東京湾の代表的なルアー釣りとして知られる"シーバス"ゲーム。中でもボートでの釣りは、ビギナーにもルアーで釣れる確率が高くオススメ。秋のシーバスシーズン本番に先駆けて、販売部イマムラがボートシーバスゲームの楽しみ方を体験レポートします!

ボートシーバスはとってもお手軽!

お手軽な釣りと言えばハゼ釣りだったり、サビキでのアジ釣りだったりを想像しますよね? 一方「ボート」と聞くと”本格的な釣り”と思ってしまいがち。

しかし! 「ボートシーバス」は、実はとってもお手軽に楽しめる釣りなんです。

しかもダイナミックなビッグゲームも可能な、奥も深い釣りです。つまり、釣りを始めたばっかりの、そこのあなた! 彼女を連れてっても「釣れなくてつまんな~い。」と言われて困っているそこのあなた!! だったら「ボートシーバス」へ行くべきです!

そんなあなたのお役に立つこと間違いなしの、ボートシーバスガイドを体験レポートします。

本気の持込タックルがベストですが、レンタルタックルもあるので手ぶらでもOK!!

今回お邪魔したのは千葉県・船橋駅からほど近い船橋港の東京湾ボートシーバスガイド「海猫」さん。テンション高めの陽気な船長が出迎えてくれます。

釣らせるぜ~、と言わんばかりのドヤ顔!←失礼

船はこちら!!

画像: 新しいし、カッコイイです。

新しいし、カッコイイです。

レンタルタックル、ライフジャケットレンタル完備(※予約は必要です)。もちろんボートの内部には、トイレや仮眠スペースもあるので女性も安心です。

場所はシーバスゲームの超人気スポット東京湾。

準備ができたらいざ出航!!

画像: 湾岸エリアの夜景を眺めながらのクルーズも、ボートならではの楽しみです。

湾岸エリアの夜景を眺めながらのクルーズも、ボートならではの楽しみです。

煌びやかな夜景の中を走り、ポイントへ向かいます。ここでもう隣の彼女は笑顔間違いなし! 船長も軽快なトークで盛り上げてくれます。

画像1: 場所はシーバスゲームの超人気スポット東京湾。

ポイントにつくと船長からアドバイスや釣り方などアナウンスされます。綺麗な夜景の中、釣り開始!と思ったらいきなりヒット!ヒット!

画像: 同行の白川部氏、いきなりナイスサイズゲット!

同行の白川部氏、いきなりナイスサイズゲット!

開始3分もしないうちにこのサイズが釣れました。
と言ってると、また竿が曲がります。

画像: 三代川氏、ビッグサイズおめでとうございます!

三代川氏、ビッグサイズおめでとうございます!

もうしょっぱなから入れ食い状態です。いいコース通ったなーと思っていると「ゴン!!」。これならお子さんや彼女さんにも絶対釣れるはずです。

サカナがかかるとテンション高めの船長がネットを持って待ち構えてます。サカナを触れないお子さんや女性の方も安心、フィッシュグリップもご用意されてます。

画像2: 場所はシーバスゲームの超人気スポット東京湾。

ワタクシ、販売部イマムラも釣れました。それにしても夜景がきれいですね~。

そのあとも釣れづづけます。

画像3: 場所はシーバスゲームの超人気スポット東京湾。
画像4: 場所はシーバスゲームの超人気スポット東京湾。

<当日使用したルアーはこちら>

画像1: <当日使用したルアーはこちら>
画像2: <当日使用したルアーはこちら>

かなりデカいルアーもありますが、今回取材させて頂いた時は120ミリ程度のミノーが、よく釣れていました。これから先、コノシロがベイトになる時期にはデカいルアーでも反応がよくなってくるので、ビッグベイトゲームが楽しめると思います。

とはいえ「コレで釣りたい!」という気持ちも大事ですが、周りの人に迷惑掛けない程度に。。。

釣りはやっぱり釣れなきゃおもしろくない!!

満を持して家族や彼女を連れてっても、釣れなきゃつまらないと思われるのは当然。まずは釣れる喜びを味わうのが一番。

「釣りは楽しい!」と思ってもらうには”ボートシーバス”がベストだと思います。

バーブレスフックやゴミを捨てないこと(これは当たり前ですね)、ライフジャケットなどボートシーバスは「釣りにはルールがある」ってことを分かってもらうには好都合です。

もちろん夜だけでなく昼間も出船していますので、休日のお出かけにもいいですね。

さあ、これから秋めいてくるとシーバスの本格シーズンです。みなさんも家族や彼女にも釣りの楽しさを伝えませんか?

<関連記事>


[釣りPLUS]>> HOME


This article is a sponsored article by
''.