。

画像: ミミイカを捕食している時はカーリーテールタイプのネクタイをチョイス。

ミミイカを捕食している時はカーリーテールタイプのネクタイをチョイス。

チューニングは、スカートを外して(もしくは2,3本残す程度)ネクタイを交換するだけ!
かなり、シンプルな仕上がりになりますが、これが効きます!

更に、巻きスピードとタナも重要となりますので、これも意識して実践しましょう。

この日はシビアなアタリが多く、獲れたのは1枚だけでしたが、鯛の「2段、3段引き」を
味わうことができました。

画像: タイの捕食しているエサが小さい時の対処法
画像: この日の船中の釣果。様々な外道が釣れるのもタイラバの楽しみに一つ。

この日の船中の釣果。様々な外道が釣れるのもタイラバの楽しみに一つ。

これからは、小ダコやイワシパターン(鰯の時は、シマノの鰯シャッドが超おすすめ!)となり、鯛の活性も増々上がってきますので、ぜひともタイラバへお出かけください!

ポイント伊川谷店の店長宇土さんは、エサ釣り、船釣りからルアーまでなんでも幅広くこなすマルチな知識と経験の持ち主。兵庫界隈の釣りで迷ったら、相談すれば必ずチカラになってくれるはず。さらにお店のスタッフには女性も多いので、「これから釣りガールになりたい」っていう人には特にオススメのお店です。

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.