ヒラメといえば、冬~春は特大サイズが出るし、秋は数釣り。でも夏は…一年の中でもヒラメのイメージは薄いですよね。そこで、ルアーマガジンソルト本誌取材中に、見事72cmの大ヒラメをゲットした原田さんへ夏はヒラメが釣れるのか? 聞いてみたところ…「ブレード系が効きますよ!」とのこと。ブレード系とは!? サーフの新たな潮流となりそうなルアーを今回ご紹介します!

夏でもヒラメ? 実は釣れるんです!

画像: 原田恭平(はらだ・きょうへい)千葉県在住。房総半島をメインフィールドとする、ヒラメ釣りのエキスパート。元釣具店勤務という経験から、各種タックルにも詳しい。

原田恭平(はらだ・きょうへい)千葉県在住。房総半島をメインフィールドとする、ヒラメ釣りのエキスパート。元釣具店勤務という経験から、各種タックルにも詳しい。

今夏ブレイク! ブレード付きルアーが夏に効く!

今年のフィッシングショーでも注目を浴びていた、ヒラメ用ブレード系ルアー。水中でキラキラときらめいて、フラッシング効果で誘う。特に水温が上昇する夏にオススメとのこと。他にも夏に良い理由は…。

1:夏の光量の多いときこそフラッシング効果を活かしやすい。
2:高水温で活性の高いヒラメに、強い振動と波動のブレードが効く
3:濁りが入りやすい夏でもアピールできるので効果的
4:さらにフックとブレードが当たって音を発生。濁りでも音アピールで誘う

などなど。夏のヒラメに効果的なメリットがたっぷり! では現在、どんなヒラメ用のブレードルアーが出ているのか? 実はまだこれからブレイクしていく途上なので、専用のものは原田さんプロデュースのものと合わせて2つのみ。以下、その2ルアーを紹介!

ヒラメ用ブレード系 2ルアーを紹介!

原田さんプロデュース
「ビーチウォーカー アフレイド(デュオ)」

プロップとブレードが特徴のミノー。この2つが水流を受けて強く水をかくはん。強い振動と波動を発生してヒラメへアピール。さらに、スローに引ける利点もあり、特に1m以内のシャローレンジを安定して引くことができる。

堀田さんプロデュース
「ビーチウォーカー リボルト(デュオ)」

原田さんの師匠的存在の堀田光哉さんは、ボリュームのあるボディ+大型新設計ブレードを搭載したアピール系ブレードルアーをプロデュース。大型のボディとブレードでアピール力を増幅。しかし、水を受け流すリップのようなブレードによって引き抵抗は軽いので、波のあるサーフでも扱いやすい。

画像: 堀田光哉(ほった・みつや)静岡県在住。ルアーによるヒラメ釣りの第一人者。各メディアで人気のアングラーで、デュオ、シマノから数多くのルアーをプロデュースする。

堀田光哉(ほった・みつや)静岡県在住。ルアーによるヒラメ釣りの第一人者。各メディアで人気のアングラーで、デュオ、シマノから数多くのルアーをプロデュースする。

カラーはグリーンが一番人気!?

画像: カラー名:ABA0358シークレットライム

カラー名:ABA0358シークレットライム

原田さんは、サーフでの釣りでグリーンカラーを多用。ハウルなどのワームメソッドでも使用している。「強すぎず弱すぎず、どんな水色でも、どんなフィールドでも良く釣れるんです!」。アフレイドにもグリーン系のカラーがラインナップされており、原田さんいわく「このカラーが一番人気らしくって、すぐ売れちゃうらしいんです(笑)。でも、夏の濁りでも効きますので、おすすめですよ!」

ブレードでヒラメゲット!

画像: ブレードでヒラメゲット!

原田さんもブレード系でヒラメをゲット! 「ボクだけじゃなくって、各地のアングラーさんからも釣果報告がたくさん届きます。特にこれからのシーズンは効果的です!」。

夏でもヒラメを釣りたい! そんなアングラーはぜひブレード系、さらにグリーンカラーで釣りまくっちゃってください!

ルアーマガジン・ソルトは旬なソルトウォーターゲームをご紹介

ルアーマガジン・ソルトでは、季節にあわせたソルトウォータールアーのターゲットをピックアップ。旬の釣り物を効率よくキャッチするための、テクニックやアイテムを毎号特集している。

購入は書店、釣具店、WEBショップで。

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.