全国に人気が高まっているタコ釣りの中でも、やはりタコの名産地と言われる兵庫県明石はブームの中心地。その明石でタコ釣りを楽しんでいる達人・和田勝也氏に、タコエギ&テンヤで狙う船のマダコ釣りのタックルとテクニックを聞いた。

[タコ釣りについては、漁業権により場所によって捕獲が制限されている。詳しくは地元の漁協や都道府県水産課に確認を]

タコの名産地明石では「タコエギ」ゲームがアツい!

タコの産地として全国的な兵庫県明石。ここ数年、船からのマダコ釣りも人気がうなぎのぼりで、タコエギやルアー感覚のテンヤを使用するスタイルが注目を集めている。

伝統スタイルよりライトな感覚で楽しめルアー釣りに親しんだ世代にも、どんどん浸透し始めている。専用の竿やリールが発売されて、ますますヒートアップ中‼ 

そんなタコ釣りを楽しむためのタックルとベーシックテクニックを、生まれ育った明石で釣りを楽しみつつ、タックル開発を行っているアシスト工房の"和田ゲルゲ"こと和田勝也さんに教えてもらった!

画像: 「アシスト工房」和田勝也さんはタコだけでなく、ジギングやタイラバをはじめ数々の船釣りに精通。明石で生まれ育ち、明石在住。

「アシスト工房」和田勝也さんはタコだけでなく、ジギングやタイラバをはじめ数々の船釣りに精通。明石で生まれ育ち、明石在住。

タコ釣り専門のタックルで挑めば楽しさ倍増!

タコ釣りは、アタリをとるまでの緊張感がたまらない釣り。そのため、タコエギ用にデザインされた竿をオススメしたい。操作性やパワーなど、少しの違和感のある竿で釣りをしていると、隣の釣り人に差を空けられることになりかねない。リールも巻き取りスピードが早すぎない方がバレにくく、パワフルなドラグ性能も求められる。

和田さんがオススメする、船のタコ釣りタックルの一例はこちら。

●ロッド:海人 明石タコ170 or 海人 餌木タコ185(ともにアルファタックル)
●リール:エランワイドパワーオクトパススペシャル(テイルウォーク)
●メインライン:PE3号
●タコエギ:蛸墨族35g(ハリミツ)
●テンヤ:タコの恋人(アシスト工房)+職人タコテンヤ(ハリミツ)
●スナップ:船タコツインスイベル(ハリミツ)
●オモリ50号
海人シリーズ2種は、関西で大人気の「船タコ」専用ロッド。いずれも穂先はグラスソリッドだが、先調子。タコエギを底から離さずに動かしやすく、圧倒的なパワーで一気にタコを底から引き離すことが可能だ。リールのエランワイドパワーオクトパススペシャルは、パワーノブと国産PEライン3号200m付き。ドラグパワーはなんと12kg! ダイヤル式遠心ブレーキを搭載、シンクロレベルワインドシステム搭載で、糸へのダメージも軽減される。

画像: タコ釣り専門のタックルで挑めば楽しさ倍増!
画像: www.alphatackle.com
www.alphatackle.com

タコ釣りの誘い方

タコエギの釣りは”浮かせない”ことが重要! 和田さんの誘い方を紹介しよう。細かな誘いを身につければ、タコ釣果UPにつながるはずだ!

スーパー・小売店ではなかなか手が出せない国産の高級食材のタコ。釣って楽しい、食べて美味しいタコエギ釣りにぜひチャレンジしてみよう!!

この記事は『釣りどき関西Vol.1』掲載記事を基に再構成しています。

[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.