この夏、タコとハゼしか釣っていないルアマガソルト編集部員のマツコ。初めて釣った2.5kgのめちゃめちゃデカいタコを釣ってからタコ釣りに通い始め、もうすっかりとりこ。今回は、タコ釣りって何で釣るの?という初心者の方に、おすすめのルアーをご紹介します!

How to タコ釣り?

タコの釣り方は、大きく分けて3つ!

1.タコ餌を使う
2.エギを代用する
3.専用ルアーを使う

タコが主に捕食しているのはカニやエビなどの甲殻類。なので釣具店に売ってあるタコテンヤにカニやエビを巻きつけて釣ることができます。小魚や豚の脂身などを巻きつける人もいます。

ただタコ釣りをゲームとしても楽しむならばやっぱりルアーを使いたい!! そこで、エギで代用する方法と専用ルアーをご紹介します!

エギを代用する場合の仕掛けは?

イカを釣る方なら、エギを代用するのがもっとも手早いです。エギングをしていてタコが釣れた、なんていう人もいるのではないでしょうか。

ただ、タコはイカのようにベイトを捕食するというよりは、岩影などに潜みボトム付近のベイトに覆い被さるようにして捕食します。なので、ボトムをズル引いてベイトを再現するのが重要!

エギを代用する場合絶対に必要なのが、
「シンカー」
です。ボトムまでエギを速やかに着底させ、ズル引くための必須アイテム。忘れて出かけようものならタコ釣りにはなりません!

仕掛けはこんな感じ。エギとシンカーをそれぞれスナップに付け、スプリットリングで結束。ボトムをしっかりと取れる重さのものをつけましょう。画像のような仕掛けでなくとも、エギを沈めてズル引くことができる仕掛けなら何でも大丈夫です。

エギに問題があるとすれば、根がかりが多いということ。もともとはイカを釣るためのルアーです。カンナは八方に配され、微細なアタリにもフッキングできる仕組み。ゆえにエギのボトムズル引き=恐怖の根がかり多発なわけです。

エギでももちろん釣ることは可能ですが、そんな危険度の高い状況を回避し、より釣果を得るために作られたのがタコ専用のルアーとなります。

多種多様なタコ専用ルアーの台頭

この夏、ド大量のタコを釣り上げたマツコ。実力? ノンノンノン、アイテムのおかげなんです…。ヘビロテし、数々のタコを釣り上げてきたタコ専用ルアーをご紹介! 

タコーレ80/99(メガバス)

画像: ●全長︰80/99mm●重量︰40〜70g●カラー︰全10色●価格︰750/800円 www.megabass.co.jp

●全長︰80/99mm●重量︰40〜70g●カラー︰全10色●価格︰750/800円

www.megabass.co.jp

今夏めーっちゃお世話になったのがメガバスのタコーレ! 逃げ腰のエビを忠実に再現したタコ専用ルアーです。80には5号、99には10号のオモリが標準で付いている。オモリは取り替えができ、潮の流れが早くボトムが取りづらいときは調整して使える優れもの!

デビルエイトクロー(ワンナック)

画像: ●重量︰18/23/28/33/40/60/80g●価格︰オープン oneknack.co.jp

●重量︰18/23/28/33/40/60/80g●価格︰オープン

oneknack.co.jp

形状も特殊なデビルエイトクローですが、なんといってもこのワームの集「タコ」力がスゴイ!! 噂によれば漁師がタコ籠漁でエサの代わりに入れるほどとか……。

さらに、アームから二極に伸びるシンカーがボトムを感知し、岩礁帯などの障害物回避にも一役買います! 根がかり知らず、バラシ知らずなスゴイやつです。

タコやん(デュエル)

画像: ●サイズ︰2.0号、2.5号、3.0号、3.5号●重量︰24.5g(シンカー5号)、26g(シンカー5号)、31g(シンカー6号)、42g(シンカー8g号)●価格︰オープン www.duel.co.jp

●サイズ︰2.0号、2.5号、3.0号、3.5号●重量︰24.5g(シンカー5号)、26g(シンカー5号)、31g(シンカー6号)、42g(シンカー8g号)●価格︰オープン

www.duel.co.jp

エギでお馴染みデュエルのタコやん。エギに似た形状ですが、特徴的なのは腹部のシンカー。これによってボディが浮き上がり、シンカーを支点としたふりふりアクションが生み出されます。また根がかりも防止!

地味に楽しいタコ釣りの世界

タコ釣りはシーバスやアオリイカのようにゲーム性の高い釣りではありません。それでもなんだか地味ぃーにハマる、宝探しのような釣りがタコ釣りの魅力。まだまだタコは釣れに釣れます。ぜひ、挑戦してみてください!

注意︰漁業権の設定されているエリアでのタコ釣りは認められていません。各都道府県のホームページ等から漁業権に関するルールを確認し、認可外の釣り場ではタコ釣りを行わないようにしましょう!

画像: 地味に楽しいタコ釣りの世界

[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.