「釣具のポイント」 店舗スタッフが、各地の旬の釣りモノをレポートする「ポイントスタッフブログ」シリーズ連載。今回のターゲットは、夏の船の釣物として待ち望む釣り人も多いタチウオ。これからがシーズン本番の東京湾へ川崎・中山丸から出船した、ポイント横浜港南台店の岡部さんの釣行記事を紹介する。

夏は東京湾のタチウオ釣り本番!

画像: ポイント横浜港南台店 店長代行<岡部翔平さん>「店舗ではルアーを担当しております。好きな釣りはソルト・フレッシュ問わずルアーフィッシングです。オフショアから管釣りに至るまで大好きです。今現在はアジングや渓流ルアーにハマっております。ルアーマンの方は店舗にお越しの際はお気軽にお声掛け下さい」

ポイント横浜港南台店 店長代行<岡部翔平さん>「店舗ではルアーを担当しております。好きな釣りはソルト・フレッシュ問わずルアーフィッシングです。オフショアから管釣りに至るまで大好きです。今現在はアジングや渓流ルアーにハマっております。ルアーマンの方は店舗にお越しの際はお気軽にお声掛け下さい」

関東の梅雨が明け、いよいよ本格的な夏に入ったようです。東京湾の釣り物の夏の風物詩と言えばそう、タチウオ。今回はそんなタチウオをジギングで狙うべく、川崎の中山丸さんに行ってきました。

メンバーは生粋のジギンガー岡部。そして、生粋の餌師山下。ポイント港南台店オフショア担当山西。以上の3名で乗船しました。左舷のミヨシに入らせてもらい出発。

画像: 今回のタチウオ釣りに参加したのは岡部(上)、山西(右下)、山下(左下)の3名

今回のタチウオ釣りに参加したのは岡部(上)、山西(右下)、山下(左下)の3名

最初は猿島沖、水深50〜60メートルのポイント。タチウオは仕掛けを追っかけて浮いたり沈んだりを繰り返しており、船長より的確な指示がアナウンスされます。

ヨーヅリ・ブランカでヒット!

潮が濁っていたのでスタートはヨーヅリのブランカ、紫のゼブラグローをチョイス。

これがピシャリとはまり、フォールでアタリが頻発します。40メートル付近の反応が濃いとのアナウンスどおり、その深さでラインが止まりヒット。指3本半程のアベレージサイズです。

画像: ヨーヅリ・ブランカでファーストヒット!

ヨーヅリ・ブランカでファーストヒット!

そのうちこのポイントは船団になり、タチウオの魚影の濃さがうかがえます。私はフォールをメインに、山西は誘い上げをメインに、山下はルアー釣りの勉強をメインに誘います。

途中で私は格別引きが強いのを掛けましたが、慎重なやり取りの末、見事にすっぽ抜けてしまいました。ドラグを出され、ロッドの弾力で持ち上がってこなかったので指4本以上はあったのではと悔やまれます。

その後もポツポツヒットはしますが、各自明確なヒットパターンを見つけることができず、私5本、山下4本、山西6本とツ抜けに至らずリベンジを誓う釣行となりました。

画像: 山西、ジグでの初タチウオ。

山西、ジグでの初タチウオ。

画像: リアルメソッド・フラットエッジで山西がキャッチ。

リアルメソッド・フラットエッジで山西がキャッチ。

【タチウオ釣り・タックルデータ】
ロッド:ジギングGR C63#1(リアルメソッド)
リール:メタニウムMg DC7(シマノ)
ライン:PE0.8号
リーダー:フロロカーボン20ポンド
ルアー:メタルジグ120グラム前後

タチウオ釣りはオフショアルアー入門にピッタリ

釣行日現在の東京湾のタチウオ釣りは、猿島沖(釣具のポイント横須賀大津店裏)のポイントで船団ができています。水深は60メートル前後、タナは比較的に広めで35〜50メートルラインに濃い反応が出ることが多かったように思います。

画像: 東京湾のタチウオはこれからがベストシーズン。ルアーはDAIWA・鏡牙。

東京湾のタチウオはこれからがベストシーズン。ルアーはDAIWA・鏡牙。

これから東京湾のタチウオはもう少し浮いてきますので、柔らかめのライトジギングロッドもしくは専用ロッド、メタルジグは80グラム前後を多用します。

タックルはシンプルで軽量ですし、よい群れに遭遇すれば連発ヒットなんて事もよくある釣物なのでオフショアルアーの入門には最適です。皆さんもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ルアー釣りならなんでもおまかせな「釣具のポイント 横浜港南台店」の岡部さん。ルアーのことで迷ったら、お店でドンドンたずねてみよう。店舗にはほかにも釣り好き&親切な店員さんが多数在籍しているぞ!店舗プログでは、エサ釣りをはじめソルトルアーやバス釣りなど、スタッフが実際に行った釣行記事が盛りだくさんです


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.