そろそろトップウォーターのタイミングかな

「こう水面が落ち着かないと、トップウォータープラグはアピールしづらい」。

前回、そう言ってストレージから取り出したラトリンサバイブ70で、山木一人さんは見事に1尾目をキャッチ。強風で激しく波立つ水面では、たとえアピール力の高いトップウォータープラグでも水面下へとその魅力を伝達することは難しく、まずは水中で存分な存在感と共にアピール力を発揮することで正解を得たのは言うまでもない。その一方で、山木さん…

<↓ 続きをシマノ・バンタムウェブマガジンで読む ↓>

画像: fishing.shimano.co.jp
fishing.shimano.co.jp

[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.