釣り師によるサカナ料理シリーズ【釣り師のレシピ】は、釣り人ならではの魚介料理をお届けします。今回は、夏に美味しい「イワシ」を使った洋風メニュー「トマト煮込み」をご紹介。美味しいイワシを選ぶコツもお教えします。

イワシとトマトは相性抜群なんです

イワシが美味しい季節になりました。脂がのって型のいいピカピカのやつがとてもお買い得のシーズンです。この日は近所のスーパーで大ぶりの新鮮なイワシ3尾が298円とお買い得。

刺身、塩焼き、梅煮やショウガ煮もいいですが、今回は洋風にアレンジした「トマト煮込み」です。前回のサバカレーでトマト味へのアレンジに少しふれましたが、青魚とトマトは相性がとてもいいんです。

画像: イワシとトマトは相性抜群なんです

今回はオマケに材料のセロリを使って、もう一品。とってもカンタンなおつまみのレシピもご紹介。

イワシの鮮度は「七つ星」で見極めろ!!

魚偏に弱いと書いて「鰯」(イワシ)。傷みが早い魚なので鮮度の見極めが大事です。特にシンプルな刺身や塩焼きにする時は気をつけてください。

マイワシは身体に斑点があることから「七つ星」(ななつぼし)とも呼ばれます。この斑点がクッキリしてるものは新鮮です。

あとは魚全般に共通するポイント。目の透明感、エラ・胸びれあたりが赤くなってないこと。そして身の光沢。

ピカピカのイワシは見た目も味も「七つ星」です!!

画像: 目は透明感があり、胸びれ・エラもキレイで、斑点もくっきりしてました。マイワシは斑点があることから「七つ星」とも呼ばれ、梅雨ら真夏にかけて脂がのって美味しくなります。

目は透明感があり、胸びれ・エラもキレイで、斑点もくっきりしてました。マイワシは斑点があることから「七つ星」とも呼ばれ、梅雨ら真夏にかけて脂がのって美味しくなります。

作り方

画像: 作り方

材量……イワシ、ニンニク、トマト、タマネギ、セロリ、バジル、ローリエ。
調味料…塩、コショウ、酒、醤油。

1・野菜を切る

タマネギとニンニクはスライス、セロリはみじん切り、トマトは一口大にカット。

画像: 1・野菜を切る

2・野菜を炒めて煮汁を作る

オリーブオイルをひいたフライパンでニンニクを炒めます。

画像1: 2・野菜を炒めて煮汁を作る

香りが出たらタマネギ、セロリを炒めます。火が通ったらさらにトマトを加えてつぶしながら炒めていきます。トマトが足りなかったら野菜ジュースやトマトピューレなんかを。そして水を加えて、塩コショウで味付け。ひと煮たちしたら火を止めます。

画像2: 2・野菜を炒めて煮汁を作る
画像3: 2・野菜を炒めて煮汁を作る
画像4: 2・野菜を炒めて煮汁を作る

3・イワシを煮る

イワシの頭とワタをとったら、煮汁に投入。ローリエ、酒とかワインを加えて7~8分ほど煮ます。
盛り付けてバジルをふったら完成。

画像: 新聞を引くとまわりが汚れず、血も水気も吸い取ってくれます。そのまま頭もワタもくるんで捨てちゃいます。 時間があれば頭でダシをとって味噌汁を作っても美味しいですよ。

新聞を引くとまわりが汚れず、血も水気も吸い取ってくれます。そのまま頭もワタもくるんで捨てちゃいます。
時間があれば頭でダシをとって味噌汁を作っても美味しいですよ。

画像: どうしも魚の臭いが気になる人はローリエなんかを。

どうしも魚の臭いが気になる人はローリエなんかを。

画像: 中火で7~8分ほど。

中火で7~8分ほど。

画像: 火を止めて、野菜をかぶせて味をなじませます。

火を止めて、野菜をかぶせて味をなじませます。

画像: 皿に盛って、バジルを振って完成。

皿に盛って、バジルを振って完成。

セロリを使ってもう一品~~超カンタン・セロリとイカ燻製のマリネ

イワシの調理の前にもう一品、カンタンおつまみを仕込んでおきました。味付け無用。刻んであえるだけで出来ちゃいます。

画像: 材量はセロリとレモンと、おつまみのイカ燻製のみ

材量はセロリとレモンと、おつまみのイカ燻製のみ

セロリを薄切りにして、おつまみ用のイカの燻製、レモン汁であえるだけ。冷蔵庫で10分ほど寝かせます。イカとセロリがしんなりして、イカ燻製の甘味とレモンの酸味がいい感じの甘酸っぱさを作り上げます。

画像: 薄切りにしたセロリとむしったイカ燻製。レモンを絞ってあえるだけ。

薄切りにしたセロリとむしったイカ燻製。レモンを絞ってあえるだけ。

画像: 冷蔵庫で10分ほど。イカの旨味とレモンの酸味がセロリに馴染んでいい塩梅です。

冷蔵庫で10分ほど。イカの旨味とレモンの酸味がセロリに馴染んでいい塩梅です。

パスタとの相性が抜群

画像: この日はいただきもののシャンパンに合うものをということで、ガラにもなくシャレた食卓になりました。鶏むね肉とタマネギとエリンギとアスパラを塩コショウ・バターとともにホイルに包んで蒸し焼きに。

この日はいただきもののシャンパンに合うものをということで、ガラにもなくシャレた食卓になりました。鶏むね肉とタマネギとエリンギとアスパラを塩コショウ・バターとともにホイルに包んで蒸し焼きに。

ナスやパプリカなど夏野菜をさらに追加してもいいですね。パンと食べてもいいんですが、パスタとの相性が抜群です。茹でてバジルとオリーブオイルだけであえた素っ気ないパスタがおススメ。身をほぐして野菜とともに絡めて食べてください。お好みで粉チーズも。

サンマが高けりゃイワシを食べればいいじゃない

そろそろ新サンマが出始める頃でしょうか。毎年豊漁・不漁が話題になり、「今年は高いね~」とか言ったりしてますね。

「魚種交代」という言葉をご存知でしょうか?

ある種の魚が不漁の時は、代わりに別の種が豊漁になるんです。サバ、サンマ、アジ、イワシは卵が孵化する温度が少しずつ違うそうで、その年の海温度によって大量にとれる時期が交代するんです。

「サンマが獲れない・高い時は、イワシが獲れて安い」はたまたその逆もあったり。

乱獲などの要因もあるんでしょうが、「サンマが高いな~」という時はイワシが安くて美味しいです。今回紹介した料理を思い出してください。

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.